2007年11月29日

GR DIGITAL完治しましたε=(´。`) (写真追加)

HI390204.JPG修理が終わった我がGR DIGITALが昨日宅配便で送られて来ました。

試し撮りあれこれやってみましたが、今のところ快調そのものです。ファームウェアも最新のバージョンに書き換えてあって、また新しい機能が追加されていました。

今回は技術者の方のお手紙付き。すごい誠意を感じました。技術者の方もきっとGR DIGITALに愛着と誇りを持っていらっしゃるんですね。新型のGR DIGITAL 2も気になりますが、極めて完成度の高いこの初代GRDをこれからも大事に使っていこうと思いました。

(昨日GR DIGITALで撮った1枚です)
R0015285.jpg


posted by こが@管理人 at 00:08| Comment(4) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

毎度お馴染みの出没情報(再掲載)+

直近ですが都響のトロンボーンセクション3人でトロンボーントリオの無料ミニコンサートやります。それから12月6日はTMTQと4 Bone Linesのライブ三昧!!


東京都交響楽団のメンバーによる「トロンボーン三重奏の夕べ」
12月26日(月)11月26日(月)(訂正) 17時スタート、約30〜40分間

場所:新宿西口イベントコーナー チャリティ古書まつりの中で開かれます。場所はJR新宿駅西口(Yahoo!地図)たぶんこの辺の地下です。

出演:都響トロンボーントリオ(古賀慎治、井口有里、井上順平)
曲目予定:
■A.チェイス作曲 8つのトロンボーントリオより
■F.J.ハイドン作曲 弦楽四重奏曲Op.33 No.2“The Joke”より
■歌曲集
 ・サンタルチア ナポリ民謡
 ・庭の千草 アイルランド民謡
 ・菩提樹 シューベルト作曲
 ・もみじ 
■ヘンデル作曲 アリア(オペラLinaldoより)
■モーツァルト作曲 ウィーンソナチネよりロンド(モーツァルト作曲6つのウィーンソナチネの第1番)
■ピクニック(キャンピングソング)
■フォスター作曲 草競馬


財団法人東京都道路整備保全公社の公式サイト
http://www.tmpc.or.jp/index.html
新宿西口イベントコーナーのページ
http://www.tmpc.or.jp/contents/event/index.html


12月6日(木)13時〜13時40分
東京文化会館ティータイムコンサート
出演:都響トロンボーンカルテット(TMTQ)

小田桐寛之、古賀慎治、井口有里、井上順平

曲目:曲順や詳細は未確定です・・・ゴメンナサイ
JACOB / SUITE FOR FOUR TROMBONES
KREISLER / LIEBESFREUD
POULENC / LES CHEMINS DE L'AMOUR
KANDER / NEW YORK,NEW YORK
THATS A-PLENTY
JUMBOS HOLIDAY  他

東京文化会館のページ
http://www.t-bunka.jp/shusaikouen/teatime/teatime06.html
都響のページ
http://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/detail/index.php?id=3181



同じく12月6日(木)
4 Bone Lines 調布GINZ ライブ
19:00 OPEN
LIVE TIME 19:45〜 & 21:30〜
前売り\2,500当日\3,000
作編曲,Loup村田陽一、古賀慎治、池上亘、黒金寛行
新作が入ります!!

GINZ公式サイト
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/ginz/






少々ご無沙汰しておりました。なんだかいかんともしがたい更新しづらい状況があって・・・・・まあネタが切れたわけではないので、これから徐々にペースが上がればなぁと思います。

11/02の記事でGR DIGITALとGX100の修理入院のハナシを書いたんだけど、GX100は今のところ完治。ところがGR DIGITALの方が再びフリーズの連続でとても騙し騙しという状況じゃなくなったので再び銀座のリコーサービスセンターに入院。

GRDはとても良いカメラだし、自分の手にしっくり馴染む大事なものなので、悪く書くつもりはないんだけど、それでも愚痴りたくなるレベルの故障をしちゃったので、今はホント寂しい限りです。週明けに修理して送られてくると思うので、今度こそ元気になって帰ってくるものと期待して待ってます。

しかしGRDに対して抱く愛着はGXには涌かないもので、なんだか不思議だなあと。友人は何回も修理に出せばそのうちGR DIGITAL 2(新型)に替わるんじゃないかと言うのですが、すでに今4回目の修理なので、かなりの部分が交換されて新しくなっているのは事実で、まあ密かに新品にならないかなと・・・・・・いやそんな甘いことは無いんだろうけどね。

posted by こが@管理人 at 01:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 出没予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

白鳥の湖全幕(自身初)

今日は初日でした。拘束時間が長いのは、まぁわかっていたので覚悟の上なんだけど、とにかく集中力を要します。休憩時間はホール目の前にスタバがあるので、危うく3回行くところでした(^^;)

残念ながらバレリーナさんの動きが全く見えないステージ寄りの席なんだけど、コンサートとはまた違ったテンポや間の取り方が新鮮。その分神経も磨り減るけど。

実はピットで白鳥の湖全幕は初の経験なので、怖いながらも未知の世界を旅する面白さがあります。周りはベテランプレイヤーの多い臨時編成オケ。皆さん頼りにしてます。明日も頑張ります。
posted by こが@管理人 at 23:26| Comment(3) | TrackBack(0) | ケータイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

かくしてGR DIGITALとGX100は入院中

HI390170.JPGGR DIGITAL Uが、僕的にはしばらく様子見モードで、初号機がちょっと不調なので、長く使うつもりで再入院させることにしました。症状は2〜3日電源を入れないと、かなりの確率でフリーズしてしまうと言うこと。果たして今度は治って来るかな。

それからGX100はかなりびっくりするくらい大きなゴミがCCDに付着して困ったので入院です。

まあ銀座のリコーサービスセンターはかなり良い感じの応対してくれるので、まあ少しの間ガマンしますが、カバンにカメラがないと寂しいです

写真は帰りしなに思い出して、GR DIGITAL Uのカタログを貰って来ました。小売店にはまだ置いてないかも。

銀座のリコー近くにスタバがあるのですが、手動のマルゾッコでかなり美味しいソイラテを淹れてくれます。ぜひマグカップで。フォーム(泡)が違うような気がします。
posted by こが@管理人 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(1) | ケータイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

「GR DIGITAL U」発表

やはり予感通り(笑)、噂通りに「GR DIGITAL U」が発表されましたね。数字的には画素数が上がって、バッテリーの持ちが良くなって撮影枚数が増え、電子式の水準器がついて、、、まあコンセプトは普遍と言うことで、デザインを含めほとんどサプライズのない堅実な、GRらしい進化という気がします。

で、GR DIGITAL初号機とGX100を所有する身からすると、「GR DIGITAL U」は即買いたいほどのインパクトがあったかというと、じつは無かったですね。

でもがっかりした訳じゃないです。

GR DIGITALは実際に触ってみて、撮影してみてその良さが分かると思うので、ネット上のサンプルとニュースだけじゃ何も分からないと思っていますので。

11月中旬の発売だそうなので、購入される方々のブログが更新されるのが楽しみです。実際に購入して使ってみた方々の感想が一番参考になります。

しかし、かの某掲示板の関連スレッドですが、ずっと眺めてきましたが、所々で今発表後に思い返せば、おっ!と言う本物の情報が出ていましたな。まあ巧みに紛れ込ませてありますが、メーカーの人がチョイ出しして周りの反応を見ていたとか、あるのかなぁ。

とりあえず僕は今のGR DIGITALを使い続けるつもりです。最後のファームアップが近々あるようですが、1対1のスクエアフォーマットだけは使えるようにして欲しかったなぁ。それだけが今回のニューモデル発表&旧モデル最終ファームアップに関する唯一の不満。


プレスリリースとかニュース関連
http://www.ricoh.co.jp/release/by_field/digital_camera/2007/1030.html
http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/digital2/index.html
http://blog.ricoh.co.jp/GR/
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2007/10/30/7312.html
posted by こが@管理人 at 08:06| Comment(4) | TrackBack(2) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする