2006年02月27日

無題(^^;)

ここ1週間ほど、スパムメールが激増していますが、皆さんのところは大丈夫でしょうかね。

以前触れたことがあったんだけど、僕の場合公開用と、プライベート用のアドレスへのメールは、両方共に一度Yahooのサーバーを通ってくるようになっています。Yahooの迷惑メールフィルターは、無料のサービスなのになかなか賢くて、Yahoo以外からの転送メールも判別してくれます。そして更にパソコンに届いたときにノートンのスパムフィルターではじくことになっていて、完璧ではないけどかなり有効に働いております。

ただ、たまにフリーのメールアドレスからのメール、最近だと「悪魔ちゃん」の販売用に使ったgooのフリーメールから転送すると迷惑メールと判定されたりするので、その都度「迷惑メールではない」とYahooにご報告しております(笑)。あと、不思議なんだけど、都響事務局から発行されているメールマガジンも毎回報告しているんだけど、なぜかYahooの迷惑メールフィルタでは、迷惑メールと判定されてしまいます。

いずれにしても迷惑メールはタイトルと差出人のアドレス位はチェックしてからじゃないと削除できないので、煩わしいことには変わりなし。何とかならないモノかなぁ。


で、日付の上では昨日、埼玉県富士見市での都響と地元の皆さんによるジョイントコンサートだった。

きらり☆富士見という立派な施設で、一度クリニックにも伺った。実はこの施設は上福岡の尚美学園大学に通っていた頃の通勤途中にあって、工事中から完成まで車の中から何となくではあるんだけどずーっと見守って来たと言う意識があって、今回初めてそこで演奏できてなかなか嬉しいものでした。

演奏会前半に地元の中学生と、アマチュアプレーヤーの皆さんと一緒にフィンランディアを演奏。その他都響だけのプログラムはプロコフィエフの「ピーターと狼」やチャイコフスキーの組曲「白鳥の湖」からの抜粋などなど。少々コンパクトなホールなので、リハーサルの時、いつもの感じで吹いてしまうとすぐ飽和状態になってしまうので、本番は控えめにバランスを考えながら吹いたつもりだったんだけど、さて、客席ではどう響いていたのか。

僕個人的には今回の2回のクリニックと本番を通じて、まあ色々と考えさせられたというか、自分の至らなさを痛感した感じ。もっと言うならば、中学校の音楽の先生方が、純粋に音楽教育だけに没頭することは事実上不可能で、教育者という部分が仕事の大部分を占めているんだろうなと言うことが、ほんの少しだけ分かった感じがしました。あくまで想像なので違っていたらごめんなさい。

明日(今日)から2日間は葛飾区での音教です。あと前の記事にも関わるんだけど録音のお仕事などもあるので、しっかりとミュートの準備をしておかないと(^^;)。

ではでは。
posted by こが@管理人 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

レコーディングのお仕事

先日久々のレコーディングのお仕事だった。電話をいただいた時は、「ビッグバンド編成の録音です」と言われていたので、正直自分で大丈夫なのだろうかと不安感で一杯。アレンジはこれまたビッグネームなお方でまたまた緊張。

今回、村田君トップの4人セクションの3番というポジションで、僕にもある程度きちんと形に出来るという最低限の自信みたいなものは、もちろんあるんだけど、それは練習に時間がかけられる時。実際の現場ではなかなか譜読みを充分にさせてもらえるほどの時間的余裕はない。その上、門外漢の自分という意識がどうしても払拭出来ないので、なかなか積極的な感じには持って行けなかった。でもモニターから聴こえてくるセクションでの演奏を聴いて、ひと安心。

しかし内容的にも分量的にも僕にとっては重量級のレコーディングだったんだけど、スタジオ系のお仕事をたくさんなさっているミュージシャンの皆さんにとっては、通常の程度だったのかなぁ。

で、今回のネタはミュート。トロンボーン用のミュートはオーケストラで一般的に使うストレートミュート以外にも実にたくさんの種類があって、レコーディングのお仕事の場合、使うかどうか分からないけど、とりあえずワンセットすべて持って行かなければいけない。車での移動だと苦にならないけど、僕のように電車移動がメインだと、かさばるので結構大変。

ワンセットの中身はストレート、カップ、プランジャー、ハーマン(ワウワウ)、バケットあたり。これだけ多いと、小型のデイパックには入りきらない。カップミュートはデニスウィック製のカップが取り外せるものなので、持ち運ぶ時はもちろん分解。それから、ハーマンミュートは、最近ジョーラル製を購入した。これがなかなか小型でしかも音も良くカバンの中での収まりも小型なので当然良い感じなので、ポイント高し。

しかしこれだけ毎回準備して行っても実はめったに使うことはない。今までにせいぜいストレートを数回使ったことがある位かなぁ。ところが今回はなんとプランジャーとハーマン(ワウワウ)を使った。いや、まったく備えあれば憂いなし。

僕がまだまだ駆け出しのころに、ある先輩から聞いた話。スタジオ録音のお仕事に、ほとんど使う機会がないからと言ってその先輩がストレートミュートだけ持って行ったところ、ベテランのスタジオプレーヤーの方から「スタジオの仕事をなめてんのか!」とひどく叱られたそう。この話はつい「大丈夫だろう」と弛みがちな気持ちをいつも引き締めてくれる。今の時代そういうふうに正しいことをきちんと叱ってくれるような方も少ないし、自分が後輩に対してどういう事を手本として出来ているかというと、はなはだ疑問だな。

こう言うのもナンだけど、一つのミュートでレバーを切り替えたら、あらゆるミュートになるって言うのを誰か作ってくれないかなぁ(^^;)。少なくともトロンボーン吹きの間では大ヒットすると思うんだけど。。。。。

posted by こが@管理人 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

TMTQ“悪魔のトロンボーン”サイン入りCD販売終了のお知らせ

TMTQ-teufel.jpgTMTQ“悪魔ちゃん”サイン入りCD販売へたくさんのお申し込みをいただきましてありがとうございました。お陰様で予定数を超えましたので、この辺で終了させて頂きます。

実は2枚目ということで、前回ほどお申し込みはないだろうと弱気な予想をしておりましたが、蓋を開けてみると嬉しい誤算、前回と同数ご用意していたのですが、無事すべてを皆さんのお手元へお送りすることになりました。本当にありがとうございました。

一応発送はすべて終わっております。あと1名さま明日あたりの到着になると思いますが、その他のみなさまは、すでに到着しているものと思われます。万が一申し込んだのにまだ来ないとか、何か不明なことがありましたらお早めにお知らせくださいね。よろしくお願いします。

それから、メールで、ご感想や激励などたくさんいただいております。ありがとうございます。全部プリントアウトしてしっかり読ませて頂いておりますが、すべてにお返事できる状況ではないので、申し訳ありませんがお返事はあったりなかったり(^^;)するものと思われます。スミマセンがご了承ください。できれば掲示板にメッセージをいただけると、レス出来ると思いますので、そちらもよろしくお願いします。

サイン入りの記念CDは、これで一応終了とさせて頂きますが、サインの入っていない分は若干まだ手元にありますので、お申し込み頂ければこれからもお送りいたします。またブログの脇にあるAmazonのリンクからもご購入が出来ます。そちらのリンクも良かったらご利用くださいね。

段取りなどなど、色々と不慣れでご迷惑をおかけしたところもあったと思いますが、何とか無事に終了出来ました。本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。
posted by こが@管理人 at 01:37| Comment(4) | TrackBack(1) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

管打楽器シリーズ アンドレ・ジョリヴェとその周辺

この演奏会が無事に終わって、いやあ肩の荷がおりた感じとはまさにこのことを言う。

当日のリハーサルは12時頃からはじまり、演奏会は15時開演で、そして18時から打ち上げが始まって二次会は21時前頃?からだったかな、、、いやぁ長い一日だった。

プログラミングとしてはリハーサルを聴いていて本当に面白い、しかも芸大らしい良い企画だと思った。僕はジョリヴェ作曲 7つの楽器のための『ラプソディー』と、ストラヴィンスキー作曲 演奏会用組曲『兵士の物語』の休憩を挟んだ2曲に出演。

ラプソディーは結構たくさん練習したが、やはり指揮者がいないので不安なところは不安なまま本番に乗ることになったけど、概ねなんとかうまくいった。兵士の物語の方が当初曲を知っていると言うこともあって、まあ実は根拠のない安心感があったんだけど、やっぱり本番でも根拠無いままでした(^^;)。しかし、違う種類の楽器とのアンサンブルは久々だったけど、やっぱり上手くて音楽的にも素晴らしい方々と演奏できるって言うのは、編成には関係なく刺激的ですごく楽しい。

兵士の物語、最後の方でグランドコラールという曲があって、テナートロンボーンとは思えない低い音でアンサンブルのベースを吹くんだけど、実はその部分は自分にとってはなかなか好きな部分で、学生時代にバストロに転向しようかと本気で思っていた頃を思い出してしまった。ベースラインを吹くのって実に気持ち良く感じます。

打ち上げは、お酒の飲めない人間にとって、面白くないだろうと思われている節があるんだけど、僕にとってはそんなことはなくて、今回のように日頃なかなかご一緒する機会のない、すごい方々とアンサンブル出来て、色々と刺激を受け、勉強することが出来たような時は、特にそのあとのお喋りも楽しみなものがある。

演奏家は見た目は普通でも、実は不安感やプレッシャーと常に隣り合わせなので(僕だけ?)、メンタルな部分でしゃんとしていることの大切さは常日頃感じているんだけど、色々と身に余るお言葉をいただいたりしながら、反省もしつつ、その後の演奏家人生でこの上なく貴重な言葉を頂いたりするのであります。出来ることなら、自分もそうした交流の中で、他人に対してそういう言葉をかけてあげられるような存在になりたいものだと思うのであります。もちろん社交辞令という部分はあるかも知れないけど、さすがに心に響く言葉というものは、社交辞令とは違うもの。

あと、教師という立場の人間の演奏を見ている生徒がいたりするんだけど、まあしっかりと見られているんだなあ。できればこちらは言葉よりもラッパでモノが言えるようになりたいものだ。
posted by こが@管理人 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

近況

TMTQ「悪魔ちゃん」お申し込みはまだまだ受け付けておりますので、よろしくお願いします。でも残り少ないので、無くなり次第終了にしますので、お早めにどうぞ。


と言うことで、通常の駄文の更新が止まったままになっております。

色々とネタはあるんだけど、単にいつものように作文意欲の低下が起こっているだけ。

最近の僕の状況は、出没情報に記載してあるんだけど、今度の日曜日に芸大の新奏楽堂で開かれる室内楽の演奏会の練習にどっぷりという感じ。ストラヴィンスキーの兵士の物語と、ジョリヴェのラプソディ、どちらも結構長い曲だし、変拍子も多く神経を使う作品。今回は指揮者を置かないので、練習も多めに設定してあります。しかし皆さん室内楽の猛者揃いなので、僕にとっては久々の異種格闘技とまでは言わないけど、かなり刺激的な演奏会になりそうです。

で、プレーヤーモードはそんな感じで、センセーモードとしては芸大の入試が近づいているので、それ関係の仕事と、あと東京交響楽団さんの首席トロンボーンのオーディション二次審査がもうすぐなので、残っている学生や、他のオーディションを控えた学生のためのレッスンなどで、毎日時間が無くなってしまう感じです。

とある生徒から「どうすればオーディションに受かりますか?」と言うことを問われ、正直、その時すぐには返答に困った訳だけど、時間をおいて考えてみると、何十人も受けてたった一人しか合格できない訳だから、それにはやはり合格できるための方程式みたいなものは、無いと思う。レッスンしながら自分の考えが徐々にまとまっていくようなところがあって、やはり正攻法で行くしかないと思った訳です。

音程を直すとか、リズムを直すとか。マーラーはこう吹くものだとか、モーツァルトは云々・・・・そういう次元のことじゃなくて、もっと自分自身を磨き、音楽的に、人間的にもっともっと向上するように努力していくしかないのだと、思う訳でありますね。それでも1回のオーディションで、ポジションを射止めることが出来るのは多くても一人な訳なので、これで絶対大丈夫と言うことは出来ないんだけど。

しかし先生って何だろうと思ってしまいます。いや、自分が先生としてやっていることはこれで良いのだろうかと、言うことですね。まだまだ修行が足りないですなぁ。

今日は全くとりとめなくとっ散らかった文になってスミマセンでした。
posted by こが@管理人 at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

お知らせとお願い

CDをお申し込み頂いた方の中で、携帯電話のメールアドレスを連絡先に指定していらっしゃる方へ。

迷惑メール対策でドメイン指定(おそらくご利用のドメイン以外ははじく設定)されているために、こちらからご連絡とれない状態になっております。パソコン向けのアドレスに、お知らせをお送りしていると思うので、そちらをご覧ください。よろしくお願いします。
posted by こが@管理人 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々のお写真

R0010803.JPG

地下鉄を降りて地上に出てふと空を見上げたらご覧の状態。大急ぎでGR-DIGITALを取り出してシャッターを切りました。こういうのは狙って撮れる訳じゃないので、何となく嬉しかったです。
posted by こが@管理人 at 02:02| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪魔ちゃん発送状況

ご注文頂いた分は、一部の方を除いて本日の昼頃までには、ほぼ発送が終わります。明日から明後日あたりに届くものと思われますので、楽しみにお待ちくださいね。

なおご注文は、まだまだお待ちしております。僕の手持ち在庫も、一部小田桐さんに協力頂きましたが、そろそろ残り少なくなってきました。ご注文はお早めにどうぞ。
posted by こが@管理人 at 01:59| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

この週末

悪魔ちゃん配送状況ですが、土曜日の夜第一陣をお送りしました。昨日の朝一の便で集荷されたはずなので、今日辺りから届き始めると思います。お待ち下さいね。


昨日はさいたま芸術劇場で行われている「第12回下倉楽器ソロコンテスト」の2日目の審査員をやらせて貰いました。朝9時30分から夜は7時30分位まで、中学生の部65名、高校生の部44名の計109名の演奏を聴いて採点しましたが、驚いたことに無伴奏と思いきや、カラオケでも出場出来るんですね。音量バランスにも十分な配慮があって、なかなかよかったです。

木管から金管、打楽器までみんなまとめてひと部門とした採点なので、はじめはちゃんと採点出来るのか不安もあったけど、何とか責任は果たせたかなと思います。

出演された皆さん、本当に良く頑張っていて、そういう意味では点数をつけるのは本当に忍びないって言うか、なるべく良いところを評価したいなあと思いながら採点しました。

かつて自分も中学、高校と同じようにソロコンテストに出場させていただき、貴重な経験を積んで来たことを考えると、こういうソロの場も大事なんだなあと思うし、貴重な場を提供し続ける方々のご苦労に対しては、お礼を言いたいなあと思います。

しかし、正直に書くと、今回の審査は昼食も30分程しかなく、長時間にわたる集中力を必要とする作業は、体力的、精神的に大変にハードな仕事。あれが限界だったかも。昨晩は帰宅してから食事して、あとは何をやったのかまったく覚えていません(^^;)。クタクタになってしまいましたが、それだけに先人たちのご苦労というものに感謝したいなと思った次第。
posted by こが@管理人 at 10:26| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

悪魔ちゃん発送状況

お待たせして申し訳ありません。お昼頃までにようやくメールを送り終えましたので、お申し込みいただいた皆さんはご確認ください。一部携帯電話のアドレスを指定された方で、ドメイン指定などでメールフィルターを設定されていると携帯に届かない場合もあります。パソコンのアドレスにお送りしておりますので、申し訳ありませんが、そちらをご確認ください。

メール不着などありましたら、すみませんがお知らせください。
posted by こが@管理人 at 12:37| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

悪魔ちゃん発送状況のお知らせ

本来すでに発送を始めるところなのですが、急遽仕上げなければいけない仕事が入ってしまい、今現在メールのお知らせをお送りするところで中断しております。何名かの方からはすでにご送金頂いたようですが、申し訳ありませんが、作業できるようになるまでもう2〜3日お待ちください。申し訳ありません。
posted by こが@管理人 at 09:59| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

サイン入り悪魔ちゃん(まだまだずーっとお待ちしておりますよ)

お申し込みありがとうございます。

お待たせしておりますが、明日(4日)やっと4人分のサインが揃う見込みになりました。準備できたら、なるべく早く発送できるように作業したいと思います。順次お振り込み先を記したメールをお送りしますので、来週あたりお振り込み頂く感じになりそうです。お振り込みと共に「振り込んだよー」と一言確認メールをお願いします。

昨年は郵便振り込みで通信欄に通信文を記入してくださいと書いたことで、色々とご迷惑をおかけしましたが、今回はお振り込みだけで結構です。

それから、CDのお申し込みはまだまだお待ちしておりますので、お急ぎでない方は遠慮無くお申し込みくださいね。

(ブログの右下にリンクを貼っている「アマゾン」では今は通常24時間以内に発送となっています。)

お申し込みメールに色々とコメントをいただきありがとうございます。励ましとか感想とかいただいたメッセージ、ホント嬉しいです。出来ればそれぞれにお返事を書きたいと思っていますが、まずは発送優先になるかも知れません。その時はご了承くださいね。
posted by こが@管理人 at 01:11| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする