2009年11月26日

リンク

NHK交響楽団トランペット奏者で、さがブラスクインテットでお世話になっている佛坂咲千生(ほとけざかさちお)さんのオフィシャルブログがアメーバブログのなんと「芸能人・有名人」カテゴリで試運転公開中です。

PCアドレスはこちら、携帯端末からはこちら

グランドオープンは12月2日とのことですが、お許しをいただいたのでお知らせします。かなりゴージャスなブログになっています。しかしアメーバブログはなんだか勢いがありますな。

_____


で、長いこと訳ありでリンク集をコンテンツとして置かずに来たのですが、これを機会にちょこちょこ作っていきたいと思います。勝手リンクも含まれますが、都合の悪い方は恐れ入りますがご一報いただけると助かります。
posted by こが@管理人 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルックナーの5番(日記風)

去る24日の東京文化会館での都響定期はマエストロ・インバル指揮でブルックナーの交響曲第5番。僕は1番を吹きました。

ブルックナーのシンフォニーは演奏することにおいて、長年なかなか理解できなくて、体力的なしんどさのみが記憶に蓄積されて来たんだけど、それでも新日フィル時代や都響に来てからの、特に朝比奈さんとの演奏を通じて素晴らしい体験を積んできたのは事実。

最近になり、やっとそれらの積んできた体験が実を結びだしたのか、徐々にではあるけどブルックナーの音楽が何となくわかるようになってきた。共感できるようになってきたと言い換えても良い。


それにしてもマエストロ・インバルの定期は大変だった。練習は大変充実したものだったと思うんだけど、演奏会当日まで通し稽古をやっていないので、全体を見渡せていなかったことと、ゲネプロが完全に予備としての録音セッションになっていたので、相当スタミナと神経を消耗していたことで、本番にどうやって照準を合わせ直すか苦労した。

(録音は一応記録用でリリース予定は今のところありません)

とにかく1時間半しか休憩はないので、上野駅のアトレへ同僚の井口さんと向かい、その場の思いつきで、初めて入ったベーグル屋さんでベーグルサンドを食べた。ベーグルはとても美味しかったし、腹持ちが良かった。そして得意(笑)のスタバへ行って、いつもはあまり甘いのは控えているんだけど、季節モノのかなり甘めのエスプレッソドリンクをここぞとばかりに買い込んで楽屋へ戻った。もうこうなれば血糖値を上げ、カフェインを注入して頑張るしかない。(血糖値やカフェインと本番中の体調との関係についてはなんの根拠はありません。あしからず。)

あとでベーグルはユダヤのパン屋さんが考えたものと知り、ちょっと元気が出た(なぜだ?)

本番はもうホントしんどかったけど、みんな最後まで素晴らしい集中力だったし、自分もなんとか乗り遅れずに最後までブルックナーの旅を満喫することが出来た。こういう心境になれたのは今回初めて。

本番後、最近ちょこちょことご一緒してくれる元教え子とともに、僕はノンアルコールビールを飲みに(笑)。緊張感が抜けていくのがなんとも心地良かった。

翌日は久々の休日だったんだけど、半日布団から出られず爆睡。。。今思えば今年一番の大変な本番だったかもなぁ。

そう言えば今年もあとひと月あまりですか。

posted by こが@管理人 at 01:22| Comment(3) | TrackBack(0) | オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

管打コン本選

R0011628.JPG都響の練習後に駆けつけたので、2番目の田中さんの演奏をモニタで、3番目から客席で聴かせていただきました。

結果発表は(財)日本音楽教育文化振興会のページまで

全員を聴いていないので、公平な感想は書けません。優勝した玉木君はじつに堂々とした演奏に感じました。

その前、二次予選も都響の定期と重なってしまい、24名中20名は聴くことが出来ました。まさに激戦という感じでした。

前回の審査員という立場と違って気楽に聴けるものだと思っていたんだけど、本選は特に満席の客席の雰囲気とともに、かなりピリピリしたムードでしたが、それは仕方のないことです。またいずれ機会があれば思うところなども書いてみたいと思いますが、まずは演奏した皆さん、ピアニストの皆さん、そして何よりも審査員の皆さんにお疲れさまでしたと言いたいと思います。

___________________________


前述の通り公平な感想が書けない訳ですが、村田陽一君が本選全部聴いたそうで、彼のブログに非常にニュートラルな感想が書かれていて、良いと思ったので勝手にではありますがリンクさせてもらって彼の疑問について答える形で僕なりにコンクールを考えてみようと思います。

続きを読む>>
posted by こが@管理人 at 02:00| Comment(3) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近のGR DIGITAL III

最近のストックから並べてみます。(画像クリックで拡大します)

まずは、恒例の季節モノから(^^;)
R0011680.JPG
六本木ヒルズのイルミネーション

R0011689.JPG
新宿駅サザンテラスのイルミネーション

R0011698.JPG
同じくサザンテラス

R0011590.JPG
岐阜サラマンカホールのパイプオルガン

R0011618.JPG
愛機

R0011600.JPG
同じく愛機

R0011449.JPG
お馴染みの夕焼け編

R0011669.JPG
これも夕焼け編。江古田の日芸新校舎からの眺めです。


カメラはGRDT→IIIとなり、抜群に画が良くなったのです。特にレンズが、抜けが良くなった感じがするのと、あと暗いところに強くなりました。イルミネーションもブレずに撮れます。(ISO400までオートでアップする設定です)

レンズ、センサー、画像処理と、すべてにおいて新世代になったなという感じがします。

ただ、カメラが良くなったからと言って撮る写真が良くなるわけでもなく、今のところパッと撮りたい場面に遭遇しないというか、撮ろうというアイデアが浮かばない感じ。

スランプと言ってしまうと、調子がよい時はそんなに良いのか?と突っ込まれそうですが、まあ締め切りがある訳でもないので、とにかくチャンスを待ちます。


(追記)
新しく発表されたRICOHのGXRですが、50mmマクロGRレンズの方、かなり気になるんですが、お値段がやはり今は手が出ないのと、いずれ一体型のコンパクトが出てくるんじゃないかという期待を持ちつつ、僕は静観と言うところでしょうかね。とりあえずGRD IIIを使いこなさないと。
posted by こが@管理人 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

久々のメトロポップ!!

久々の都響メンバーによるビッグバンド「ザ・メトロポップ」のコンサートが12月22日にあります。とりあえずお知らせのみですが、ご興味のある方はぜひどうぞ。東京国際フォーラムで開かれるクリスマスのお祭りの一環のようです。ラフォルジュルネのように、本場のお祭りのお引っ越しのようですね。こちらも非常に楽しみです。なお、翌23日には都響のチェロアンサンブルのコンサートがあります。


2009年冬、ツリー発祥の地のクリスマス・マーケット「ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル」が東京の中心、丸の内にやってきます。現地の職人が本場の文化を携えて、本格的なストラスブールのクリスマス文化を日本に伝えに来日します。
マーケットではクリスマスグッズはもちろん、リネン、陶器などストラスブール地方独特の雑貨を販売します。ストラスブールの名物料理タルト・フランベや、クリスマスには欠かせないパン・デ・ピス、クリスマス・ビールやホットワインなどここでしか味わえない料理も楽しめます。
また、来日した職人によるデモンストレーション、ワークショップ等も予定しています。
そして、コンサートでクリスマスの雰囲気をさらに華やかに盛り上げます。
ストラスブールのマルシェ・ド・ノエルでホンモノのクリスマスを体感しましょう。
(公式サイトより引用)



「ザ・メトロポップ」コンサート

2009年12月22日(火)
1stStage 18:00〜19:00
2ndStage 20:00〜21:00

会場: 東京国際フォーラム ホールB5
入場料:3000円(各ステージ)(全自由席)

出演者: ザ・メトロポップ
<ゲスト>Piano&Bass Duo(ピアノ:平登志也、ベース:西川 勲)
曲目: 1部 「グレン・ミラー」のナンバー (ザ・メトロポップ)
2部 ピアノ&ベース デュオ (Pf.平 登志也、Bs.西川 勲)
3部 クリスマス(ザ・メトロポップ)


詳しくは
マルシェドノエル公式サイト
メトロポップのコンサートのページ

チケットぴあで「ザ・メトロポップ」で検索してくださいね。

posted by こが@管理人 at 08:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 出没予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

DNAの伝播

第26回日本管打楽器コンクールのトロンボーン部門が開催されています。日付の上で昨日は一次予選3日目で、予選通過者の発表。夕方はお陰でケータイが鳴りっぱなし。結果は当然ながら悲喜こもごも。

通過した皆さんには二次もガンバレと応援したいし、一次で残念ながら願い叶わずという皆さん(の人数が実は多いんだけど・・・)には、ぜひ気を取り直して二次から本選の演奏を聴きに行って欲しいと思います。通過できなかった悔しい気持ちを考えるとあまり無理は言えないのですが、本気で受けたのならば、ぜひ聴くべきだと思います。頑張ってください。

結果発表とか今後の日程などはこちら↓
(財)日本音楽教育文化振興会のHP

____


一昨日、一次予選2日目の最後の2セッションを聴きに行きました。

一次予選の課題曲、DAVID作曲の小協奏曲は、コンクールやオーディションの曲として、トロンボーン吹きの間ではあまりに有名ですが、その1楽章のある部分を聴くと自分が好んで使う節回しというか、解釈があるので僕のレッスンを受けたことのある人かどうか、実は良くわかります。

もちろん演奏者は個人個人の音楽性に基づいて演奏されているわけなので、僕は強制したりすることはしません。でもちゃんとスコアを読めば自ずと導き出される解釈なので、共感できた人はそう演奏するだけなのです、たぶん。

僕にそこの部分の解釈を気づかせてくださったのは、残念ながら故人になられた白石直之さんで、福岡の三好隆三先生の元では僕は弟弟子。三好先生がレッスン中に聴かせてくださった当時の毎コン(今の日本音楽コンクール)予選の白石さんの演奏。同じくDAVIDの1楽章。強烈な印象でした。

その、実に音楽的な解釈は、残念なことに今は少数派なので、僕絡みの人はすぐ見分けが付くのですが、“おやっ”と感じたプレーヤーがいました。僕は何も絡んでいないのですが、同じような解釈、曲想です。実はピアノのJさんが伴奏で、Jさんは今現在たぶん最もDAVIDの演奏回数の多いピアニスト。芸大に勤務していた頃に何度も学生のレッスンにお付き合い頂きました。

で、そのJさんが伴奏されていたので、そのプレーヤーも自然と影響されて似たような解釈の演奏になったというのが事の真相なのですが、実はそのプレーヤーは白石さんの生徒さんなのでありました。話してみると白石さんからはDAVIDのレッスンは受けていないと言うことでした。

こんな一見どうでも良いことに喜んでいる自分も自分なのですが、確かに白石さんの撒かれた音楽のDNAは、30年近く経った今、僕とJさんを経由してお弟子さんへと受け継がれたようです。なんだか感慨深いものがあります。
posted by こが@管理人 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

雑記

091110-055140(2).jpg
今日はあてもなくつらつらと書きます。
iPhoneで投稿してますが、やはり文字入力に苦戦中。ただ、カメラが予想外に良く出来ていて写真のようにトイカメラのアプリでちょこちょこと遊んでます。

___

そう言えば今日から日本管打楽器コンクールの一次予選ですね。毎回参加者が増加の一途で今年は一次予選はなんと3日に増えました。

新型インフルエンザの流行とか大変だと思いますが、皆さんの健闘を祈ります。

___

posted by こが@管理人 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

RICOH GXR ??

前回とあまりに記事内容が違いすぎるのですが(^^;)

かねてより噂のあった新型のデジタルカメラがリコーより本日発表されるようです。海外のサイトPhoto Rumorsに写真と動画(すでに削除されています残念!)がアップされていますが、日本での公式発表は本日のようです。発売は12月とか、、、

で、何が気になるのかというと、なんとセンサー組み込みの一体型レンズユニットごと交換式になると言うことで、レンズ交換式のジャンルではオリンパスとパナソニックのマイクロフォーサーズ機より小型になると言うことです。

詳しいスペックは本日中に明らかになるでしょうから、噂をコピペしても仕方ないと思いますが、レンズユニットは2種類で、一方はいよいよ待望のAPS-Cサイズの大型センサーを搭載か?焦点距離は50mm相当??

はたして価格はいくらぐらいになるんでしょうね?正直今はまだ厳しいなぁ、、、、、でも被写界深度の浅い写真も撮ってみたいな。それからGRDと、GXをそれぞれ持っていても欲しくなるようなラインナップに思えて仕方がないのですが、リコーさんもやりますな。驚きました。
posted by こが@管理人 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

レッスン雑感

今日の記事その2(笑)

今回の内容は昨日今日どうこうという類いではないんだけど、音大をトロンボーンで受験しようと考えている皆さんへ、という感じの好評?第2段!

と言っても文章的にはそれほど切迫感はないんだけど、しかしこうも毎年毎年繰り返される失敗というか油断に対して、微力ながらちょっと何か書き残しておこうかと思った次第。

要するに器楽の専攻に進もうという訳ですから、スケールは早い段階で全調覚えておいて欲しいのですよ。もちろんスケールは出来たからと言って、必ず合格出来ると言う訳ではないし、でも殆ど確実に出題されるものです。

特に吹奏楽部での活動が忙しい人ほど疎かになっているような気がしますよ。いや、油断と言っても良いかも。

長調は覚えていたとしても、短調(旋律的短音階と和声的短音階の二つ)を、スラスラ吹ける受験生には、なかなかお目にかかれない状況です。

専門家になろうという訳ですから、特に短調はしっかりとやっておいて欲しいものです。習熟までにかかる手間は個人差があるのでしょうけど、しかし反復練習で克服できる問題でしょう。自分なりに創意工夫して覚える努力をしないと。。。。

と言いながら、今日の本番前に特に短調をずっと吹いてみましたが、イヤァなかなか難しいですな。教師の僕がそんなことじゃいけない訳ですが、音階を甘く見ているとホント痛い目にあいますよ。特に短調は長調の何倍も手間をかけないと、自信持って本番に臨むことが難しくなりますよ。何より自信の無い音になってしまい、良い結果には結びつき難いですよ。とにかく早目の準備で頑張って欲しいと思います。
posted by こが@管理人 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

近況(雑記)

このところ金管五重奏での活動が多かったのですが、それもやっと一段落。今は、オーケストラとトロンボーンカルテット「TMTQ」の12月20日に向けた練習、それから大学、受験生、あと管打楽器コンクールに向けたレッスンなどで毎日が過ぎて行きます。今夜は、明日の岐阜公演のために名古屋に泊まってます。

最近ちょっといろいろあって作文意欲が減退気味なんですが、まあこれもいつものことで、特にどこかが悪いということではないです。

購入して日の浅いiPhoneは、都響のメンバーにも愛用者が多くて、僕は後から仲間入りといった感じ。いまだに文字入力はだめで、思考が途切れるので得意の長文(笑)を書いたりはしないのですが、それでもイライラは減って来ました。でもこの記事はザウルスで打ってますが(^^;)
posted by こが@管理人 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

トロンボーンを持って飛行機に乗る

本当なら楽器を持って移動するミュージシャンなどの間ではもっと話題になっても良いと思うんだけど、ネット上の盛り上がりは今ひとつ??でしょうかね。いや、きちんと調査したわけではないのですが、仲間内でグチに近い話は良く聞きます。

で、ANAのこちらのページに詳しく発表されていますが、今年の12月1日から手荷物に関するルールが変わるとのことです。

一見ルールが緩やかになったような印象を受けるのですが、利用してきた側からすると随分厳しくなるなという感じがします。実は現場での判断で柔軟に運用されて来たと思うのですが、今後はルール通りに厳格に適用されると言うことのようです。

航空機内という特殊な空間の安全のことなので、安心して利用できるようなルール改正にはもちろん賛成なんですが、楽器を持って移動は厳しくなってしまいますね。特に弦楽器は荷物室に預けるわけにはいかないので、大変でしょうね。

IMG_0040.jpgちなみにトロンボーンを先日の熊本行きで、手荷物として預けてみました。機内持ち込みにすることを前提に空港で交渉すると非常にストレスの溜まる話になりがちなんですが、最初から預ける前提で話をするととてもスムーズで良かったです。到着先の熊本空港の係の女性はトロンボーンを吹いていらっしゃると言うことで、丁寧に開封作業してくれました。

写真のようにトロンボーンのケースまるごとエアーパッキン(プチプチ)で巻いてもらい、やや大きめのケースに入れてもらいました。以前はこのサイズのケースは無かったと思います。これなら預けても大丈夫だと思えたので、以後は手荷物で預けることになると思います。混雑時や12月1日のルール改正後も同じようなサービスが受けられれば良いのですが、とにかく楽器を持っての航空機移動は早めに空港へ行くことが大事ですね。少々お堅い話でした。。。。


posted by こが@管理人 at 11:46| Comment(4) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

コメント欄についての設定変更(追記)

週末や休日になるとアルバイトでやっているのか、アダルト系HPへ誘導する迷惑なコメント投稿が増えるので、投稿後承認制に変更しました。

今までのような数字の打ち込みは無くなりますが、僕が確認した後に表示されるようになりますので、よろしくお願いします。という訳で投稿後表示されるまでに時間がかかりますが、これまで通りよろしくお願いします。

posted by こが@管理人 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さがブラス@熊本県立菊池高校

さがブラスクインテットが諸般の事情により活動休止してから2年ほどが経ったでしょうか。10月から活動再開となりました。メデタシメデタシ。

先週は山梨県の南アルプス市で1公演。一昨日は熊本県の菊池高校で1公演でした。

R0011469.JPG校舎は地元の木材で建てられた部分もあったりして、非常に清々しくて気持ち良い感じがしました。生徒さん達も吹奏楽部の皆さん始め、とても純粋な感じがして、こちらの気持ちが洗われる感じがしました。忘れていたことをいろいろと思い出させてもらいました。

写真は終演後玄関前で吹奏楽部の皆さんと。テューバの渡辺功さんは急ぎだったためすでにご出発。皆さんありがとうございました。これからも頑張ってください。
posted by こが@管理人 at 09:52| Comment(2) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする