2005年08月26日

たびまど・・・・・

ネット利用者で、仕事やプライベートで旅行をする時、一度はお世話になったことがあるのではと思われる「旅窓」。今は「楽天」に買収されて「楽天トラベル」となってしまった、ネットでホテルを格安で予約出来た宿泊予約サイト「旅の窓口」の略称。仕事の場合限られた旅費を浮かせるのに心強い味方ですよねぇ。



夕刊フジBLOGによると、ますます営業規模の拡大を続けているそうで、詳しくは夕刊フジBLOGの記事をご覧くださいまし。



で、つい最近も北海道方面の宿泊先確保のために、またまたネットで予約ということで、「楽天トラベル」で、まずは探してみるんだけど、最近どうもあまり利用者にとってうま味が無くなってきた感じがしていたんだけどねぇ、やっぱりなぁという今回の記事。実際9月の北海道旅行の3カ所、6泊分のホテル予約は、とうとう「楽天トラベル」は比較検討の末、1泊も利用しなかった。こんなことは初めて。



たしか、もともと「旅の窓口」はベンチャー企業で、売れ残りのホテルの予約枠を安くネットで販売するというのが始まりだったような気がするんだけど、初期のころはそれこそ通常の1泊分で、朝食付2泊分出来たりしたので、利用価値は本当に高くて、しかも他の人の知らないところで得をしたという優越感もあり、迷わず「旅窓」で探したものだけど、今はかなり状況が違うみたい。



「楽天トラベル」が今でもそれなりにお得で便利なのは間違いないんだけど、他のサイトを捜し回ってみると「楽天トラベル」と値段は同じでも朝食がついたり、ホテルのサイトで会員登録をすると、割引分安くなるとか、、、



今回は「楽天トラベル」と「価格.com」で探したんだけど、もうエラク手間がかかる。「価格.com」もお得な宿が探せて便利なんだけど、「じゃらん.net」などの複数の予約サイトを縦断して検索されるので、複数のホテルを予約する時は、下手すると予約サイトごとに、会員登録してから予約と言うことになってしまいます。



でも何とか北海道旅行は、お得な宿が確保できたので、ひとまず安心。久しく無かった北海道演奏旅行、今からホント楽しみ。





posted by こが@管理人 at 15:20| Comment(0) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

ザウルスよ・・・

以前の記事でこんなことを書き、ザウルス決別宣言みたいになってしまったんだけど、撤回します(^^;)。



現在使用中の SLC760 というモデルで、実用上そんなに不満はなかったんだけど、時々書いていたように、ソフト的にはずっと調子が悪く、最近ついにメールソフトが独力での修復が不可能と思われる状態になり、そういう状況になって初めて、メール(携帯に不向きな長文用途)やら、原稿書き、当欄の作文マシンとして、またスケジュールの打ち込みマシンとして僕には必要なんだなとわかり、新しいマシンの購入を決意。ネット通販では3万円台後半という SLC1000 というモデルをゲットしました。(レビューはこちらね)



興味のない方は読み飛ばしてもらいたいんだけど、新しいSLC1000も、まあホント良くできたマシンです。僕がいらないと思っていたハードディスクが省略されて、値段が安く抑えられているので、これは好印象。カカクコムの掲示板や読者評価もかなり高く、よりよく進化したなあと言う印象。ただ本体のサイズがぶ厚くなってしまったのは唯一の弱点。でもまあハードディスク搭載できる程のスペックのところ、扱うデータ量も少なめの文字中心なので、比較的軽く動作するんじゃないかと期待しています。



あと、PCとは、やっとUSBで接続できるようになり、無線LAN、エアーエッジ、そしてUSB接続と、ザウルス使いとして長年の悲願だった通信系の整備が、今回のモデルでほぼ完成されたと言っていいと思う。本当に使いやすくなりましたねぇ。これがあれば旅行にノートPCを持って行くと言うこともなくなるでしょう。



携帯情報端末(PDA)界隈は、Palmやソニーのクリエが撤退を発表するなど、先行きあまり明るい話題がないんだけど、シャープのザウルスには、パイオニアとしてこれからもずっと頑張って欲しいなと思うのでありますが、やはり携帯電話の相当速い進化と、どう競争し、棲み分けしていくのか、メーカーさんもかなりの難しい問題なんだろうなと思われます。



とりあえず、住所録とかスケジュールのデータを消さないように、ちまちまと移すことにします。まあしかし、3世代くらい前のモデルを文字通り使い倒す様なワクワク感が無いのは何故なんでしょうかねぇ。





posted by こが@管理人 at 03:27| Comment(0) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

函館の続き

函館は、ご当地としてはかなり蒸し暑い気候だったそうで、僕も今夏一番!の大汗をかきながらのレッスンだったんだけど、短いレッスン時間ではあったものの、みんなすごく良く集中して頑張ってくれました。



その9月に函館で開かれる都響とのジョイントコンサートで演奏するワーグナーの「ニュルンベルグのマイスタージンガー第1幕への前奏曲」は、トロンボーンにとってはかなり難易度の高い曲で、ハイトーンをしっかり鳴らすことと、かなりのスタミナが要求されるので、ジョイントコンサートでは頻繁に取り上げられるものの、ちょっと申し訳無いなぁといつも思うのであります。



まあしかし、率直に言って羽田から飛行機に乗り込む時に漠然と想像していたことは、現地では杞憂に終わり、こちらが要求することに本当に良く反応してくれて、終わってみればレッスンする方もなんだか真剣勝負のような感覚になっておりました。あと1回小田桐さんのレッスンが直前にあるそうなので、それまで、まだまだ頑張ってほしいと思います。



終了後、大学時代からの先輩後輩で、今は北海道教育大函館分校の助教授、渡部謙一さんとホント数年ぶりの再会。奥様ともどもお変わりなく、楽しい時間を過ごさせていただきました。渡部さんが指揮されている、同大学のブラスのロウブラスセクション練習もみさせてもらったんだけど、こちらもさすがにコンクール直前と言うこともあり、ピンと張り詰めたものがあって、教える方もなかなか心地よい緊張感がありました。短時間で出来ることは、ホント限定的なもので難しいんだけど、吹奏楽コンクールでぜひ良い結果が出ることを祈っております。



その後、函館市内を大急ぎで案内してもらい、最後は有名な函館山からの夜景ではなく、地元の人しか行かないという「裏夜景」を見せてもらい、大感激。9月は今回の案内を参考に、カメラをかついで市内を徘徊してみようと思います。



ジョイントのレッスンをしていた時刻、実は高校野球の駒大苫小牧高校が2連破をかけて決勝戦を戦っていた時間で、暑い熱い北海道でありました。





posted by こが@管理人 at 23:44| Comment(0) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

近々

本日(20日)、都響のジョイントコンサートのためのクリニックで函館に行きます。公式の予定は日帰りです(^^;)。もったいないので1泊させてもらいます。



それから、8月22日、13時15分より、東京文化会館の小ホールにて、第3回東京音楽コンクールの金管楽器部門の本選会が開かれます。公開です。わが芸大のトロンボーン科学生も2名残っています。平日ですが、学生さんなど、お時間のある方は是非どうぞ。僕も行きます。



東京文化会館のホームページ

http://www.tbunka.jp/





posted by こが@管理人 at 02:08| Comment(0) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その後のmixiとこれから・・・・

mixiはその後あまり気が乗らないところに、なんと、僕のサイトの看板写真を、ご自分のプロフィール写真として堂々と使っていらっしゃる方がいて(現在は張り替え済み)、別にたいした写真じゃないかも知れないけど、他人のサイトの看板を自分の顔として公開するのはどうかと思いますね。僕が直接本人に注意するのが良いのでしょうけど、以前も当サイトにそっくりな文章を、いっぱい使われているのを見かけて、メールで注意したことがあって、その時はすぐに作り替えてはもらったのですが、結局あまりいい気はしなかったので、今回はどうしようと迷っていたら、自主的に張り替えられていました。



mixi内では他人様のページを見に行くと、足跡と言って、訪問者の名前と訪問時間が、サイトの主にバッチリわかる仕組みなので、無言のプレッシャーになっちゃったかなとは思うんですが、しかしかなり不愉快な思いをしました。



この先、僕的にはmixiは、徐々に撤退しようかと思っております。何度も言うけど、mixiと言うところが悪いんじゃないです。会員が居心地良く運営できるように様々なサービスが用意してあります。会員数もすごく伸びているようです。ただ、僕がHPやっている理由とはちょっと方向が違うかなぁと言うのが最大の言い訳でしょうかね。自分のサイトで何とかしないといけない部分たくさんあるし。。。





posted by こが@管理人 at 01:45| Comment(0) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

ケータイ古賀トロ部屋ちょっと模様替え

ケータイ古賀トロ部屋を少しだけ模様替えしてリンク先の整理と追加をしました。便利なポータルサイトを二つと、読み物サイトをひとつご紹介します。



[R25式]はリクルートの運営で、ニュース、天気、地図をはじめ登録すれば更に便利な乗り換え案内などを無料で使えます。



もうひとつの[F★ROUTE]も便利なポータルサイトで、特にパソコンサイトを携帯で見るためのツールとか、ブログを見るためのRSSリーダー機能など、やはり無料で提供されています。



あと最後は[Narinari.com]。プロのライターの方が運営されている名物コラムサイト。パソコンサイトもあるので、そちらもどうぞ。ネタの選び方などさすがです。読んで楽しくて病み付きになります。パケット代定額の契約でない方は使い過ぎにご注意くださいましね。



ケータイ古賀トロ部屋(携帯でもPCでも見られます)

http://pksp.jp/ktrb/



posted by こが@管理人 at 17:08| Comment(0) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

まぁいろいろと.....

今日の記事はテーマも何も無く思いつくままです。(っていつも通りですな^^;)という突っ込みは置いといて、本来今日から佐賀に帰省するはずだった。いや正確にはもう少し後の日程だったのを、諸事情によってこの時期に前倒ししたんだけど、珍しくうちの子供が高熱を出してしまい、仕方なく今回の帰省は断念。病院も掛かり付けのところはお休みなので、休日急患診療所に連れて行き、まあ疲れが溜まっているんですよみたいなことで、心配は無いようなので良かったが、しかしまぁ父親としては子供にしてあげられる夏休みの最大のイベントが飛んでしまった。さて、回復を待ってどこへ行こうかと思案中。佐賀の両親は、さぞがっかりしているだろうなぁ。楽しみにしていた「いちげん」ラーメン詣でもしばらくお預け。



まあそれは良いとして、「mixi(ミクシィ)」というソーシャルネットワーキングサービス(?)というのを皆さんはご存じ?どなたかの紹介があって初めて参加出来るネット上のコミュニティで、日記を公開したり共通の趣味を持った人達が集まったり、まあなかなか楽しそうだなぁとは思っていたんだけど、昨日とあるトロンボーンプレーヤーからご招待をいただき、早速登録していろいろと徘徊してみました。自分的には興味津々。



トロンボーン関係、あとカメラや写真の関係を主に見て回ったんだけど、基本的にみんな誰かのお友達、お知り合いということで、掲示板の書き込みとか見た範囲では皆さんホント楽しそうで、当然荒らしとか苦情の類いを書き込む人は見られなかった。オープンなネット上とは明らかに違う雰囲気。



で、まだ1日しか経っていないんだけど、発言も責任持ってやれば当然自由だし、なんらかの制限がある訳じゃなく、非常に良く考えられたシステムなんだけど、僕にとっては、うーんちょっと息苦しい感が強いかなぁ。例えてみると両隣の部屋には誰が住んでいるのか知らないような賃貸マンションから、向こう三軒両隣の一軒家に引っ越したような感じと言えば一番近いかなぁ。僕には残念ながらまだ居心地の良い空間とは感じられないんだけど。



もちろんこれは「ミクシィ」始めとするソーシャルネットワーキングサービスを批判している訳じゃなくて、僕の性格にはあまり合っていないようだなぁということなので、くれぐれも誤解の無いように。安心して発言出来る空間なのは間違いないし、同じ趣味の人達が繋がって行くのは素晴らしいこと。対極にあるのはたぶん匿名の「2ちゃんねる」という事だと思うんだけどね。



まあしかし、同じ日記を公開するにしてもダイレクトに反応があるようだし、それはそれで、オープンなブログや日記と違って面白いだろうなあ。



誰からも誘われなくて、見る事が出来なかったところなので、なかなか興味深いのは事実です。しばらく放浪してみようかなぁと思います。Mクンありがとね。



そういえばブログやっている人の間で回っていた「ミュージカルバトン」下火になりましたね。僕のところにはやっぱり来ませんでしたが(^^;)





posted by こが@管理人 at 18:18| Comment(4) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

4 Bone Lines 続報?

村田君がメールマガジンで、カルテットに対する思いを書いています。こちらのまぐまぐのバックナンバーのページへどうぞ。良かったらこの際メルマガの登録もぜひどうぞ。今回のマンゲルスドルフの記事、なかなか興味深い内容です。





posted by こが@管理人 at 21:47| Comment(0) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSPで寝モバ?

随分と前の話でもうご存じの方もいらっしゃる?かなぁ〜と思うけど、電脳小物系のネタをひとつ。



携帯ゲーム機のPSPなんでありますが、無線LANの機能を内蔵していて、自宅に無線LANのアクセスポイントがあれば、そこを通じてシステムソフトウェアのアップデートとか機能追加などのサービスが受けられるんだけど、7月27日に公開された「システムソフトウェア バージョン 2.00 アップデート」では、待望のというか一部では裏技が噂されていたようなんだけど、正式にインターネットブラウザが搭載されました。もちろん無料ですが。



一度アップデートしてしまうと元に戻せないので、要注意ということでありますが、まあアップデートしちゃいますよね、普通。



で、使ってみた感じでは無線LANにしてはちょっと遅いかなぁと言った感触。Flashには未対応だったり、ブログの表示がイマイチ崩れちゃったりと、いろいろと制限はありますが、まあしかし2万円そこそこの機械としては上出来、いや特上なんじゃないでしょうかね。特に写真の表示はさすがに美しいと思いますよ。旅行などに持ち出すと、最近はホテルのロビーで無線LAN使い放題などのサービスも増えてきたことだし、結構いけそう。



ゲーマーのW氏とこの話題で持ちきりだったんだけど、ナサケナイ話、かな漢字変換出来ることに全く気が付かず、YahooやGoogleといった検索は駄目かなと、「ゲーム機だからねぇ」と潔くあきらめていたところ、W氏が変換出来ることを発見。いやあ180度見方が変わりましたね(^^;)。入力はキーボードじゃなくて、ゲーム操作用のパッドで携帯電話式に入力なので、文章はさすがにどうかと思うけど、ヤフーとかのウェブメールなら、面倒だけどメールのやり取りもOKですよ。



どこかのモバイル系のサイトで家の中で寝っ転がりながらネットサーフィンすることを「寝モバ」って表記してあったけど、「寝モバマシン」としては、激安で電池の持ちも実用的だし、今のところウィルスの心配もなく(こればかりは将来は出て来る可能性もあり)、変なダウンロードさえしなければ結構ゴロゴロしながら楽しめます。お盆休み中ゴロゴロ派の方にはオススメの「寝モバ」端末です(^^)



追伸

お気に入りの機能は貧弱なので、MY YAHOOなどでブックマーク集をパソコンで作っておけば楽ちんです。





posted by こが@管理人 at 20:23| Comment(0) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

ボレロ3連発、まとめ。

ボレロ3連発の旅行から帰ってきました。



よくよく考えてみると3日間連続でボレロの本番は初めてのことで、まだまだ甘いなあと思うんだけど、自分としてはまたとない良い経験をさせてもらいました。



毎回完全なものを目指して楽器を構えるんだけど、やはりなかなか難しかったなぁと言うのが今回の感想。2日目の大館公演は、実は本番で予想外の体の反応に悩まされたけど、割とすぐに体勢を立て直すことが出来たので大怪我はせずに済んだという感じ。ボレロ全曲が終わる頃にはすでに上手くいかなかった部分の原因が分析できていました。



前日はボレロを吹き終わる頃にはいい感じでかなりの汗をかいていたんだけど、2日目は全く汗をかいていない。感覚的にはフィナーレのグリッサンド連発を吹き終わって、丁度良く体が温まった感じ。と言うことは、、、、、



休憩を挟んだ2曲の降り番の間に、体が冷えてしまったんですな。その日の大館市は日差しも強く大変暑い一日で、それでもカメラを担いでぶらぶらしてきた訳だけど、ちょっと歩いただけでも汗が噴き出してくる。



楽屋ははじめは冷房の効きが悪く、あまり居たくない感じだったんだけど、本番が始まる頃には快適な感じになっていた。そこで、1曲目の三角帽子を吹き終わった後、前回の投稿をアップして、マンガを読んでリラックスした感じで過ごしていたんだけど、その間に体が必要以上に冷えたものと思われます。それでも、ただ漠然と本番に臨んだ訳じゃなくて、ウルトラブレスとか、体操とかいろいろやって、本番中も深呼吸を最初から多めにしたりして、体を温めようと努力はしたんだけど、結果的には間に合わなかったと言うこと。



前日のように明確に目標を持って本番に臨んだ訳ではなく、メロディとしてどう歌おうかと考えていたんだけど、その前に冷えにやられた感じ。ホント悔しさいっぱい。



よくよく考えると、毎日フルに稼働している東京のホールと違って、地方都市のホール、特に楽屋として使わせてもらう会議室のようなところ、もちろんホール本体もだけど、稼働率から言って、冷房を入れている時間はそんなに長くないはず。と言うことは楽屋入りしたときに冷房の効きが良くないからと言って、本番までそのままかというと、そうじゃなくて、建物全体が徐々に冷えてくる上に、夕方にかけて日差しも弱くなってくるし、、、、状況としては細かなコントロールが出来ない大規模な空調設備なので、そりゃ加速度的に冷えてくるよなぁ。



読みが甘かったと言えばそれまでだけど、しかし通常の演奏だと全く影響のない範囲の出来事。イメージとしては針の穴1つ分外れてしまったような感じ。それでもボレロのソロは上手くいかなくなるもので、本当に難しい。



最後の八戸の公会堂は自分自身5回目?位の訪問で、気分的に慣れていたと言うこともあるし、前日の反省から体を冷やさないように待機した。本番は自分的には、もちろんああすれば良かったとか、いろいろ反省点があるにせよ、一番上手くいったし、なにより初日と2日目の反省がうまく形になったので、次につながる感じで、嬉しい本番となりました。



しかし重い肩の荷が降りた開放感、たまらないッス。







とここまで書いたところで箱山さんのブログに目をやると、、、、

先輩は遙か彼方を走っていらっしゃいます。出来れば初日の前に読みたかったなぁ(^^;)。勉強になりました。





posted by こが@管理人 at 02:32| Comment(4) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

ボレロで東北ツアー中

またまた随分と間の空いた更新になってしまったんだけど、いかがお過ごしでしょうか。「フォー・ボーン・ラインズ」覚えてもらえましたかね?



更新をサボっていた間、都響のスケジュールとしては、都響の創立40周年記念の演奏会2公演とパーティでのメトロポップ、それから千葉マリンスタジアムでのイベント(僕は不参加)などなど、次から次に色々とありましたが、昨日は秋田県の能代市。今日は大館市、そして八戸公演と回る予定。本日の大館市はぶらぶら歩いていたらやけにインペクKさんと同じ姓の表札が多いなぁと思っていたら、やはりそのうちの一軒が、ご実家だったそうな。ちょっとビックリ。



昨日の能代公演は立ち見の方もたくさんいらっしゃって、超満席状態。ゲネプロも地元の中学生?の皆さんの見学もあり、なかなか熱心。自然と気合も入ってしまうので、後半のボレロの前、一曲降り番なのに舞台に出そうになったけど、まあご愛嬌ということで。



今回はトロンボーン的にはファリャの三角帽子とボレロが出番で、僕自身ボレロのソロは去年の佼成ウインドさんで演奏させてもらって以来1年とちょっとぶり。都響の団員としては2回目。



技術的にはクリア出来ていて、一人で勝手に吹く分には普通に吹けても、本番になるとなかなか難しいのがボレロだと思うんだけど、これもまたプレーヤーによって感じ方は違うはずなので、あくまでもボレロ経験の少なめな僕の私見ということでお読みくださいましね。



まあしかし昨晩のソロは完璧とはいかなかったけど、自分に課した3つの課題があって、なんとか全部クリア出来たので自分的には及第点か。オケ全体は金聖響氏の、少しゆったり目のテンポにのって、まあ好調な感じで終わってみるとナカナカ楽しかった。



この世界では、“キング・オブ・ボレロ”こと、日本フィルの箱山さんという素晴らしいプレーヤーがいらっしゃるので、僕たちはとにかく目標にして頑張っている訳だけど、年に1回程度では、追いつこうなんて無理な話。それ程ボレロのソロは経験することも大事な要素だと思う。



僕の場合2番に座ることが多かったので、錚々たる方々の横で勉強させてもらった。とにかくメンタルな面の問題を自分なりに解決しないと、ボレロはただの怖い曲になってしまう。ちゃんと演奏出来る方々は自分なりの確固たるスタイルをお持ちです。これは例え真似出来たとしても、自分の役には立たないです。



昨日の自分に課した3つの課題というのが何だったかというのは、もったいぶるようで申し訳ないけど企業秘密というか、まあ恥ずかしいので詳しくは書けないけど、一つ目は初日の壁、二つ目は苦手な部分の解決の糸口が見つかったので、本番でそれを試す。三つ目は楽器のセッティング上のこと。あと細かな修正1点。



一つ目は読んで字のごとく、3連続公演の初日をうまく乗り切ればあとが楽になるという事。二つ目は最初のハイB♭を、いかにスムーズに息をいれて吹くかという問題。3つ目はセルマージャパンの飯塚さんに、楽器を改造してもらう時に、“くれぐれも”と注意されていたことで、でもハイトーンを吹く場合、その「やっちゃだめだよ」と言われたことをやっちゃった方が、実は楽に吹けたりするもんだから、ついつい頼り勝ちになるんだけど、初日にその弱い気持ちを断ち切ろうと、きつい方のセッティングで臨んだ訳です。実はその方が音はよく伸びて、中低音がしっかり響く。



今の楽器をチューニングしてもらう時に、耐用年数を越えていたと感じていたものを、何とか再生することと、ボレロが安心して吹ける楽器にして欲しいと、注文してできあがった楽器なので、本来ちゃんと組んでもらった方で演奏すべきもの。しかしメンタルの面でちゃんとしていないと、楽だけど良い響きが得られない方で吹きたくなってしまう。初日にこれをクリア出来れば一気にまたこの楽器との信頼関係が出来る気がしたので、まあ言われた通りにして本番に臨んで、ほぼそれは望みどおりの結果が得られた。



ということは、あとは音楽的にどうするか・・・・

本当はそこが一番難しい。



あと1時間ほどすると今日のボレロが始まる。出来るだけ自分らしく行きたいと思います。





posted by こが@管理人 at 15:50| Comment(2) | 旧ブログサイトログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。