2009年01月30日

ジェイ・フリードマン氏のマスタークラス

昨晩、渋谷のアクタスブラスプロで開かれた、シカゴ交響楽団で40年以上首席奏者として活躍されているジェイ・フリードマンさんの公開マスタークリニックに行ってきました。チラシのpdfファイルがブラスプロのサイトにあります。氏の演奏を間近で聴くのはもちろん初めてなんだけど、音楽観や演奏に対する姿勢とか、アプローチに興味がありました。

3人の音大生が受講され、グレンダールのコンチェルトが二人、ボザのバラードが一人と言う演奏曲目。

細かなお話はメモを取って聞いていたわけではないので書けないんだけど、アーティキュレーション、レガートに関する事、息のスピードと明快なアタックに関する事、それから日本人に多いのかアメリカ人にも多いのか分からないんだけど、イントネーションに関する事、スライドの動きと息の入れ方が同じになるようにすること(このことに関しては若干の説明がないと分かりにくいかもしれません)、歌う様に演奏する事などなどなど。僕が日頃思っている事と表現は違ってもほぼ同意見という感じで非常に安心したのは事実でしたが、しかし改めていろんなことが勉強になりました。

多くの時間を割かれた事柄はアーティキュレーション、スラー、レガートに関する事。自分の生徒H君も3番目に演奏していましたが、彼がフリードマンさんに「レガート!」「レガート!」と言われながら演奏している姿を見ながら、約25年前の自分がバンブーラ先生から「レガート!」と言われながらレッスンを受けていた頃を強烈に思い出しました。スタイルは違えど、演奏に関するアプローチは昔も今も変わらないんだなと感じました。

おおざっぱに言って、こんな感じでしたが、40年以上世界のトップとして演奏してこられた重みが溢れていたというか、言葉の端々にそう言う事を感じました。相変わらず上手く文章に出来なくてスミマセン。

最後に長年にわたって演奏の質を維持するには、基本に忠実に練習する事が大事という事を強調されていました。それから演奏に向かう時「自分はジェイ・フリードマンなんだ」と言い聞かせて吹き始める、美しい音で演奏する事を心がけているということ、と言うのが非常に印象的でした。

あまり関係のない余談ですが、関西からH君の先生でもあるY先生も聴きに来られていたので、隣であれこれ話が出来たのですが、Yさんのお話によるとフリードマンさんは伊藤清先生のひとつ年下だそうで、もうすぐ70歳になられるとの事。フリードマンさんは70歳を目前にしていると思えない演奏でしたが、伊藤先生も昨年永濱メモリアルでご一緒した時は現役時代と何らお変わりになることなく、トロンボーンを吹く事を楽しんでいらっしゃって、僕たちの先入観念として日本人の金管プレーヤーは演奏家としての寿命が短い・・・と言うのもそろそろ終わりにしないとと、勇気を頂きましたね。これからも頑張らないといけないなと思いました。
posted by こが@管理人 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

芸大の卒業演奏会

都響はハーモニーツアーで長野、名古屋、大阪、札幌と非常にタイトな演奏旅行を行っていて、僕は今回降り番をいただけたので、その間はどうしても学校関係の仕事が増えます。

芸大では卒業演奏(試験)の金管楽器の採点をしてきました。

全体的な傾向としてはクラシックなレパートリーよりも、近現代の作品が多く、自分たちの頃の傾向と比べてちょっとギャップを感じます。

教官室でK先生が仰っていたんだけど、「金管はあまり作品に恵まれていないね」とのことで、僕もそれは同感。クラシックな作品群には卒業演奏にふさわしいちょうど良い曲が少ないのと、現代の作品にしてももう少し素晴らしい作曲家の方々にアプローチして、素晴らしい作品を生み出す努力をしなさいよ・・・・と言う事を仰っていたのだと思います。

モーツァルトとか、ベートーヴェン、R.シュトラウス、プロコフィエフ、バルトークとかね、そう言ったクラスのオリジナル作品がトロンボーンにもいろいろあれば、テクニックやスタミナの負担が大きい近現代の作品ばかりにならずに、もっと音楽を深く掘り下げられるのにと思いました。古い作品にはそれはそれで必要なテクニックがあります。古い方が簡単という事ではありません。

と言う事で、トロンボーンのお二人は定番中の定番DAVID のコンチェルティーノと、クレストンのファンタジーという正反対のキャラクターの音楽を演奏しました。

演奏は力業偏重が多いみたいな事を書きましたが、二人とも4年間の集大成にふさわしい素晴らしい演奏でした。どちらの曲もいろんな意味できちんと演奏するのが大変難しい曲です。本人達もさぞ挑戦のしがいがあった事でしょう。どんな時でもきちんとした形にする事。大事な事だと思いました。

posted by こが@管理人 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校・レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログのデザイン替えました

記事がなかなか進まないので、せめてデザインだけでも・・・・
と言うわけではないのですが。

ケータイからご覧の方は分からないと思いますが、ずーっと変えてなかったブログのデザイン(スタイルシート)を替えてみました。

今年は心機一転、シンプルに行きたいものです(笑)。ブラウザによって見え方が違うので、もしレイアウトが崩れて見にくいとかありましたら教えて頂けると助かります。コメント欄にどうぞ。

なおスタイルシートは“Style book”さんよりいただきました。

posted by こが@管理人 at 16:20| Comment(3) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする