2010年03月31日

インバルさん/都響 マーラー3番第1夜終了

マエストロ・インバルとのブルックナーの8番からマーラーの3番への長大交響曲の旅も、あと残すは1回。マエストロは間違いなく自然体でリハーサルから本番までこなされていると思う。全く無理している感じがしない。特に本番での熱の帯び方が凄かった。年齢というのは人によって取り方が違うのでしょうかね。


いつも思うのですが、どんなにキツイ演奏会もある時間になれば必ず終わってしまう。だから1回1回の演奏会を大事にしたいと思いながら取り組んでいますが、昨晩は時に曲の内容に飲み込まれそうになりつつも、僕自身はなんとか最後までうまくたどり着いた感じ。だから、喜びもひとしお。6楽章はやはり名曲中の名曲だと思う。都響の弦楽アンサンブルの真骨頂。

小田桐さんの長いソロ、素晴らしかったのは、会場でお聴きになった方が一番よくご存じだと思いますが、横に座っていて、よくあの重圧の中で自分のプレイが出来るなと、ホント感服です。練習と本番は全く状況が違って大変だと思います。

R0012378.JPG都響はよくマーラーオケと言ってくださいますが、実はベルティーニさん監督の時代の後に入団してきた団員が結構います。僕はかろうじてベルティーニさんの後半に関われた感じでしょうか。

昨晩のホルンの笠松さんの演奏(ブラヴォー!!)にも代表されますが、今のように若い団員が多くなっても、ベテランの確信に満ちたプレイを間近で感じ、そして触発されると言うことがあちこちで連鎖的に起こっていたような気がします。オケはこういう経験を本番という場でみんなで共有してまた変わっていくのでしょう。マーラーの語法というのもあると思いますが、理屈よりこうして実戦で受け継がれていくのかも知れません。

あと1回、良い演奏が出来るよう頑張ります。



写真は昨日ゲネプロ前に六本木一丁目駅からサントリーホールへ向かう途中の歩道橋から撮影。カメラは例によってGRD3。このカメラ、やっぱり好きかも。他にもケータイで写メ撮る人やテレビ局のクルーなど多数。満開にはまだまだという感じでしたが、角度によっては満開になったように見えました(^^;)
posted by こが@管理人 at 01:25| Comment(2) | TrackBack(0) | オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

昨日の写真

今回のマエストロ・インバル月間もいよいよこれが最後。マーラーの交響曲3番のリハーサル中の写真。合唱の皆さんが入って、最大人数になったところ、壮観です。(コンバスのNさんありがとうございます^^)
R0012363.JPG

合唱の皆さんにあわせてリハーサルは夕方から夜。食事休憩時間に外に出たら空の色がキレイだったので、あわてて4階へ。
R0012345.JPG


マーラーの3番は非常に長くて大変ですが、第6楽章の弦楽合奏を聴いているだけでもう幸せな気分になってしまいます。そう言えば今回のヴァイオリンのトップは都響では初顔合わせ?お楽しみに。。
posted by こが@管理人 at 07:00| Comment(4) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

4 Bone Linesのライブ

すでに4 Bone Linesのブログではお知らせしていますが、4月に東京で1回、大阪で2回ライブが決まりました。

今回は、シンガーの吉田美奈子さんがゲストとして3日間とも共演してくださいます。もちろん村田君の書き下ろし新アレンジです。詳しくは4 Bone Linesのブログもご覧ください。お時間のある方、ぜひぜひお越しください。


4/12(月)
4 Bone Lines@江古田Buddy

村田陽一(trombone,作編曲,sample)ex.Solid Brass
古賀慎治(trombone)ex.東京都交響楽団
池上亘(trombone)ex.NHK交響楽団
黒金寛行(trombone)ex.NHK交響楽団

Guest 吉田美奈子(Vo)

開場時間:18:30 ・開演時間:19:30

チャージ料金:前売り¥3000 当日¥3500
前売り問い合わせ:ブラスプロ 03−5458−2512
http://nonaka-actus.com/

Buddy:
TEL:03-3953-1152
http://www.buddy-tokyo.com/


4/14(水)15(木)
4 Bone Lines 2days@大阪 Royal Horse

村田陽一(trombone,作編曲,sample)ex.Solid Brass
古賀慎治(trombone)ex.東京都交響楽団
池上亘(trombone)ex.NHK交響楽団
黒金寛行(trombone)ex.NHK交響楽団

Guest 吉田美奈子(Vo)

開場時間:17:00 ・開演時間:19:30/21:30
・チャージ料金:S席¥5000  A席¥4000

Royal Horse
TEL:06-6312-8958
http://www.royal-horse.jp/

posted by こが@管理人 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出没予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日記とか

昨日は本当は完全OFFにしたいところだったんだけど、結局雑用のため半日は近所を飛び回ることに。。。都響の方は今日からマエストロ・インバルのマーラーの3番のリハーサルが始まります。

今回のマエストロのシリーズは、運命〜チャイコ4番〜ブルックナー8番〜マーラー3番と、トロンボーンにとってもオケにとっても、楽しさもしんどさもクレッシェンドしていくようなプログラムか。マーラーの3番は特別ですしね。

毎度のことになってしまったんだけど、本番前の本来ゲネプロの時間がレコーディングみたいになって来ているし、一昨日はそれに広報用の写真撮影まで加わったものだから、本番になってやっと集中出来る感じになります。と言うわけで、ブルックナーの8番(第一稿)、本番中演奏しながらずいぶん音楽に集中できました。

ブルックナーはもともと自分にとって難解で好きな方ではなかったんだけど、最近はいろいろと見通せるようになってきて、ゆっくりとした足どりで旅するような感覚で楽しむ事が出来るようになってきた。やはり経験を積むことは大事だなと。

今回のシリーズも、オケにとって決して楽ではないスケジュールなんだけど、ホント都響もタフなオケになったなぁと。もっと言えば、それを指揮されるマエストロはどれだけタフなんだろうと、驚異的でもあります。リハーサルから本番と、失礼ながらマエストロの年齢を感じたことは全くありません。これからもますますお元気でいらっしゃるよう願っています。マーラーの3番も大変でしょうけど楽しみです。


_____________


で、例によってハナシは飛んでしまうのですがご容赦を(^^;)

実はこの春ずーっと僕の気持ちの中にかかっていた霧が昨日晴れた。
最後まで頑張った受験生の合格が決まったもので、本当に良かったです。心からおめでとうと言いたいな。

あとは某オケのオーディションの結果発表がボチボチあるころか。こちらも素晴らしいオケプレーヤーが誕生するように願うばかりなり。。。

posted by こが@管理人 at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

桜?桃??梅???

例年春先は花見(宴会)ではなく、GR DIGITAL片手に桜をじっくり眺めに行きたいなと思いつつ、なかなか時間が取れないので悶々とするわけですが。。。

ブログの過去記事を探すと2004年に韮崎をはじめ甲州路の桜を見に行きましたね。いやあブログはこんな時便利だ(笑)

ただ写真は当時借りていたWEBアルバムサービスとの契約が切れているので残っていません。あしからず。


で、突然ですが、桜の基本中の基本を知らなかったので、恥をさらしつつお役立ちリンクをご紹介したいのですが、

「桜、桃、梅の花の見分け方わかりますか?」

ってことです。正直桜の満開の時期に咲き誇っているのが桜なんだろうとか、梅の花は長く咲いているとか、その程度の知識しかないのに写真をどーんと公開したりして、いやはやなんともお恥ずかしい限り。

で、疑問を解消すべく探してみたらこんなページがありました。

All About 日本人の常識・マナー
「桜・桃・梅」の違いがわかりますか?


ここを見ればバッチリですね。実はいずれも「バラ目・バラ科・サクラ属」の植物だそうで、大きな違いは花の付き方と花びらの形にあるようです。

いや、勉強になりましたよ。でも桜だけでもいろんな種類があって奥が深いですね。

今年の開花予想によると、僕はどうやら九州方面で満開の桜に出会えそうな予感です。あとは帰京後に北上してどこかに見に行くか。4月にはいるとちょっと難しい気もします。

たまにはタイミングが合えばGR DIGITAL仲間をお誘いして桜の写真を撮るOFF会でもやってみたいモノですけどね。

今回もRADIKOで文化放送を聴きながら作文。完璧に“ながら族(死語)”の血が騒いでますな(^^;)

posted by こが@管理人 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

ネット上は過去

RADIKOの記事を書いて、リアルタイムに聞けるラジオというので思い出したんだけど、ネット徘徊中どこかで見た記事(思い出せないのですが)で、さる有名な学者先生の言葉だったと思うんだけど、

「ネット上にあるのは全部と言っていい位ほとんどが過去」

という意味の記事。

たとえTwitterでつぶやきまくっている人の記事でさえ、投稿した時点で過去になってしまいます。僕たちは確かに過去の情報を検索して見ているわけですね。

ホームページをHTMLタグ打ちで作っていた頃から、日記サイト、ブログと流行が移って、その後mixi日記とか、この冬あたりから急に盛り上がった感のあるTwitterと、どんどん情報のスピードがアップしている気がするんだけど、実はどんどんリアルタイムに近付いているだけなんじゃないですかね。絶対未来には行けないわけですよ。

前の記事のサイマルラジオですが、数秒程度とはいえ、リアルタイムと言って良いですね。各放送局のPodcast配信もたくさん登録していたんだけど、今は聞かなくなりました。ラジオの番組はライブ感が一番だと思います。

僕は本はなかなか読まないので、大きな事は言えないんだけど、かつてSF小説なんかを読んで未来に思いを馳せた事なんかありましたが、そう言う意味では読書は想像力をはぐくみ、未来を想像させてくれるところがありますよね。

学者先生の記事にあったかどうか思い出せないんだけど、今の子供たちはインターネットの情報に触れることが多くて、それはそれで便利なんだけど、すべてが過去の記録なんだと言うことを、きちんとわかっておいた方が良いんじゃないかなという、ご託宣でした。たぶん。

この記事も保存ボタン押したとたんに過去の遺物です(笑)

あまりスピードアップしすぎた世の中も、効率的で良いのかも知れないけど、僕は適度に距離を置かないと疲れてしまいます。そう言えば最近「mixi疲れ」なんて言葉もよく見かけますね。メールも速攻返しはちょっと苦手です。

要はめんどくさがりとか、トロいって事なんですけどね。

当欄、これからも適度にボチボチと更新できたらいいなと思っています。
posted by こが@管理人 at 02:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

radiko.jp (IP Simulcast Radio)

日付の上では昨日から始まった実験放送?AMとFMラジオが、ネットに接続したPCでほぼリアルタイムで聞けるサービスが開始されました。

http://radiko.jp/

画期的な試みなんですが、まだまだ制限も多くて対象エリア以外の方々は聞くことが出来ないらしい。EMOBILEとかモバイルで接続している人はどうなんでしょうかね。

なんでもリスナーのPCのIPアドレスから判別しているらしく、関東圏は東京の放送局、関西圏は大阪の放送局のみ聞けるように制限されています。

今は聴きながら作文してますが、こりゃ音が良いわぁ〜〜と言うのが第一印象。誰かTwitterで「放送局のモニタで聞いているみたい」とつぶやいてましたが、まさにそんな感じです。

AMラジオはかつて一時期ステレオで放送もしてましたが今はモノラルですよね。PCから流れてくる放送全部ではないのですが、聞き慣れた番組がステレオなんですよ。なんだかちょっと感動しながら聞いております。

FMも同列に並んでいるので、もちろんこちらも聞いてみましたが、音楽部分はなんだかサウンドに手が加えられている印象が強いかなぁ。詳しくは表現できないのですが、ちょっとエフェクトかかりすぎという僕個人的な印象ですが、相変わらずFMの独特の空気感を満喫できます。あくまで僕個人の好みのハナシですが、ヘッドフォンではなくてスピーカーで鳴らすならこっちの方が良いかも。

ラジオ地上波は当然リアルタイム放送なので、時報は時計を合わせるのに使えますが、ワンセグが本放送よりタイムラグがあるのと同じように、少しタイムラグがあるようで、当然時報部分は流れていません。


いろんな事情やら法律があってサービスエリアを限定せざるを得ないのでしょうけど、リスナー的には日本全国のラジオを自由に聞いてみたいなと言う衝動に駆られます。いずれそう言う方向に向かうのでしょうか。その前にとりあえずiPhoneで聞けるようになるといいな。これから盛り上がって欲しいなーと願ってます。
posted by こが@管理人 at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | PCネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

秋山鴻市先生

6年間という長いようで短かった期間、東京芸術大学音楽学部招聘教授としてトロンボーン科の学生のみならず、非常勤講師だった僕も在勤中4年間大変お世話になった、秋山鴻市先生がこの3月末日を持って芸大から退官されることになった。昨晩は卒業する4年生3人と一緒に某所で送別会。

秋山さんと言えば皆さんご存じの通り、N響に在籍された日本を代表する名バストロンボーン奏者。また東京トロンボーン四重奏団を主宰されていたことでも有名。

僕自身にとって、秋山さんは学生時代からずっと雲の上の存在だったわけだけど、こうして送別会という時を迎えてみて改めて秋山さんの存在の大きさとか、学生に対する愛情の深さとか、実に人間味のある素晴らしい先生だなと思った。僕も4年という短い時間ではあったけど、ご一緒させて頂けて本当にいろいろと大事なことを学ばせてもらいました。貴重な時間だったと思います。心から感謝しています。

これからも洗足学園音楽大学の教授として後進の指導にあたられます。益々お元気でご活躍されますように。

posted by こが@管理人 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校・レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日記・雑記・雑感とか、

最近コンサートに伺う機会が多いような気が・・・

前回の記事の後にもN響のバストロ奏者黒金寛行君のリサイタルが、上野公園の旧奏楽堂であったり、一昨日は都響のコントラバス首席の山本修さんのリサイタルだったりと。

黒金君のリサイタル、本当に素晴らしかったと思います。サウンドやテクニック、音楽性と言ったものや人間性というものを含めて、大学を卒業してからも着実に進化していることが感じました。良い演奏会だったなと思います。

____


以前にも書いたような気がするんだけど、ベッケさんのリサイタルや、黒金君のリサイタルもそうなんだけど、あまりに自分が向き合っている楽器の素晴らしい演奏を目の当たりにすると、僕の場合はしばらくトロンボーンに向かう気持ちが萎えてしまうと言うか、ま、プチ落ち込みですか、モチベーションが落ちるとも言うアレ。

たぶん良い演奏を聴いてラッパが吹きたくなる人も多いと思うんだけど、自分はしばらく逆な感じになります。で、時間の経過とともにだんだんと、胃の腑に落ちるようにモチベーションが上がって来るので心配はしてません。想定していた通りなんですけどね。

でもそうして刺激を受けて自分の糧にしていくことは非常に大事だと思うので、これからもなるべく多くの刺激を受けるべくアンテナを張っておきたいと思います。

posted by こが@管理人 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

コンサート見聞録2題

早いものでもう3月になってしまいましたが、先月27日土曜日に久々にコンサートのハシゴをしたので、その覚え書き。

まずはJT アートホール アフィニスで昼過ぎから開かれた「コンセール・ヴィヴァン プライム・コンサート」という、オーディションを受けて選ばれるとジョイント形式のコンサートに出演させて頂けるというもの。詳しくはコンセールヴィヴァンのHP↓↓
http://www.ne.jp/asahi/classic/musefactory/concertvivant/

それで、日芸のバストロンボーン丸田和輝君がフェッター作曲のスペイン(無伴奏)と、ボザ作曲のニューオリンズを演奏。全部暗譜だったけど、安心して聴くことが出来た。本人は細かいミスを気にしていたけど、聴衆としては全体的な流れとして、ミスもほとんど気にならなかったし、演奏自体を楽しめたのでスゴク良かったと思います。

丸田君はフィギュアスケートの熱狂的ファンなのですが、バンクーバー冬季オリンピック開催中だったこともあって、完璧な演奏についてこだわっていたんでしょうかね。僕はフィギュアスケートの採点方法については、ほんの少ししか知りませんが、トロンボーンなどの器楽のコンクールはもっと表現力重視だと感じます。細かく点数を積み上げていくフィギュアスケートの採点方式とはたぶん違いますね。

とか何とか余計なことを書きましたが、スタバ2か所(笑)で時間を有効に潰しつつ夕方は渋谷のアクタスブラスプロへ。6階のアンナホールで「Trombone Quartet SPIRITS」の1st Concert。“SPIRITS”のメンバーは、2008年当時の東京芸大1年から4年まで各学年一人ずつで結成。第3回トロンボーンクァルテットコンクールinジパングで優勝。メンバーは中野耕太郎(フリー)、越智大輔(4年)、田中裕香(3年)、山内正博(2年)の4名で、全員がテナートロンボーン奏者。中野君が曲によってバストロンボーンと持ち替えて演奏。あと、曲によって吹くポジションは交代。

まあしかし本当に巧いものであります。使っている楽器メーカーがバラバラなのにサウンドも良くまとまっていたし。願わくばもう少し音楽的なリーダーシップがはっきり見えれば相当面白いのだけど、しかしポテンシャルは相当なもので、クオリティの高い素晴らしい演奏会でした。

あと、サプライズで山内君が作詞作曲した歌を自作自演。歌本当にうまいねぇ。声もいいし。近頃神奈川フィルの倉田君といい、歌を歌えるトロンボーン吹きが台頭してきましたね。歌うように吹くというのは理想なのであります。羨ましい。

打ち上げも参加させてもらいましたが、若者らしくなかなかヘヴィな飲み会でした。そのあと日フィルの藤原功次郎君と彼の高校時代の先生で、田中裕香さんの先生でもある山下浩生さんの3人でラーメン終止。あれこれお話しできて楽しかった。結局関西方面の師弟関係というのは、もの凄く濃いんだなと痛感して終わる。それに比べ自分は先生と言ってもホント表面的、微々たる関わりしか持てていないんだなと痛感、反省。

今度の土曜日はN響バストロンボーンの黒金寛行君のリサイタル。こちらも楽しみです。遅れないように頑張って向かいます。
http://www.taitocity.net/taito/sougakudou/concert190_debut/debut52html.html
posted by こが@管理人 at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。