2006年09月29日

村田陽一/ゴッド・ブラス・ユー

4 Bone Lines リーダーでもう長いお付き合いになってきた、ご存じ村田陽一氏がついにインターネットラジオのパーソナリティとして登場。セガ・サミー・メディア運営のネットラジオサイト「klap」で毎週金曜更新で放送中。今日は先ほど更新されたところです。今日は3回目ですかね。アシスタントの方との丁々発止の掛け合いも、スリリングでなかなか面白いです。結構暴れてますね〜(^^)

まだPodcastの配信には登録されていないんだけど、Podcast配信を激しく希望したいところですな。

オススメです。是非是非。(おぉ、今4BLネタが出てきました)


インターネットラジオ「Klap」
http://klap.jp/
村田陽一/ゴッド・ブラス・ユー (毎週金曜日更新)
posted by こが@管理人 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

ヤマトの諸君久しぶりだな.....あれ!

すでに放送中のCM、以下のANAのページでムービーを見ることも出来るんですが、
http://www.ana.co.jp/anafan/cm/#tabiwari

しかしあのデスラーの声は伊武雅刀さんじゃなくて石塚運昇さんというお方で、ポケットモンスターのオーキド博士の声をなさっているそうな。CM見ただけだと全く分かりませんが、素晴らしい出来映えだと思います。

でもファンとしてはやはり、伊武雅刀さんじゃないとなぁ。あ、蛇足かも知れませんが、「いぶまさと」ではなく「いぶまさとう」さんとお読みするのが正しいそうですよ。

森雪の声はやっぱり麻上洋子さんです。やっぱりそうでなくちゃね。

ところで上記のANAのページの音楽の項ですが、同姓同名のトロンボーン吹きさんではないようです。いやあびっくりした(^^;)
posted by こが@管理人 at 00:17| Comment(6) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

ユルめの雑多な日記

ブログに移行する前の当欄は2〜3日前の話をネタにするのは当たり前だったんだけど、今のブロガーな方々は毎日更新という皆さんも多くて、雰囲気的にはネタの鮮度は新しくて当たり前?ですかね。ホントすごいなぁ。

でも当欄は相変わらずユルいペースで行こうかと。「最近更新のペースが開いたりしてお忙しそうですね」と言ってもらったりして、ご訪問いただいてもずっと更新がなかったりで、ホント申し訳ないと思います。でもそんな感じで僕にしてはずいぶんと長く続いておりますので、更新が空いても気にしないで下さいまし。

で、話変わって一昨日(笑)は大学院の入試があったりして一日中スーツを着ていたわけですが、やはり慣れない格好というものは気持ちが張っていることもあり、かなりヘタバリました。面接の試験官の側に初めて座りましたが、いや、僕も緊張しました。

((
匚P

でもって話はスタバーな方へ行くわけだけど、例の5ショットの「LUKE」には未だ到達できておりません。一昨日は合計3回もスタバに立ち寄ってみたわけだけど、朝は3ショット、夕方4ショットで、夜帰宅前に店員さんに「5ショットいきますか?!」と軽く促され、一瞬グラッと揺らいだんだけど、さすがに朝からエスプレッソ7ショットも飲んでいたので、締めは軽めにいつものダブルショットということで。しかし1日合わせると9ショット。

夕方オーダーしてみた4ショットもなかなか苦くて美味しかったんだけど、結果は締めのダブルのバランス良い味が今のところのお気に入りでありました。まあ楽しみは後にとっておくことにして、次機会があったらいってみようかと。しかし宣伝にまんまと乗ってる僕も僕でいい客だなと(笑)。いや、十分楽しませてもらっているし、自分からすすんで乗っているので別にネタにするほどのことでもないか(^^;)。


昨日は日芸の後期実技レッスンのはじまり。雨の中車で所沢校舎と江古田校舎をハシゴ。夏休み明け初レッスンで、もっとユルんだ感じかと想像していたら、すでに室内楽の合宿などで鍛えられてきた様子。4年生は教育実習だったり、卒業〜就職のための準備に追われる感じ。副科のみんなは、いよいよ後期に実技の試験が待っているので、その準備を早めに始めて欲しいなといったところ。

最後は先生の日記みたいになってしまったけど、新しいW-ZERO3esは、だんだん慣れてきたけど相変わらず文章の打ち込みにザウルスの2倍以上の時間が・・・・ちとがっかりだなぁ。記号の呼び出し方も徐々に馴染んで来たので、このまま使うと思うけど。使い勝手の良いテキストエディタのソフト、誰か作ってくれないかな〜〜。
posted by こが@管理人 at 17:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

佛坂咲千生と仲間たち続報

以前出没予報で書いた記事の「佛坂咲千生と仲間たち」金管五重奏でありますが、

入場料は1000円

でありました。またプログラムが抜けていましたが、地元の一般の方向けということもあり、軽めのプログラムになっております。

トランペットヴォランタリー、シャンソナリー、あとはトトロ、ウエストサイドストーリーなどから数曲という感じです。

あと、さがブラスで、来年3月に佐賀で演奏会が決まりそうです。続報はわかり次第告知しますね。
posted by こが@管理人 at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W-ZERO3[es]から初投稿

さてW-ZERO3[es]から初の投稿を試みておりますが、果たして上手くいきますかねー。

いろいろと定番と言われているようなソフトを導入したりして使い勝手の向上をもくろんでおりますが、どうもパッとしない感じです。

テキストエディタもフリーのソフトを入れて頑張ってはおりますが、やはり文字入力のスピードが上がらないので、この点はザウルスからの大きな後退と言うことになりそうです。文字数のカウントも欲しいし。

とにかく記号の入力がしにくいのと「スペース/変換キー」が左の親指で押すように配置されているので、右利きで右の親指で押すクセのある僕はどうにも馴染めませんが、まあしばらく頑張ってみますか。

小さくて鞄に入れるのには全く苦にならないし、電池の持ちもまずまず。メールソフトは3つも入っている割にはどれも不完全で使いにくい。

まぁそれでもスケジュールと住所録がパソコンのOutlookとシンクロがスムーズで親和性が高いというのが一番の長所という感じ。ブログの作文は電車の中とか外で思いつきで書き始めることが多いので、さて今まで通りにいくかな。ちょっと不安な感じではあります。GRDからの写真もパソコン経由じゃないとチト難しいかなぁ。

何のために買い換えたのやら。。。。(とにかく更新が上手くできればいいかな)
posted by こが@管理人 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳小物系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

日記雑記+

最近このタイトル多いんですが、、、

まあ気にしないでつらつらとユルイ感じでいってみたいと思うのでありますが、ちょっとネタ枯渇じゃないけど、年中行事の作文意欲の低下ってやつかもしれませんが。

外付けハードディスクが飛んでしまってから色々と対処に追われていたと言うことが大きいのかなぁ。しかし、お陰様で昨日データ修復業者さんから送られてきたハードディスクを接続してデータを確認。いやあお見事というか、多少紛失していても分からないというくらい大量の写真が整理もされず、適当にストックされているわけだけど、ざっと見渡したところ全部が無事に戻ってきたようです。いやあウレシー!GRDの写真も見事復活です。

とにかくハードディスクは消耗品だそうですから、大事なデータは複数バックアップが基本だそうです。ハードディスクは容量も巨大なので、もう1台外付けハードディスクにバックアップが良いと助言をいただいたので、苦労して貯めたヨドバシのポイントを一気に放出してもう1台300GBの外付けHDD購入しましたよ。

でもまぁ安くなったなぁと言うのが実感です。しかも接続はUSBを繋ぐだけなので簡単だし。昨日はやっと修復データのコピーと、メインPCからのバックアップをやりました。iPodに入れている音楽データ40GB超も、あと2カ所に複製出来ました。まぁこれで何とかなるでしょう。


しかしHDD購入に行ったら、電源部が熱で焼き切れてしまったのと同じブランド品がタイムサービスで安かったんだけど、なんと「空冷式ファン付きで長持ち!」というのが目を引きましたが、さすがに同じブランドは買う気になれず、電源は内蔵せずに、ヒートシンクという放熱の仕組みが付いて、流体軸受けという長持ちしそうなのがウリのモデルを購入。しかし、商売というか戦略というか、メーカーさんも売り上げアップのためとはいえ、色々と工夫なさいますなぁ(笑)。


((
匚P


前々回スタバーな雑誌記事、「LUKE」と名前の付いた5ショットのラテというものをちらっと取り上げたんだけど、昨日お店に行ってみたら早速その雑誌記事がそのまま?の形でパンフレットとして配布されていました。要は記事広告だったわけですが、しかしアメリカのシアトルでどのように人々に愛されているのかが分かり、面白い記事でしたね。エスプレッソショットはまだ3ショット止まりだけど、ホントいつかは5ショットに挑戦しようと思うんだけど、お値段の方も結構なものになってしまうので、ちょっと躊躇気味。
posted by こが@管理人 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出没予報など

■金管五重奏 「佛坂咲千生と仲間たち」
平成18年9月29日(金) 19時開演、約95分ステージ
国分寺市立いずみホール Tel: 042-323-1491
JR中央線、武蔵野線西国分寺駅南口徒歩1分
Yahoo地図はこちら

[出演]
Tp:佛坂咲千生、西村明浩、Hr:堂山敦史、Tb:古賀慎治、Tuba:渡辺功
(要するにさがブラスですねぇ)

入場料は確認取れていないんですが1000円位じゃなかったかと思います。無責任で申し訳ありませんが、僕にメールをいただければ、チケット確保させて頂きます。申し訳ありません。判明したら追記します。


東京アマデウス管弦楽団第66回演奏会
2006年10月1日(日)14:00開演
ティアラ江東 大ホール
入場料:2,000円 (当日券は13:00より窓口にて販売いたします)
指揮とピアノ:内藤佳有

プログラム
モーツァルト ピアノ協奏曲第22番 変ホ長調 KV482
ラフマニノフ 交響曲第2番 ホ短調 Op27

詳しくは東京アマデウス管弦楽団さんのサイトまで。

歴史あるアマチュアオーケストラ「東京アマデウス管弦楽団」さんの演奏会に急遽出演させて頂くことになりました。いつも掲示板などでお世話になっている「古さま」の下でラフマニノフのシンフォニー2番の2ndを吹かせてもらいます。アマチュアオケの皆さんと演奏するのは、佐賀交響楽団でボレロのトップを吹いて以来かなぁ??久々で楽しみです。


東京メトロポリタントロンボーンカルテット(TMTQ)慰問演奏
2006年10月26日(木)14時開演〜約30分ほど
会場:川口市石神 ウェルネス武蔵野(民間老人介護施設)
場所はウェルネス武蔵野さんのホームページまで。

久々のTMTQです。また徐々に活動のペースを上げていこうかと話をしているところにウェルネスさんからお話しをいただきました。入場はおそらく無料で、大人数でなければ、一般の方も聴くことが出来ると思います。もしも万が一聴いて頂けるという方がいらっしゃいましたら僕までメールでご一報ください。曲目は今までの路線とがらりと変わって、演歌中心?になる予定。とは言っても短時間ですので、曲数は限られますが。


あと、都響の出番ですが、

10月11日(水)東京芸術劇場、宮本文昭さんのファイナルコンサート、指揮は宮本文昭さんでブルックナーの4番「ロマンティック」の1st。

10月15日(日)は同じく東京芸術劇場での作曲家の肖像シリーズ「サン=サーンス」。下野竜也さんの指揮で交響曲の1番(珍しい!)と3番オルガン。どちらも1stを吹かせてもらいます。中プロは名手、古川展生君のチェロコンチェルト。僕的には10月イチオシのコンサート。

この2回はトロンボーン吹きとしては楽しみなプログラム(汗)。準備はしっかりと、頑張ります。
posted by こが@管理人 at 01:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 出没予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

私的ショスタコーヴィチ交響曲5番とK君

6年前に一度このような記事(7/1の項)を書いたし、吹奏楽出身なのでどうしても特別な思い入れのようなものがあって、常々もっとニュートラルな感じで演奏したいなぁと思っておりました。

昨日の都響の演奏会、作曲家の肖像シリーズはその「D.ショスタコーヴィチ」だった訳ですが、僕個人的に今まで演奏して来た中では良い意味で一番冷静に演奏できた気がするのです。2ndに座っていたせいかも知れないし、悲しいかな経験というモノの成せる技かも知れませんが。マエストロ・デプリーストの作り出す音楽が、比較的感情を抑制的に表現されていたことも大きかったような気もするし。

でも結局は、ほぼ満席だったお客様がイチバンお分かりだと思うけど、今の都響の状態がよく表れた演奏だったと思います。当日公開ゲネプロにいらっしゃった方は、ゲネプロと本番があまりに違うのでびっくりされているんじゃないかと思うんだけど、やはり集中度の高い演奏だったんじゃないかと言う気がします。本番こうしてみんなで良い方に向かうことができて、演奏を楽しむことができました。


話は「都響の談話室」掲示板が先行してますが、実は都響のヴァイオリンOB、我々の大先輩で現在は佐賀市在住の久原興民さんが中心に立ち上げられたアルモニア管弦楽団というオーケストラの今年12月の定期で「ショスタコーヴィチの交響曲第5番」が大友直人さんの指揮で演奏されるそうで、6年前の記事中「K君」こと喜佐上君がトロンボーンのトップを吹かれるという実にメデタイ知らせ。本気で喜佐上君の演奏を聴きに帰りたいなぁと思っているところ。でも時は12月、スケジュール的にはチト難しいのです。。。

> ついに一生に一度のチャンスが巡ってきました。
> 12月のアルモニア管弦楽団第5回定期出演
> 一番トロンボーンです。指揮は大友直人さん。
> 曲は
> D.SHOSTAKOVICHI
> SYMPHONY NO.5 OP.47
> 生誕百年の年ショスタコビチは天国から私に
> チャンスを与えてくれました。すべての人に
> 感謝です。

というメールをもらったのですが、こんなにも純粋な気持ちで演奏会に臨めるのは、彼をおいて他にいないと思う訳で、彼を知る者としては、なんだか感動しております。

喜佐上君は高校卒業後、ずっとトロンボーンを続けていた訳ではなく、就職して一度完全に遠ざかってしまい、最近になって演奏を再開したという、僕たち佐賀西高ブラスのOBにとっては「伝説上のプレーヤー」(ちょっと言い過ぎかな ^^)なので、都合の付く方はぜひ聴きに行ってのご感想などをお待ちしたいと思います(最後は他力本願でスミマセヌ)。。。。。でも本当に行きたいですねぇ。残念。素晴らしい演奏会になるよう願っております。

それから演奏会の告知など詳細ありましたら「雑談の小部屋」掲示板へどうぞ。アルモニアさんのサイトが見つからなかったのでどなたかよろしくお願いします。

喜佐上君頑張ってね〜。もし大友さんにお会いできたら話しておきますからね(^^)
posted by こが@管理人 at 01:28| Comment(0) | TrackBack(1) | オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

日記・雑記(電脳系)+

またまた例によってあてもなくつらつらと書いてみますが。

九州の方の台風被害もかなり気になっています。佐賀の両親に電話をかけたところ風速が瞬間最大で50mとかになっちゃったようで、停電もあって大変な夜を過ごしているようですが、とりあえず無事とのこと。明朝明るくなってから被害の具合が分かるのでしょうけど、瓦が飛んだり、色々と大変だと思います。とにかく被害に遭われた皆さまお怪我の無いようにくれぐれもお気をつけ下さい。


で、まぁ都響の定期の事も書かなきゃなぁと思いつつ、このところ更新頻度が下がったのは、例の外付けHDDのトラブルから始まって、、、、いや、正確にはセキュリティ系のソフトの契約を1年更新して、新たにダウンロード&インストールしてから、不調なところが順繰りで次々に廻っている感じで、あっちこっち修復しては次が駄目になりと言うのを繰り返し、ちょっとテンション下がり気味。

システム手帳専用紙に予定を入れて印刷したり、うちのカミさん用に冷蔵庫に月間予定表を印刷して貼り付けておいたり、便利に使っているソフトがOutlook予定表と同期出来なくなり、それを何とか修復したら今度はザウルスが接続不能に陥り、予定表の管理は待ったナシなのでどうしようかとかなり焦る。

ザウルスの予定表は1996年1月分からおよそ7000件、アドレス帳は良く覚えていないんだけど、新日フィルに入団してまもなく、どこかのお仕事でいただいたシャープ製の電話番号と名前(カタカナ)が記録出来ますって言う電卓のようなものに打ち込んだデータをそのまま移行に移行を重ねて現在970件ほど。モチロン情報が古くて削除しなきゃいけないのを放置している結果だけど、まあそんな感じで、予定表約10年、アドレス帳約20年にわたってため込んで使い続けてきたんだけど、そろそろ見切りをつける時なのかなぁと。

シャープ製のザウルスというPDA(電子手帳)は時々当欄でネタにするので名前はご存じかもしれないけど、まあこの5〜6年ほどの進歩はものすごくて、最近はもう行き場がないんじゃないかと思っていたところ。だって、あとは進化すると小さなパソコンになるしかないんだもん。

060918_0056~02.jpgで、なぜか(^^;)写真右のウィルコムのシャープ製端末「W−ZERO3[es]」を購入。携帯電話機のお値段はご存じのように販売店に支払われる手数料を引いた値段なので、実際の小売り価格相当分よりもかなり安く買える。ポイントが使える場合もあるし。ちなみにデータ通信のみの契約で通話は出来るけど高いので使いません。

OSがついにマイクロソフトの「Windows Mobile」というものになり、母艦のPCとのデータ同期も驚くほどスムーズで速い。しかし説明書をちゃんと読んでないこともあって、まだまだ文字入力が不自由で、「・」の打ち方が分からず当欄の更新を断念したほど(^^;)情けねぇ〜。シャープ製なのでザウルスと同じかと思っていたらずいぶん違ってとまどう。

予定表の1ヶ月表示、1週間表示には内容が表示されないので、ネット上から便利なシェアウェア(代金を払う形のソフト)をダウンロードして試しているところ。色々あって使い勝手を比べてひとつを購入しようと思います。

あ、それから外付けHDDの修復が完了したとメールが来ました。いやぁホッとしましたね。ファイルのリストが添付されていましたが、GR DIGITALのお写真も無事復活出来たようです。あとは代金を払うだけなんだけど、さてどうやって捻出するか、、、、


((
匚P


スタバーなネタもしばらくご無沙汰しておりましたが、このところ季節の変わり目で、いつものオーダーを冷たいものにしたり温かいものにしたり気まぐれなので、僕のオーダーを覚えてくれている店員さんにはかえって迷惑をかけてますね。どこかのスタバーなブログで拝見したんだけど、「Pen」という雑誌の記事で、詳細は略しますがあるアメリカ人のお気に入り「5ショットラテ」と言うのがずっと気になっております。しかもそのカスタマイズは「Luke」って名前が付いていて、カップにも「Luke」って書いてあるんですよね。かっこいいなあと、単にそれだけなんですが。

あ、スタバーの先輩がシカゴから帰国されました。ラテはやはり日本の方が美味しい!と断言されてました。さてファイブショットのお味はどうなんでしょうか。そのうち店が空いている時にでも試すので、お店の方読んでいたらよろしくお願いします(笑)。

posted by こが@管理人 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳小物系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

スタジオ仕事

060913_1553~01.jpgまだまだ出先なんですが、時間が空いたので書き込みしております。今日は村田陽一君に呼ばれて録音のお仕事、港区方面へ行っておりました。トロンボーンセクションは4人という贅沢な編成というのを聞いていたので楽しみにしていったんだけど、、、、

僕が吹いたのはごらんのようにバストロンボーンのパート。テナー4人の発注だったらしいんだけど、行ってみたら一人はバストロパートだったということらしいのですが、持って行っていた楽器はもちろんいつものテナーバスなので、まぁ何とかするしかあるまいということで、ニセバストロとしては初めてテレビCMに登場してしまいます。

テナー3人とバストロ1人という編成の場合、マイクはたいがい2本立てられて、テナー3人が1本。そしてバストロは1本独立した動きをするので1本まるまる使わせてもらいます。普段何気なくバストロの人はマイクが専用でいいなぁと思っていたんだけど、実際座ってみるとホント緊張モノ。本当に冷や汗大汗かきかき吹かせてもらいましたが、幸い何とか吹ける音域と単純な音形だったので、終わってみたら何だか楽しかったなぁと。オンエアが楽しみであります。公開されたらどこかで告知しますね。
posted by こが@管理人 at 18:01| Comment(2) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

芸大トロンボーンアンサンブル

どうもうちのメインのPCも調子悪いのでとりあえず携帯メールからの投稿です。

金曜日から上野の芸大キャンパスを中心に大学祭「芸祭」が開かれてます。明日、日曜日は最終日です。

で、上野公園の広小路の入口あたり(ヨドバシとか交番のある方)広場で学生のトロンボーンアンサンブルの野外ライブがあります。時間は昼の12時45分からということです。詳細は僕も知らないので、甚だ無責任な感じではありますが、お近くの方は是非おいでくださいね。僕も都響のリハーサルなんですが、ちょうど昼休みなので、昼飯抜きで行ってみようかと思います。何が飛び出すかお楽しみに(^^)。場所は多少移動することがあるかも知れないので、少しご注意ください。
posted by こが@管理人 at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

日記雑記

例によって、昨日の雑多なことをつらつらと綴ってみます。

昨日は初めてのパターンだったんだけど、午前中ホールで練習、午後ホールで都響の音教。指揮者はなんと札響でご一緒した方でした。司会は朝岡聡さん。相変わらず話術が冴えています。会場が池袋の東京芸術劇場で、立派なパイプオルガンがあるので、生徒さん達はオルガンの演奏も楽しめて、ホント羨ましいなあぁなんて思いました。リハーサルの時に地震があってちょっとヒヤッとしましたが、たいしたことなくて良かったです。

その後、前回の記事の続きで、みぼちゃんさまからアドバイスをいただいたりして、読み出せなくなった外付けHDDのデータ修復のためにメーカーのサポートに電話したり、HDDデータ修復の専門業者さんを探したりしましたが、結局北区にある小さな業者さんですが、技術的にも料金的にも誠実に作業してもらえそうだったので、直接持ち込んで診てもらいました。

診断の結果は、ほぼ100パーセント修復可能

という有り難いお言葉で。。。。。いやあヨカッタ。

料金はデジカメ2台買えそうなお値段だけど、でもざっとネット上で見回った修復業者さんの中ではかなり良心的。

前記事のコメント欄に投稿したのとダブってしまうんだけど、セキュリティソフトに関連したソフト的な故障ではなくて、外付けHDDのケース内に内蔵された電源部のコンデンサが焼き切れていて、そのために動作異常が起こっていた模様。業者さんのお話によると、部品のコストダウンのためか最近こういう故障で持ち込まれることが多いそうな。みぼちゃんさんの書き込みにあるように、HDDは100GBを越えるような大容量が当たり前なので、CD-R DVD-Rなどに書き込んでバックアップと言うのも難しいし、デジカメ画像関係の保存はこれから先、外付けHDD2台を考えることにします。あと、電源は内蔵の方がコンパクトで良いのですが、やはり大事なデータを扱うと言うことを考えると、本体と別になっていた方が放熱という面からもより安全ですね。



で、HDDを業者さんに預けてもなお時間が余ったので、とりあえず上野に行く。例によってスタバに寄って、軽食と飲み物をテイクアウトにしてもらう。店員さんは「席空いてませんか」とすまなそうに気を使ってくれるんだけど、まあ夕方だし仕方ないですねぇ。都響の楽員室に戻り、急いで食べて用事を済ませ、川口へ。

駅前のリリア音楽ホールで読響首席のくわた君のリサイタルを聴く。(クワの字は正しく表示出来ないことがあるので平仮名)

まぁ僕もプレーヤーの端くれだし、リサイタルという、一人のプレーヤーとして一大事業を成し遂げた人が一番偉いと思うわけで、ホント尊敬に値します。その上演奏については本当に彼らしく自在で素晴らしい演奏だったので、またまた例によってやる気を無くしながらも打ち上げに参加させてもらう。

ご存じの通り彼はヤマハさんの顔としての仕事もあり、またお客さんも先生から同僚、音大生、愛好家までと相当のプレッシャーがあったはずなんだけど、少なくとも演奏にはプレッシャーなど微塵も感じられなかったですよ。と、僕が言うのもはなはだ的はずれな気がするし、本当に大らかな人柄の感じられる素晴らしい演奏会でした。詳細については、まだまだ札幌、函館公演を控えているので割愛です。

打ち上げは本当に賑やかで楽しい会でした。吉川君、くわた君、門脇さん、そして僕と元新日フィルと、現新日フィルの団員が勢揃い。昔話なんか似合わないよなぁと思いながらも結局昔話に花が咲く。何だか不思議な感じ。

このところ電車の中に本番用衣装の上着を忘れて迷惑をかけたり、昨日は不可抗力ではあるにしろ画像データが一時的になくなったり、モノをなくすことがホント多いなぁ。2度あることは3度あるかもしれないので、とりあえず気をつけます。

posted by こが@管理人 at 10:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

ガ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

PCにトラブルは付きものなんだけど、あんまりだ〜〜〜。

このところ手帳やら予定表を作るソフトがOutlookと同期出来ずにメーカーのサポートとメールのやりとりしたりして復旧に努めておりました。

そちらの方は何とか復旧出来て、ヤレヤレだったんだけど、まあこれで2回目なんだけど、ウィルスセキュリティ系のソフトウェアを更新するといろんな事が起こるんですよねぇ。。。

で、今回でたエラーメッセージはなんと

「遅延書き込みデータの紛失 ファイル drive_letter:\file_path\file_name のためのデータを一部保存できませんでした。データを損失しました。このエラーは、コンピュータのハードウェアまたはネットワーク接続の障害によって発生した可能性があります。このファイルをどこか別の所に保存してください。 」

って言われてもねぇ(笑)。よくよく調べてみると、わざわざ外付けHDDにして安全に保管しようと思っていた、デジカメやらフィルムをスキャンしたデータがダメージを受けてしまい、特にGRDで撮影して保存したデータフォルダがなんと

「カラッポ!!」

画像ファイルは残っていても開けないし。他は喪失という状態。。。。

普通ならここで、茫然自失と言う所なんだろうけど、前にも一度経験があるので、とりあえず復旧ソフトというもので自分で何とか復旧するか、業者をさがして専門家に依頼するか。ネット上でHDD修復とか復旧でググるとかなりの業者が見つかります。しかし、料金表はどこも信じられないくらい高いし、、、、安いところは信用出来ないのか?それとも、、、、??

とにかく電源を切ってコードも外し、どうしたものか途方に暮れております。。。。多少気に入ったものはiPodに入れたり、あとブログにアップしたものは、リサイズしたものですけど、サーバー上にそれは残っているんだけど、その他子供の写真やら諸々、、、、いやあやられました。果たして業者さんのサイトのうたい文句のように復旧出来るんでしょうかね〜
(´ヘ`;)とほほ・・
posted by こが@管理人 at 09:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

札幌〜鹿追町11画像(GR DIGITAL)

前回の続き、今回は写真中心の投稿。すべてクリックで拡大します。
R0012421.JPG

R0012424.jpg

R0012480.JPG
まずは機上の写真から。カメラのモニタ画面だけではホント分からないもので、パソコンで大きくしてみると、結構映り込みが多くて、なかなか良いショットがありませんでした。でも上の3枚から積乱雲の雲海のスケールの大きさとか夕焼けの色は伝わるかと思います。2枚目はモノクロで撮影してみました。

R0012501.jpg

R0012532.JPG

R0012490.JPG
次の3枚は札幌編。2枚目、夕焼けが撮れそうだと思い、急いでJRタワーの38階展望室に行ったんですが、雲が出てきてしまい期待はずれ。よって、薄暮の景色となりました。3枚目は今回泊まったノボテル札幌を見上げたアングルです。すっかり秋の空。こういう写真はGRならではと思います。

R0012543.JPG

R0012579.JPG

R0012554.jpg
鹿追町総合スポーツセンターのステージと近所で撮ったバスの後部。3枚目はモノクロ、昭和3年製造の8600型蒸気機関車。同年開設された北海道拓殖鉄道で昭和43年の廃線まで活躍したそうです。

R0012566.JPG

R0012578.JPG
最後は作品っぽい写真2枚。薄雲がかかった状態で太陽の周りに光の輪ができる現象が出現。特に何もいじっていないのですが、なんだか幻想的な画が撮れたかなと、ちょっと自己満足ですみませぬ(^^;)



最後になってしまいましたが「祝!GRブログ開設1周年」おめでとうございます。トラックバックする勇気はやはり無いんだけど、1周年記念と言うことで便乗トラバお許し下さいまし。

GR BLOGが無かったら、GR DIGITALはまだ購入に至っていなかったと思います。同じカメラで撮影された多くの方々の写真を拝見するのは本当に楽しいです。だから期間限定から延長された時は本当に嬉しかったですね。リコーの方々応援しております。これからも頑張ってください。
posted by こが@管理人 at 23:03| Comment(5) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする