2004年12月31日

良いお年を。。。

今しがた年賀状を書き上げた。



毎年なぜか名簿順に書いて行くので、「あ」で始まる方には毎回本当に申し訳ないなあと思いながら投函していたのであります。何のことかと言うと、これまた情ないんだけど、日頃、一般のお仕事に比べて文字を書くのが圧倒的に少ないゆえ、最初の方はある種の緊張感を伴いながら、しかもいくら心を込めても下手な文字は下手なまま(^^;)。



ということで、五十音の後ろへ行くほど手が慣れて来て、多少書き込む文字が滑らかになってくるので、今年は逆から書いてみた。「あ」で始まる方へは、少なめの申し訳なさだったんだけど、当然「わ」辺りの方が最初の方になる訳で、申し訳なさが移っただけなのでした(^^;)。当たり前か。遅い上に字が下手で、ホント申し訳ない感じです。



しかしまあ今年一年自分的にもいろいろあったけど、それ以上に水害、台風に始まって、中越の地震、最後はインドネシアの、史上最悪の地震と津波の被害と、いったいどうしたのかと言う程の災害。アテネオリンピックとか個人的には西武ライオンズの日本一とか嬉しい話題もあったんだけど、プロ野球界もなんだか騒然として落ち着かない一年。



来るべき新しい年は、ぜひ平和で良い年になりますように、ただただ願っています。皆さんにとっても良いお年でありますように。今年一年ありがとうございました。では、皆様良いお年をお迎えください。




posted by こが@管理人 at 06:03| Comment(0) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

TMTQ 東京メトロポリタントロンボーンクァルテットNew CD

セブン・インプレッションズ

東京メトロポリタン・トロンボーン・クァルテット






録音から感覚的にはだいぶ経ってしまい、ホントお待たせしております。やっとこの日が来たかぁと言う感じで、メンバー4人でマイスターミュージックさんへ行き、CD製品化への最後の仕上げ&チェック。発売は1月24日とどこかのBBSで書いちゃったけど発売は1月25日(火)に決定です。



出来の方は、是非是非!実物をお聴きいただきたいんだけど、まあ自分で想像していたよりは、かなりうまくいったかな。。。これから売り出す側としては、まあなんとも気弱なコメントなんだけど、自分たちのアルバムを出すってきっと大変なことなんだろうなぁという気持ちでいたので、思ったより簡単に、うまく出来てしまったと言うのが正直な感想。モチロン録音自体は大変だったけど。トーンマイスター平井氏に感謝であります。



マイスターミュージックさんのサイトのニューリリースのページとかamazon.co.jpのページへのリンクを張っておきますので良かったらそちらもご覧下さいね。amazonでは予約も始まっているみたいだけど、もしお急ぎでなければ、当欄読者の方々へメンバー4人のサイン入りで通信販売しようかと考えています。どういう方法をとればいいのか、よくわからないのでありますが、詳細など決まったらまたお知らせしたいと思うので、少々お待ちを。



ということで、収録曲目などはこんな感じで。





■セブン・インプレッションズ■

東京メトロポリタン・トロンボーン・クァルテット MM1176

1月25日発売

税込定価¥3,060



<曲目>

G.コール:セブン・インプレッションズ



J.S.バッハ:エアー  Arr. H. ODAGIRI



J.ブラームス:一輪のばらが咲いて  Arr. H. ODAGIRI



ルモワンヌ社の雑記帳IIより  Arr. H. ODAGIRI



J.コーエン:アンダンティーノ  Arr. H. ODAGIRI



ロンドンデリー・エアー  Arr. H. ODAGIRI



F.タル:コンサート・ピース



H.フィルモア:ミス・トロンボーン  Arr. H. ODAGIRI



H.フィルモア:ハム・トロンボーン  Arr. H. ODAGIRI



F.ウォーラー:ハンドフル・オブ・キーズ  Arr. H. ODAGIRI



J.アグレル:ゴスペル・タイム



東京メトロポリタン・トロンボーン・クァルテット

小田桐 寛之

古賀 慎治

井口 有里

井上 順平



マイスターミュージック

http://www.meistermusic.com/





なお1月25日には都響トランペット首席の高橋敦氏のCDも同じマイスターミュージックさんより発売されます。そちらも是非是非どうぞ。



編集&チェックの後、セクションで2回目の忘年会(^^;)だったんだけど、もうすでに2枚目の相談をしました。まあとにかく1枚目が、たくさんの人たちに聴いてもらえたらいいなあと思います。と言うことでよろしくお願いしますね。




posted by こが@管理人 at 01:16| Comment(2) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

当たり前にあるもの

世間的にはクリスマスイブの24日は、僕のまわり的にはひどい一日だった。雑談の小部屋にも以前投稿したんだけど、年末のこの時期だからなのか、電車の乱れがホントに多すぎる。しかも意図的なのか報道機関はなかなか実態を伝えてくれない。



24日の早朝6時半に、大阪よりカミサンの学生時代からの友人とそのお子さん2人がわが家に来た。



僕はシゴト(本番)があるので、実は寝ていたんだけど、その日、上のお子さんが都内某ホールでの、とあるピアノのコンクールの全国大会に出場するために、前日の夜東京入りして早朝練習をしたいとのことで、わが家の防音室で良ければどうぞって事でおいでいただいた次第。



2時間弱練習されて、まあ予定通りに電車が動いていれば、ちゃんと時間通りスムーズに会場まで行けたはずなんだけど、頼みの埼京線が、よりによって渋谷駅での事故で、止まってしまった。ひどいところはひと駅進むのに30分以上かかったところもあったらしい。普通は2〜3分で行けるところ。



その朝は、その他に中央線や、山手線、湘南新宿ライン、京浜東北線、中央線、東武東上線、などなどいろんなところで何かトラブっていたようで、しかも午前中の通勤の時間帯に多く発生していたようで、困った人も多かったんじゃないでしょうかねぇ。僕は家を出たのが遅かったので幸い30分ほど遅れただけですんだけど、早く出発したその大阪から来た親子は、乗り換え駅まであと2駅と言うところで電車が全く先へ進まなくなり、相当困ったようだ。



でも、コンクールの全国大会。なんとしても演奏しなきゃいけない。主催者もさすがにこれだけ交通機関が乱れていると、順番を変えたり対処してくれていたようだけど、これは当然。



知らない土地で、乗り換え時間をネットで調べて来たはずの電車が止まり、全く知らない駅で降りて、いつ順番が回ってくるかも分からないほど長いタクシー待ちの行列に並び、やっとタクシーに乗ったら道路は大渋滞。乗り換え駅に到着したら、今度は動いている方の電車は、これまた人だらけ。ギュウギュウ詰めの満員電車に乗らされる羽目に。



普通ならコンクールをまともに戦うだけの精神状態を維持出来ないものと思うんだけど、その子は気丈にも、これ位大丈夫と笑顔で言っていたそう。コンクールの方は、遅れながらもちゃんと弾かせてもらったようで、結果はあと1点で入賞ということのようだった。残念!その気持ちの強さには拍手ですね。



しかし毎度電車ネタを書く度に思うんだけど、時間どおりに動いていて当たり前の電車が都内の一部で止まっただけでもホームには人が溢れ、タクシーはなかなか捕まらなくて、道路は渋滞。ホントちょっとしたトラブルでも、自分を含めてものすごくたくさんの人が迷惑している。これでいったい大地震でも起きたらどうなるんだろうね。



と言うこともあるんだけど、まあしかし普段からお世話になっている電車という乗り物。時間どおりに動いていて当たり前。実際今日(26日)は全くスムーズ。実は水とか空気と言ったもののようにその有り難みが分からなくなってしまっているのではないかな。人間の感覚というもの、すぐに鈍くなってしまうようなので、そうならないように日頃から研ぎ澄ましておかないとなぁ、というのが、なぜか今日の結論。



早く家を出てもどうにもならんこともあるわけだけど、これからは、朝起きたらまず携帯電話のインターネット機能で、電車の運行状況を確認してから準備するようになるんだろうなぁ。こうしてますますケータイの電池がもたなくなるのです(^^;)




posted by こが@管理人 at 23:30| Comment(0) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

続プレーヤーモードとセンセーモード

12月に入ってこれでやっと3本目、2週間ぶりの投稿というわけでありますが、今はとにかく毎日余裕なく生きている感じです。掲示板の方やトロンボーンブログはあまりフォローが出来ていなくて申し訳ないです。



で、今日はプレーヤーと教師の境目で行ったり来たりしている自分について書いてみる訳なんだけど、過去にもプレーヤーモードと、センセーモードという感じの駄文を書いていたはずなんだけど、いつ頃だったか、ちと思い出せない。



先日とある受験生に「先生はレッスンがあると言って仕事を断らないんですか?」と、スルドイ質問をされ、ふと我に返った時に、やはり自分の軸足、立ち位置とも言うけど、プレーヤーと言うことは絶対にはずせないと思うわけで、どうしても演奏の仕事が優先になってしまうのであります。



今年の秋口からせっかく紙の手帳を導入して細かなスケジュール管理をして、ちゃんと休みを取ろうと目論んだものの、結果は空いた時間がどんどん無くなってしまっただけ。しかし演奏の仕事は最優先に考えなきゃいけないし、芸大と日芸のレッスン、それから受験生やその他のレッスン等々、皆さんに多大なるご迷惑をかけまくっている気もするんだけど。ホントスミマセン。



しかし物理的に自分の体は一つだし、時間にも限りがあるし。ホント困ったものだけど、学校に関連した仕事というのも、とても大事だし、学生さん達の成長ぶりを見るのもなかなか余所では味わえない良いもの。しかし自分の気持ちの中で先生である部分が増えすぎてしまうと、例えば理論的には間違っていなくても、とうてい吹けないことを生徒に要求してしまったり、あとメンタル面で演奏に向かう気持ちがだんだんと弱くなっちゃうみたいで、プレーヤーとしてはあまり誉められたものではなかったなぁ。



という過去の経験もあって、とにかく軸足はプレーヤーであることを通していくつもりなんであります。



自分でこういう事を言っちゃうと、また何か言われそうだけど、先生としては自分にその能力があるのかどうかは、じつに怪しい。プレーヤーとしてもまあ、大したものなどないから、とにかく自分の力で出来ることをやっていくしかないんだけど。それで人様のお役に立つことが少しでもあれば、それで良いのかなと、勝手に結論づけしちゃってます。あまりに自分の能力以上の事を高望みしても駄目だって言うことですかね、今回の話のシメは。




posted by こが@管理人 at 01:53| Comment(0) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

新田伸雄さん

新田伸雄さんは東京フィルの首席を先月まで37年間勤めて来られたそうで、この11月をもって60歳の定年でめでたくご卒業とのこと。今回はそのお祝いのパーティへお招きいただいたので、そのお話。



僕と新田さんとは、そう沢山の接点があったという訳じゃないけれど、東京フィルにエキストラとして何度か呼んでいただいたり、あととりわけ印象に残っているのは、僕が新日フィルにいたころ、オーチャードホールで、東京フィルと2つのオケ合同の演奏会があって、その時舞台でご一緒させていただいた時。曲によって新日フィルセクションと、東京フィルセクションで交替で演奏した時に、曲は忘れたけど、歌の伴奏だったような気がするんだけど、同じ舞台に座っていて、僕だと難しくてタイミングが取れないような場面で、自信たっぷり、余裕しゃくしゃくで決めの音を吹いていらっしゃったのが印象的で、ホント失礼ながら、凄い技術だなあと感心したものだ。



しかし、37年という年月は、僕が物心付いてから生きて来た時間のほとんどなわけで、ホント気が遠くなるんだけど、パーティの余興で次々に入れかわり立ちかわり披露されたトロンボーンカルテットで、新田さんも演奏されたんだけど、そのサウンドを聴く限りはとうてい60歳という年齢は感じられず、柔らかくて温かい音色は、若々しくて温かい氏の人間そのものという感じだった。



いろんな方々のスピーチを伺っていると、新田さんはホント若いころから良く練習されて来たそうで、プロとしては当然とは言え、しかし37年間継続することの凄さと、今後もなおエキストラとしてなんら問題なくセクションをリードしたプレイを続けられるであろうという、余裕の演奏を目の前にして、僕もぜひああいうふうに元気で、そして、余裕で60歳を通過したいものだと、少し年寄りじみたことを考えたのでした。





posted by こが@管理人 at 04:04| Comment(0) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

題無し・・・・

書きたいこと、ネタはいろいろと思いつくんだけど、ちょっとこのところお疲れ気味、作文意欲低下中であります。この症状は何も今に始まったことではないので、しばらく経てば、また元に戻ると思うんですが。



せっかくスケジュール管理を紙の手帳に移行したにもかかわらず、この年末までの3カ月間位、いわゆる音楽業界が忙しい時期でもありますが、休暇がほとんど無いという状況、、、、



決してその忙しいのを自慢したいとかそういう意図は全く無くて、仕事があるのは大変ありがたいことなんだけど、自分の管理責任と言うか、自己の管理能力不足ということなんですよね、きっと。まぁこれから先はもうちょっとしっかり管理して行かないといかんなぁ〜と。



最近までそれでも平気だったので気にならなかったんだけど。今月に入って、体力的にも精神的にも、ちょっとイッパイイッパイの日々であります。もう少し僕が仕事のデキル人間で、いろんな事を同時進行でバリバリこなしていけるようなタイプの人間なら、もちょっと何とかなっていると言う気もするけど。



ま、愚痴っても仕方ないや。とにかくやるべきことを誠意を持ってこなして行くだけでありますな。と言いながら、すんません、どう見ても愚痴(^^;)。



追伸、、、



雑談の小部屋BBSですが、PCからの障害は無くなったようですが、携帯からの“画像”の投稿と表示がまだ直っていません。困りましたねぇ。改善の要望は出してあるんですが、返事が無いんですよねぇ。画像を扱わなければ正常に作動していると思います。



それから、前回の記事に関して、いろいろとご感想をいただいてありがとうございます。これからも偶然ではありますが、たまにはコラムらしい記事を書きたいなと思っております。しかし今回が単なる愚痴じゃねぇ(笑)





posted by こが@管理人 at 02:33| Comment(0) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。