2007年12月30日

メトロポップ(申し込み締め切り注意!)

新年早々締め切りですのでお申し込みはお早くと言う感じなんですが、久々にメトロポップが公の場での出演です。


第40回東京都福利厚生事業団都民コンサート
ちょっとリッチにアフター5〜都響メンバーによるアンサンブル・コンサートVol.3〜
<都響メンバーによるビッグバンドの世界>



ということで、都響公式サイトに情報がアップされております。詳しくは
http://www.tmso.or.jp/j/topics/index.php#20071026
こちらをご覧頂きたいのですが、ご存じ?「メトロポップ」久々の本格コンサートです。スペシャルゲストはすぎやまこういち先生!!


【日時・会場】 2008年2月25日(月)19:00開演(18:00開場)

東京文化会館小ホール

スペシャルゲスト(指揮とお話)/すぎやまこういち

【実施概要】 都内在住・在勤・在学者とその家族600名様をご招待。
【締め切り】 2008年1月18日(金)必着



お申し込みは往復はがきのみのようですね。それから都内在住・在勤・在学者とそのご家族が応募できると言うことですので、お忘れなく。いやあ楽しみ楽しみ。。
posted by こが@管理人 at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 出没予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末の雑感++

久々にアテもなく書き始めているので、読みにくくなると思います。

今年もいよいよあと2日。自分としてはどんな一年だったのかと振り返るヒマもなく時間だけが無駄に過ぎている感じです。今回は毎年恒例、とってつけた感じで振り返ってみようかなという回。

自分が籍を置く演奏活動の中心の都響、それからカルテットのTMTQと4 Bone Linesの活動は1年を通じてなかなか充実していたように感じます。最近は何しろ時々自分は何が専門なのか分からなくなってしまうことも多々あるので、やはり軸足はプレーヤーとして上野の文化会館にシッカリ置いておこうかと(笑)思います。

エキストラ参加関係では、今年のトピックはなんと言っても「トヨタ・マスター・プレーヤーズ・ウィーン」に参加できたこと。ベートーヴェンの田園のみアルトトロンボーンでの参加だったので、あまり吹くところは無かったんだけど、自分としては違和感なくアンサンブルに入れたんじゃないかと感じられたのが大きな収穫でした。で、やっと公式サイトにも掲載されているのを発見したので書きますが、来年のツアーもAプロBプロに出演します。今度は予想通りベートーヴェンの運命ですが、他にテナートロンボーンも必要になってしまうので、移動含めてちょっと大変だなぁと思います。

トヨタ公式サイト


話ちょっと変わって、、、

正直言って、この秋冬シーズンはオケ以外に抱えている仕事が多すぎて、ブログどころじゃなかったわけですが、お陰様でなんとか年を越すところまでたどり着いた感じです。仕事自慢じゃないですよ!毎度のことながら。。。


と、ここまで書いて思うのは、実名ブログの難しさですかね。

なんのためにこうして実名で駄文を書いているのかと言うことも、ちょっと曖昧になってきたんだけど、しかし自分の思っていること、感じていることになるべく素直に書こうという思いだけは変わらずにあるわけですが。

ネタの選び方というか書く事柄は、なるべく明るいこと、楽しいこと、前向きなこと、ポジティブなこと、、、

愚痴やら誰かに向かって言う文句とか、不平不満の類を書くつもりは無くて、日常起こったことのいわば良いところのみ、ネタの対象になっているわけです。しかもそれがずーっと表示されるわけですね。そりゃ良く見えるかも知れません。でもたまに弱音も吐いているのですが。。。

余所様のブログでもちょこっと触れていらっしゃる方もいたんだけど、ブログ主がよほど心と時間に余裕があって、幸せいっぱいな毎日を送っていると勘違いされる方も中にはいらっしゃるのかなぁ?どうなんでしょ。

でも実際はそんなことはないし、毎日良いこともあれば、そうでもないこともありますよそりゃぁね。人生いろいろです。僕はあくまで読む人が不快にならないようにと言うことを基準に考えているのですが、いかんせん表現するための作文能力の稚拙さは、ご存じの通り。

で、結局書くことをどんどん自己規制していく感じになってしまうので、更新頻度は落ちていくのですが、これから先ホントどうしようかなぁと、考えさせられた、この半年弱でした。いっそ匿名のブログをどこかに作り直そうかとも思ったんだけど、やはり実名でないと僕の場合はやっていく意味がないのかなと思うし。仮に匿名にしても、トロンボーンネタを書いて文章がこの程度だとすぐにバレるでしょうしね〜(^^;)

まあしかし、今年一年も当ブログにお越し頂いてありがとうございました。来年もぼちぼちと、やらせて頂きますのでよろしくお願いします。

新しい年が皆さまにとって良いお年でありますように。

posted by こが@管理人 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

4 Bone Lines Blog スタート!!

自分のブログからのリンクが一番遅れてしまい、恐縮です。うっかりしてました(^^;)

村田陽一君、池上亘君、黒金寛行君と一緒に活動している4 Bone Linesですが、来年前半にもCDのリリースを予定してます。そのため1月はスタジオ通いが増えそうです。

メンバーの生の声を綴っていこうと、ブログをスタートしております。
4 Bone Lines Blog
http://4bonelines.seesaa.net/


久々になんだか大きなプロジェクトが動き出した感じです。レコーディングに関する情報なども随時というか、ほとんどリアルタイムに載せていけたらなぁと思ってます。良かったらブックマーク、良く分かっていないのですがRSSの登録などよろしくお願いします。コメントもお待ちしてます。
posted by こが@管理人 at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

訂正とお詫び

mixiで指摘されて判明しましたが、11月26日月曜日に開かれた都響トロンボーントリオ無料コンサートの記事
http://ktrb.seesaa.net/article/68940831.html
のなかで、11月26日(月)と表記すべき所を12月26日(月)というタイプミスとチェックミスをしてしまいました。

12月26日は水曜日で、都響のサントリーでの第九に出演中です。お詫びして訂正させて頂きます。
posted by こが@管理人 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 出没予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

マエストロ・インバルのマーラー6番 悲劇的

7番の記事を書いたので、6番の記事も書かなくてはと思いつつ、今日は休養日にしてました。オケのみんながみんなキツイと感じていた訳じゃないのだろうけど、僕には立て続けの7番と6番の2曲はしんどく感じましたね。でもそれ以上にオーケストラの醍醐味をステージ上で存分に感じながら演奏できました。

マエストロの練習の3日間は日に日に厳しさを増すのかと思われたんだけど、実際は5分早めに終わったり、30分遅く始まってみたり15分くらい早めに終わったり。要求される内容の厳しさは相変わらずでした。

ゲネプロはシッカリ練習になっておりました。

マエストロもお歳を聞いても信じられないくらいお元気だし、作品の内容の濃さ、たとえ2番トロンボーンであってもぎゅっと凝縮された内容が詰まった感じで、今回も作曲者のすごさを感じましたよ。

本番では、トロンボーン吹きにはいろんな意味でたまらない(^^;)最後の最後のコラール、正確にはテューバから始まるクインテット。いやあ痺れますね。長い曲を吹ききった最後に用意された重要な部分をトロンボーンとテューバの5人に託されているわけですから、プレッシャーもそれなりだけど、演奏終わった後の達成感もまた格別。

ちなみにCDになっているベルティーニさん指揮の本番前にはベルティーニさんご本人から直接猛烈なプレッシャーをかけられたっけなぁ。懐かしい話です。

次はいよいよ年末の恒例、第九です。アルトトロンボーンで参戦です。

posted by こが@管理人 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

永濱メモリアル・コンサート

と銘打ったトロンボーンアンサンブルと金管アンサンブルの演奏会を来年1月27日日曜日に開きます。

詳しくは下のリンク先にブログを立ち上げておりますので、そちらをご覧ください。

永濱メモリアル・実行委員会ブログ(携帯からも閲覧可能です)
http://nagahama-memorial.seesaa.net/


当欄でも過去、記事にした通り、僕の芸大でのトロンボーンの恩師、永濱幸雄先生がお亡くなりになって今年の暮れで三回忌を迎えます。日芸と芸大を中心にいろいろなところで教えていらっしゃったので、門下生の方々は日本中にいらっしゃると思います。

永濱先生からはトロンボーンや音楽にとどまらず、人生や異性関係に関すること(笑)まで、いろいろと影響を受けました。まさに自分の人生の師であります。ただ残念ながら僕はお酒が呑めないので、お酒に関することはどなたか他の方にお任せしますが。。。

三回忌をきっかけに門下生が集まって、単なる追悼コンサートにしない永濱先生の志を後輩達や多くの皆さんに伝えられるような発展的なコンサートにしたいなと、実行委員会を立ち上げて準備に当たっております。

日曜日のお昼過ぎ14時開演。場所は墨田区の曳舟文化センター。少々不便に感じるかも知れませんが、アクセスは良好、駅からも近いので、ぜひ多数のご来場をお待ちしております。


永濱メモリアル・コンサート

開催日:2008年1月27日(日)

場所:曳舟文化センター
住所:東京都墨田区京島一丁目38番11号
電話:03-3616-3951
交通:京成線京成曳舟1分、東武線曳舟3分、
最寄りバス停「曳舟文化センター」


開演14:00(開場13:30)
入場料:2,000円(全席自由)
posted by こが@管理人 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

マエストロ・インバルのマーラー7番

練習から本番まで、とにかく密度の濃い時間だった。演奏は大変だったけど、終わった後の充実感はやはり何物にも代え難く、、、

冒頭テナーテューバの後藤文夫さん、確信に満ちた力強いキャラクターのソロが本当に素晴らしかったです。ブラヴィッシモでした。

久々にマエストロ・インバルと、かつてマーラーオケとして有名だった?都響のがっぷり四つ。かつてとしたのは、マーラーオケというイメージに反して最近の実情はオケの編成が様々な理由によって(メンバーの意に反して)小さくなってしまったことと、インバルさんが振りに来られなくなってから、相当数の楽員の入れ替わりがあったと言うことで。

都響がマーラーをたくさん演奏していた時期の最後の方で僕は都響に移籍したんだけど、先輩から後輩へこういうときはこう演奏するとか、こういう時のテンポやら間の取り方はこうしようとか、結構いろんな伝達事項がどこからともなく伝わってきます。それが伝統というものでしょうか。特に首席に座っているプレーヤーの方々で、ベルティーニさんやかつてのインバルさんの時代を知らない人もいます。しかしながら、今回はインバルさんによって、眠っていたマーラーオケとしての側面の目を覚まされた感じですね。

しかしまぁ練習はきつかった。曲が曲だけに仕方がないんだけど、しかもマーラーの7番はあまりやらないので、練習にはかなりの時間がかかります。でも無駄な瞬間は何もない。

僕自身は今回2回目。古巣の新日フィルで小澤さんで2回ぐらい本番がありました。入団間もない頃なので、20年近く前。2ndの席は確か現N響の吉川君だったか。それでもいろんなことは覚えていました。小田桐さんは都響でチクルスを何度も経験されていて、これで何度目だろう?と言う感じだそうです。僕も予習と練習の準備はするのですが、やはり経験値はかなり大事です。本番中、テンポがどう揺れるのか、先が読めるようになりますしね。経験値が高いと積極的な演奏が出来るようになります。

しかし都響にはまだまだマーラー経験値の高いプレーヤーが多いんですね。本番中にいろんなことが起こっても、アンサンブルは崩れません。マエストロ・インバルの指揮は複雑きわまりないマーラーの音楽が実に簡潔で明快に感じます。ゲネプロが公開だったので、そこでもシッカリ通したので、まるで2回本番だったわけですが、71歳になられるというインバルさんが一番お元気だったかな。マーラーの専門家というのも大曲ばかりで大変だと思います。

posted by こが@管理人 at 08:03| Comment(1) | TrackBack(2) | オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

クリスマスのイルミネーション

お写真のみの投稿でアレですが、せっかく直ってきたGR DIGITALで撮った、オペラシティのクリスマスの風景など。よくよく見るとブレたりしていますがご容赦ください。秋のものもあるのですがちょっと過ぎてしまったので、ボツ。前々回の記事にあるお気に入りのショットがこの秋一番のお気に入りです。


R0015448.JPG
巨大クリスマスツリーをオペラシティのビルを下から見上げたのと合わせたアングル。三脚もなくハンカチを台にして2秒間の露光頑張ってみました。


R0015454.JPG
これはもともとある人間が空を見上げたような芸術的な造形物(なんと呼ぶんですかね?)と季節モノを組み合わせて撮ってみました。手持ちで3分の1秒のシャッタースピードは、頑張ってみたもののだいたいブレます(笑)


R0015464.JPG
こちらは帰りに初めて寄ってみた新宿のサザンテラスのイルミネーション。右奥はかの有名なドコモの時計台ビル。帰りはモチロンスタバに寄ってソイラテをすすりながら帰還。しかし今年の冬の訪れはちょっと遅いような気がします。
posted by こが@管理人 at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

一日2カルテットの日、個人的な雑感など

いやあ〜時間が来ればちゃんと終わるものです(笑)


R0015470.jpg正直言って乗り越えられるかかなり不安なものがありましたが、なんとか周りの皆さんのご協力のお陰で昼13時から都響トロンボーンカルテット(TMTQ)で東京文化会館無料のロビーコンサート(司会兼)と、夜の部調布のライブハウス“GINZ”での4 Bone Linesのライブ2セット。

そもそもなぜ同じ日に違うカルテットの本番がセッティングされなければならないのか、1日でもずれていればこんなに苦労しなくてもすむんだけど。

まあ僕がOKしさえすれば、両方とも開催できると言うことだったので、ホントみんな忙しい時期、忙しいプレーヤーばかりで、なかなかスケジュールを押さえるのが大変なわけで、素晴らしい仲間、プレーヤーと演奏会を開く、出演させていただくことに意義があると思うわけです。


HI390224.JPG文化会館もGINZもホントたくさんの皆さんに来ていただきました。特に文化会館は拙い司会までお聞かせすることになってしまい、まったくもって恥ずかしい限りで。しかし両方のアンサンブルも本番を1回1回重ねていくたびに良くなっている気がするので、頑張って良かったなと思います。


個人的には両方共に新曲が多かったのでとにかく譜読みや練習時間確保が最大の難関でした。あと例によってプレッシャーやストレスが溜まってくると決まって出来てしまう“口内炎”が、下唇裏のマウスピースのリムが当たるところにこのところ頻発していて、治療のため直前にもかかわらず1日楽器吹くのを控えたりいろいろやりました。市販の口内炎の薬6種類とうがい薬2種類(^^;)でなんとか大事に至らないところで押さえ込むことに成功。(あ、全部一度に使った訳じゃないですよ。お薬の使い方は説明書を読んで正しくね!)

でもコンサートが終わると、さーっと引いてしまうんだよなあ、全く困ったもんだ(笑)

さて、録音を聴いて反省反省(^^;)



posted by こが@管理人 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする