2008年08月30日

東京音楽コンクール金管部門結果速報!

日付の上では昨日、東京文化会館大ホールで行われた渡邊一正さん指揮、東京フィルハーモニー交響楽団伴奏による審査会で、藤原功次郎君がトマジ作曲のトロンボーン協奏曲を演奏し、見事優勝されたそうです。あわせて聴衆賞も獲得。僕はサントリーホールで本番だったので聴くことが出来ませんでしたが、取り急ぎお知らせします。

僕は都響の金管五重奏で、先ほど長野県の佐久市に入りました。あした(今日)クリニックと合同演奏、クインテットの演奏会などで、朝から晩までですが、がんばります。地元のかたがたよろしくお願いします。

東京音楽コンクール結果のページ
http://www.t-bunka.jp/onkon/06nyushousha/06_list.html

第6回東京音楽コンクール優勝者コンサート
http://www.t-bunka.jp/sponsership/spo_b_2.html
開催日程 2009年2月22日(日) 14:30開演(14:00開場)

会場 東京文化会館大ホール

出演 ソリスト:ピアノ、弦楽、金管、声楽各部門の優勝者
指揮:梅田俊明 管弦楽:東京都交響楽団

2月22日、都響の伴奏です。楽しみです。
posted by こが@管理人 at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

夏休みの工作!宅練用コルクミュートの制作

m10.jpg当サイトのトロンボーンブログ、少々更新が滞っておりますが、1年ぶりに記事1本あげました(^^;)

夏休みの宿題、工作のつもりで、手持ちのコルクミュートが破損したのでその補修ついでにもう一つ新型改良版を作ってしまおうという、安易な動機。でも出来上がりには大いに満足です。

詳しくはこちらの方まで。

過大な期待は持たないで頂きたいのですが、シンプルで長く使えるものです。自宅で軽く音が出せる環境にいらっしゃる方は役に立つかもデス。また、楽器店などのスタジオを借りて練習する時も、狭い場合が多いので役に立つと思います。詳しくはトロンボーンブログをご覧くださいね。



posted by こが@管理人 at 03:14| Comment(3) | TrackBack(1) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

母校の吹奏楽部(追記あり)

まだまだ吹奏楽コンクールの季節ですね。

わが母校の佐賀市立成章中学校吹奏楽部が九州吹奏楽コンクールで創部以来初(僕が知る限り)となる、九州代表となったそうです。松本さん連絡ありがとうございました。

北九州吹奏楽連盟のページ
http://www.kita9-ba.jp/90info/2008/08/20080817.html

後輩の皆さん、いやーがばい頑張ったね!おめでとう!!
関係者の皆さまおめでとうございます!!

普門館に行けないかスケジュール確認しよう。そのまえにチケットはどうやって手に入れるんだろう??

いやあかなり舞い上がり気味です(笑)

追記>>
posted by こが@管理人 at 22:09| Comment(7) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

合宿

昨年あたりから千葉大学管弦楽団の金管セクション練習をぼちぼちみさせていただくようになりました。もともとトレーナーとして都響の先輩方が参加されていたので、その流れで呼んでいただきました。

つい先日、仕事の都合上1泊2日だけという本当に申し訳ない短い時間だったんだけど、合宿に参加させていただきました。僕は初日と二日目だったんだけど、学生達は今日あたり打ち上げなんじゃないかと思います。さてどういう合宿になったんでしょうかね。実は僕の後にJI先生ご参加と言う事で、超充実の合宿になったものと思います。

実を言うと、合宿というものにお呼びいただくのは何年ぶりか分からないくらい久々で、いろいろと勝手が分からず、あたふたしたまま宿を後にしてしまった感じ。お役に立てたかどうかは、うーん・・・・・

講師は基本的にレッスン時間以外は自由なので油断していたんだけど、せっかくの温泉に入る時間も分からないまま夜の宴会に突入(笑)。下戸の身にとって合宿の宴会はなかなかハードルが高いです。でも、今は飲酒を強要される事もないので、楽しい時間を過ごさせていただきました。過去に呼ばれた合宿の中には、自己紹介の場で佐賀の出身というひとことで、ラーメンどんぶりに焼酎なみなみに注がれて出てくるなんて恐ろしい事もありました。どうやってその場から逃げたのかは思い出せないのですが。

R0016668.JPGで、写真は千葉大のトロンボーンとテューバセクションの皆さん。合宿所名は井上陽水さんが歌われているアレ。いや、単なる偶然ですけど。みんな熱心に参加してくれました。トロンボーンのみんなとは予定時間以外にもアンサンブルをやったり、朝みんなとウォームアップのセッションやったりして、久しぶりに自分も学生時代に戻ったような気分でした。僕個人的にはとても充実した2日間でしたよ。

大自然のなか、空気の良いところで思いっきり練習できて、ホント気分爽快でしたね。その反面自宅に帰ってくる途中、新幹線から降りた時に感じた空気の重さ、蒸し暑さ・・・・イヤすごいところに住んでいるんだなと実感。

学生諸君は12月の定期に向けてこれからも頑張ってくれるものと期待しています。
posted by こが@管理人 at 23:57| Comment(9) | TrackBack(0) | 学校・レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

すぎやまこういち先生/都響

8月は定期演奏会もなくて音教ももちろん無いので、都響は何をやっているんだろうと思われるかもしれませんが、今はすぎやまこういち先生と毎日仕事をしております。先生はいつものように、みんなの中で一番お元気です。

今回もすべてに良い環境で、気持ちよく演奏ができていますが、本当にありがたいことですね。録音の仕上がりも早い。初日の練習こそ上野でしたが、あとはずっと池袋の東京芸術劇場に通う毎日です。

昨日までの2日間は「風来のシレン」というゲーム音楽のオーケストラ版の録音でした。いずれCDとして発売されるでしょう。テナートロンボーンは半分ちょいの出番という感じですが、今回は小田桐さんのソロもありトロンボーン的にはけっこう楽しめるんじゃないかと思いますよ。発売が楽しみです。

今日は贅沢にもそのまま芸劇でホール練習。そして明日9日土曜日は恒例の「ファミリークラシックコンサート」で、交響組曲「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」のコンサートです。チケットは早々に売り切れで、当日券が本当に僅かながら発売されるようですが、詳しくはすぎやま先生公式サイトの情報をご覧ください。

ドラクエと、風来のシレン両方お好きな方は、いずれ発売される「風来のシレン」のアルバムが録音された直後のそのままの会場で、ドラクエの音楽を聴いていただくことになります。その辺も楽しみにしていただけたらなぁと思います。

ドラクエシリーズはV以外ずっと録音に参加させてもらっていますが、風来のシレンは古い日本の世界観をもとにしたストーリー展開ということで、どことなく懐かしいメロディとか、親しみやすい音楽だなという印象を受けました。フルートにも尺八をイメージさせる長いソロがあります。何本か本番テイクがありましたが、どれも素晴らしかったですよ。しかしどこからメロディのアイデアが浮かんでくるのでしょうかね。無の状態からメロディを作り出すのって本当に大変だと思うのですが。

ドラクエシリーズだけでも膨大な音楽の量なのに、また全く違った傾向の音楽が、作曲家ご自身の指揮で目の前で記録されていくのは本当に貴重で音楽家として本当に楽しい経験だと思います。
posted by こが@管理人 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

夕焼け写真まとめエントリ

OR0807100021.JPG

上の写真は銀塩(フィルム)コンパクトカメラのリコーGR1sにフジのベルビアというリバーサルフィルム(ISO 100)で撮ったものをデジタルデータにしたものですが、やっぱりフィルム写真は魅力ありますね。ちなみにフィルムをカメラに入れっぱなしにしておいたので、いつ撮影したのかはちょっと忘れました。色もひょっとすると、経年変化を起こしているかも知れませんが・・・・・(^^;)

都響を応援してくださっている組織に「都響倶楽部」さんと言うのがありまして、そこの機関誌『都響倶楽部通信』のなかの「楽員だより」と言うところに拙い一文を書かせて頂きました。題名は「夕焼けフリーク」。今回はその連動企画という事で。

夕焼けフリークと言いながら、モノクロの紙面にマッチするような画像もなく、夕焼けの写真が無いのもどうかと言う事で、当ブログのURLを紹介して頂きました。

夕焼け写真のまとめページでも作っておいた方がよいかなと、seesaaブログサービスのサーバーを探したりして、完全ではありませんがある程度夕焼け写真を網羅しました。3枚だけ息子の撮影がありますが、ほぼ全部僕の撮影です。一部前回の記事とダブりますがスミマセン。

(下のリンクからどうぞ。)
続きを読む>>>
posted by こが@管理人 at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

夕焼け写(2日目)

R0016611.JPG

と言うわけで、前回の7月27日の翌日もこんな感じの夕焼けになりました。自宅には間に合わないと思われたので、駅のホームの一番はじっこまで行って撮りました。

R0016613.JPG

通過する電車に反射するオレンジ色の光。きれいな夕焼けだけどどこかで気象災害が起きていないか、心配するのが習慣になってきました。

(カメラはいずれも初代のGR DIGITAL。クリックで拡大します。)

posted by こが@管理人 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都響とティーンズのジョイントコンサート(10回記念)

joint.jpg都響とティーンズのためのジョイントコンサートも今回は10回目の記念コンサート。(8月2日東京文化会館)

指揮は現田茂夫さん、司会は樋田由美子さんというお馴染みの顔ぶれ。

プログラムは前半がティーンズと、都響の協演。後半が都響のみの演奏。


ワーグナー
「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
[卒業生]


ドリーブ
バレエ組曲「コッペリア」より、前奏曲とマズルカ、スワニルダのワルツ、チャルダッシュ。
[小中学生]


チャイコフスキー祝典序曲「1812年」
[高校生]


<休憩>


リスト
交響詩「レ・プレリュード」
[都響のみ]


アンコール
カルメン前奏曲
ダニーボーイ


これに、オープニングにラデツキー行進曲を吹きながら客席から入場というのが加わり、個人的にはかなりハードでした。


まあ、それはさておき。

今回はこの催しに過去に参加された“卒業生”との共演が10回記念として用意されていて、トロンボーンは音大から2名、一般大学のオケ在籍の計3人の皆さんと共演しました。

いつもながらの若いパワーをいただきましたという、月並みなコメントではなくて、今回はかなりいろいろと俯瞰できて面白かったです。

10回を重ねてきたこのコンサートも初めは高校生とのジョイントコンサートだったようです。それが拡大して小中高生とのジョイントコンサートになってきました。

そして、今回は大学生や、確認してませんが理屈的には大学を卒業された方も参加可能という事で、実に幅広い年代の皆さんとの共演が出来て、ホント楽しかったです。

今回トロンボーンは小学生の参加はありませんでしたが、約2ヵ月半をかけて、クリニックや合奏指導を通じて、いろんな交流が生まれ、また卒業されてからも音楽に親しんでいらっしゃるのを見ると、本当にやって来て良かったなと思います。

それから、同じ指導者と生徒という関係、接し方を取ってみても、小学生、中学生あたりと高校生の僕たちへの接し方は明らかに違うし、今回大学生3人が参加してくれましたが、彼らは一人一人きちんと礼儀正しく3人の都響メンバーに挨拶に来てくれましたし、子供達の人間としての成長過程が一度に見渡せたようで、興味深く見守っていた感じです。

1〜2回指導して本番と言うのと違い、2ヵ月半の間、参加者の皆さんは一つの曲に取り組むわけですし連帯感も生まれます。パート指導から合奏指導まで、それでも必要最小限だと思いますが、一つのコンサートに向かって腰を据えて準備すること、そしてそれを長く継続する事に意味があると思いました。出演されたティーンズの皆さんには、またこれからもずっと音楽を楽しんで欲しいと思います。

皆さんお疲れさまでした。今日も昼過ぎから親子向けのコンサートで、文化会館で本番です。こちらもレスピーギのアッピア街道の松でシメという、なかなかハードなプログラム。今日も頑張ります。


posted by こが@管理人 at 07:17| Comment(1) | TrackBack(0) | オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。