2010年11月27日

楽都郡山(記事写真追加しました)

R0014362.JPG

今日と明日は郡山市民文化センターで金管アンサンブルのクリニック。駅前には「楽都郡山」の看板やのぼりがたくさん。本当に音楽の盛んな街です。



R0014365.JPG駅前はクリスマス仕様?でしょうかね。イルミネーションがキレイでした。







posted by こが@管理人 at 19:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もみじ狩り(本土寺)

R0011220.JPGようやく休みらしい休みが取れたので、ちょうど見頃のもみじを観賞しに、松戸市の本土寺へ。JR駅広告で意外と近所にきれいなところがあるんだなと思っていたんだけど、行ってみたら予想以上に広いところで、かなり楽しめました。梅雨の頃は紫陽花寺としても有名だそうです。

今日はちょうど雨上がりで、午前中から一眼レフと三脚を担いだ、わりと高齢の方々と良くすれ違いました。雨上がりの早い時間は植物の活き活きしたところが撮れそうですね。

今回はGRD3も持っていたんだけど、主にRICOH GXRのA12 50mm相当のレンズユニットで撮りました。
R0011184.JPG

R0011181.JPG

ベトナムでも50mmの画角というものの難しさを痛感していたわけですが、今回はわりと使いやすかったですね。ただ良くピントが外れる(奥の方に合う?)ようで、まあこれは自分のフレーミングのクセも影響しているのか、良く分かりませんが、ピタッとはまったときのGXR A12はなかなか良い画を記録してくれます。もう少し晴れてくれたらもっと良い色を撮れたのかな。いずれにしても構図とピント合わせはきっちりとやらないといけないようです。しかし見事な紅葉でした。


明日と明後日は都響のお仕事で郡山へ。アンサンブルのレッスンを2日間にわたって行います。
posted by こが@管理人 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

山を越えた

ご無沙汰しております。ベトナムツアーのアルバムをアップしてからいろいろとコメントいただきありがとうございます。おいおいお返事しますので、お待ちくださいね。まだまだコメントありましたらお待ちしております。

さて、昨日と今日は千葉県の君津市で“東京メトロポリタントロンボーンカルテット(TMTQ)”の4枚目のアルバムのレコーディングしてました。2日間でCD1枚分を収録するのはかなりしんどい作業なのですが、今回もなんとか最後まで頑張れました。まだ帰宅途中なので、後ほどまたご報告します。

しかしこの11月はなかなかヘヴィーでした。


マエストロ・インバル指揮都響のマーラー3番ライブ盤も好評のようで、僕も早く聴いてみたいです。

posted by こが@管理人 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

ベトナムツアーのアルバム

えー、多くの方から体調のことを心配いただきまして、ホントご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。今はもうすっかり良くなりました。

で、例によってベトナムツアーの写真をアルバムにまとめました。下手は数多く撮るしかないと、ちょっと開き直った部分でもありますが、全187枚もあります。よろしければお時間のあるときにでもご覧くださいね。

→都響ハーモニーツアーのアルバムは[ここをクリック]

携帯端末の表示にも対応しているようですが、うまく表示できない場合はごめんなさい。GoogleのPicasaウェブアルバムを利用してます。PC画面では「スライドショー」タブをクリックするとはじめから次々に表示されます。説明文も書きましたが、必要ない場合は閉じてください。逆に説明文を読む場合、デフォルトの3秒だと短いので、適当に秒数を調節するか、一時停止にして1枚1枚めくるか、ご自由にどうぞ。間違いなど指摘いただければ有り難いです・・・・・

ではよろしくお願いします。ご覧になった感想など、コメント欄かメールその他いただければうれしいです。

posted by こが@管理人 at 15:36| Comment(8) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

帰国しました

昨日早朝無事?に帰国しました。

ただし、13日早朝から発熱に悩まされ、結局そのまま飛行機に乗って帰って来ました。

成田では入国審査のあと、空港内の診療所に行きました。早朝にもかかわらず、診て貰えて非常に助かりました。結局薬を貰う事もなく、帰って来ましたが、若いお医者さんとは言え、丁寧な診察で好感持てました。

診療所には他に、外国人男女と、東南アジア系キャリアのキャビンアテンダント(日本人)一人。キャビンアテンダントさんは機内での民族衣装のままで、かなりつらそうな感じでした。華やかに見えるお仕事も実は激務なんですね。
posted by こが@管理人 at 14:03| Comment(4) | TrackBack(0) | iPhone日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

ホーチミンシティ公演無事終了しました

R0014215.JPG昨晩ホーチミンのオペラハウスで、無事に3回目の公演が終わりました。ホテルから燕尾服でオペラハウスまで行き来するので、スコールに対して少々神経質になり気味でしたが、お天気には本当に恵まれました。

ホーチミンのオペラハウスも、ステージでのコンサートを想定した作りにはなっていないのですが、ハノイよりバランス良く響いていたと思います。異国でのコンサートはお客様の反応含めて非常によい経験になりました。楽章間でパラパラと拍手をいただきます(特にブラームスのバイオリンコンチェルトは長いので)が、まったく不自然な感じは受けませんでした。

で、肝心のシンフォニーですが、オケ全体の演奏はまとまっていて良かったと思ったのですが、僕自身は文字通り「一発に泣く」と言うことになりました。指揮の本名さんには一言謝りました。まあ分析すると前回うまくいった理由、今回うまくいかなかった理由は紙一重なんですが、言い訳になってしまうので、このまま次回での良い演奏に向け、責任を感じながら帰ろうかなと思います。プレッシャーに負けたわけではないので、次回も頑張ろうと思います。

ベトナム、特に南のホーチミンの方が観光客も多いような印象ですが、特に移動中のバスの中で現地ガイドさんのお話がとても興味深く勉強になります。本で読むより現地でガイドさんから教えてもらう生きた情報は、今回とても印象的でした。食事もとても美味しいし、日本人の口に合うと言われる意味も現地で食べてみて納得。良い旅行だったと思います。

今日は夜の便なので、もう少しホテルで荷物をまとめたり、時間までのんびりしたいと思います。写真は整理できたらまたアップしたいと思います。


posted by こが@管理人 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

ホーチミン中心部街歩き

これからゲネプロに行くので2枚だけアップしてみます。雨季なのに天気に恵まれました。明日は雨の予報です。しかし暑かった!!日焼けしてしまいました。


R0014125.JPG
1枚目は聖マリア教会。GRD 3で。青が強めに出るセッティングなので、少し修正した方がよいかな。


R0011056.JPG
2枚目はオペラハウス正面。こちらはGXR A12 50mm相当です。


しかし一人での街歩きは正直しんどい。もう何人の物売り、バイクに乗らないかとか声をかけられまくりです。集中砲火とも言う(笑)、、、断るか無視すれば良いんだけど、あまりに多いと自分がなんだか悪人になったような錯覚になります。道路の横断についてはやっと慣れました。

では、ゲネプロに行ってきます。
posted by こが@管理人 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メコン川観光

ホテルのネット環境はまあ整ってはいるんだけど、一定時間ページを開かないといったん切られるらしくて、ぱっと作文を送信しようとしたらホテルのホームページに切り替わってしまう・・・・僕の作文はどこ・・・・(涙目)ひ、ひどい。。。気を取り直し


R0014054.JPG昨日はオフだったので、希望者が集まってメコン川観光のオプショナルツアーへ行ってきました。で、朝集まったのは見事に男ばかり(笑)。女性陣はお買い物やエステでしょうかね。

バスで約2時間ほど80キロの移動で、メコン川へ。まずエンジン付きの船で中州(島)へ渡る。メコン川は雨季と言うこともあり見渡す限り泥色。

中州ではまず蜂蜜とかローヤルゼリー、ドライフルーツなどの試食、そして販売。果樹の見学とかフルーツの試食、キャラメルの手作りの様子見学とかお土産店巡り。ツアーだからこれは付きもの。目玉のアトラクションは1〜2メートルはあろうかというニシキヘビを首に巻くというもの。僕はもちろん佐賀弁で言う「ひぃたれ」なので見てるだけ(^^;)。3名くらい挑戦してました。

その後手こぎの船でのジャングルクルーズ。いやなかなかの迫力というか、某テーマパークと違いなかなかの迫力でした。

その後エンジン付きの船に乗り換えて本物のココナツジュースをいただき上陸。レストランへ移動して地元の名物料理を中心としたコース料理をいただく。ドラゴンフィッシュのフライを野菜とともにライスペーパーに巻いてくれる。ほかにもベトナム風お好み焼き“パイン・セオ”やフォー、デザートはベトナム風のぜんざい。いやなかなか美味でした。

というわけで、ホテルに帰着後はトロンボーンの練習。今回は練習用の部屋が用意してあったので助かった。そしてまたもや食事へ(笑)

R0011021.JPG部屋に帰ってテレビを見ながら何となく爆睡。気がつけば朝焼けの時間。きれいでしたよ。今夜は本番。もう少し寝ようか?どうしよう、、、












posted by こが@管理人 at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

ホーチミンへ

またもや日付が変わっての更新。トロンボーンパートの3人で食事に出た後爆睡しておりました(^^;)。食事は本当に美味しくて、リーズナブル。外国で毎日を元気に過ごす上でこれは大事ですね。

10日はベトナム北部ハノイから南部のホーチミンに移動の一日。ハノイは四季があるということで、比較的過ごしやすい気候だったのですが、ホーチミンはまだ雨季だと言うことで、気温湿度ともに高め。しかし夕方雷鳴のあと少し雨が降り過ごしやすくなりました。今のところ予想より過ごしやすい印象です。というか、近年体感する日本の夏は異常だという感じがします。

北部との文化や食事の違いなど、明日から感じることになると思いますが、今日は移動してホテルの近くで食事して終了。明日は休日。そろそろ僕も疲れがたまってきていたので、良いタイミングの休日です。

posted by こが@管理人 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

都響ハーモニーツアー・ハノイ公演無事終了

R0013949.JPG東京とハノイの時差は2時間遅れです。パソコンの時計は修正していないので時刻を見るとつい眠くなってしまいます。

ところで、日付の上では昨晩になりますが、ハノイオペラハウスでの都響ブラームス公演無事に終わりました。たくさんのお客さんと熱狂的な拍手。こちらも乗せられてしまいます。指揮の本名徹次さん、ヴァイオリンソロの川久保賜紀さんはじめ、オケのメンバーもなんだか大熱演だったように感じました。やはり外国に滞在しているという非日常という環境も影響するのでしょうかね。

僕は後半のシンフォニーのみの出番なので、いろいろコンディション考えて遅れて会場入りしました。今回はホテルが楽屋代わりです。(写真は前日のリハーサル)

ブラームスの1番は数あるシンフォニーの中でも大変好きな曲なんだけど、1番トロンボーンにとってはちょっとしびれるというか、1発に泣くリスク大の曲。ご存じの方も多いと思いますが。練習とゲネプロと4楽章コラールの高いAの発音にちょい泣きと言う状況だったので、本番では何とかしないといけなかったのですが、とある自分なりのコツを忘れていたために余計な苦労をしてました。常時1番を吹いているわけではないので、やはりノウハウの蓄積はあっても思い出すのに時間がかかったりするのか。

ひょんな事から本番直前にそのことを思い出すことが出来、本番は珍しく前向きにテンション高めで臨むことが出来ました。いつも基本に忠実にと思って練習しているので、それが逆に足かせとなっていることもしばしば。本番というか現場での応用は柔軟にということが今回の教訓でしょうか。そういえばボレロの出だしも僕としては同じ考え方でいけます。

2回のリハでの自己分析からあと一つ新たに対策して2つの事を舞台上で試しました。いや、なかなか良い収穫がありました。今月は帰国してからのプロムナードでマエストロ・インバルのブラ1もトップを吹くので、これで頑張れそうな気がします。

R0013963.JPG

こちらはゲネプロ後のハノイオペラハウスの窓から見えた夕焼け(^^;)
明日はホーチミンに移動します。

スタバのVIAやっぱり美味いなぁ(笑)
posted by こが@管理人 at 02:13| Comment(3) | TrackBack(0) | オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

ハノイ4日目

昨日になってしまったけど、今度は前日フレンドシップコンサートの開かれたオペラハウスのステージで都響のみでのリハーサル。ブラームスの交響曲1番4楽章のみの出番なので、割合早く解放されてホテルへ戻った。今日あたり何となく疲労を訴えているメンバーもちらほら。それから練習不足をどうにかしないとやばいという焦り(←自分)

オペラハウスではスペースの都合で思ったように練習が出来ないので、ホテルで練習するしかないんだけど、やはり公式に練習しても良いよと言ってくれる人もいないので、どうしても遠慮がちになり、コンディションや練習効率は全く上がらず。ウォームアップミュートでの音出しは思いっきり吹けるので良いんだけど、頼りすぎるとホールでしまった!って事になるし。旅も長くなってくるとイロイロ難しい。

あと、前述の通りバイク、スクーターがホント多いので、排気ガスによる空気の汚れが半端じゃないわけで。ホテルの中が一番落ち着くというか安らぎます。道路の横断もまだまだ慣れないので、一人での街歩きがかなり億劫であります。。。

ただ、おいしくて安いレストランも教えてもらったので、明日の昼は2回目だけど是非そちらへ行きたいなと思います。

ということで今夜は写真はナシ。持参したスタバのVIAがホント美味い。

posted by こが@管理人 at 02:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

フレンドシップコンサート@ハノイオペラハウス

R0013892.JPGヨーロッパのオペラハウスを思わせるハノイのオペラハウスで昨晩無事にフレンドシップコンサートが終わりました。お客さんには西欧系の方々も多くてびっくりしました。君が代の演奏が始まると誰も何も指示してないのにお客様が自ら立ち上がったり、やはり日本とはだいぶ違う様子でしたね。外山雄三さんのラプソディは、大変興味を持って聴いてもらえたようです。それから、ベトナムラプソディも民族色を織り交ぜながらの名曲でした。後半チャイコフスキーの交響曲第5番は舞台裏で聴いてましたが、大変熱のこもった演奏で、いつもの都響とはまた違ったサウンドの大熱演という感じでした。

終演後、今度はベトナム国立交響楽団の主催でパーティを開いてくださり、日付が変わるまで(演奏会が始まるのが20時と日本より遅め)大盛り上がりでした。セクションの皆さんもとても個性的で楽しい人たち。再会を誓って会場を後にしました。音楽を通じて素晴らしい交流が出来てとても有意義でした。ありがとうございました。
posted by こが@管理人 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西崎プロデューサー・・・・

「宇宙戦艦ヤマト」プロデューサー、西崎さんが船から転落死(Yahoo News)

やっぱり船とか海がお好きだったんでしょうね。せっかく昨年公開の「宇宙戦艦ヤマト復活篇」に続いて、今年は実写版。そして続編を作ると宣言されていたのに。。

本当にいろいろありましたが、一つの真実は、この方なくして「宇宙戦艦ヤマト」は生まれていなかったわけですから。長年のファンとしてはもう言葉もありません。ご冥福をお祈りします。ほんと、それだけです。

posted by こが@管理人 at 03:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

VNSOとの初顔合わせ

今日(6日)はハノイでの初練習でした。ベトナム国立交響楽団とのフレンドシップコンサートのリハーサルです。プログラムの前半と後半で一部を除いてメンバーが入れ替わるので、僕はホテルからのバスは第二便の方でした。

今日もバスの中から見たバイクの話で恐縮ですが、本当にカルチャーショックを受けます。交通法規を守る守らないとかそういう話ではなくて、きっと今の交通状況に至る歴史的、民族的な必然性があるのではないかと感じてます。

その証拠に事故や接触を少なくとも僕自身は一度も見ていません(現場検証中らしきものは一度遭遇)。都響メンバーの中には昨晩タクシーで(小さな)接触事故があったという話もありましたが、この写真のような状況で、驚異的な少なさだと思います。しかも土曜日なのでこれでも相当空いているらしい。

R0013815.JPG

しかしベトナムの人々は、生きていくエネルギーに満ちているように見えます。皆さんたくましい。お陰で街歩きの際はよく声をかけられる(笑)

R0013820.JPG
こちらはベトナム国立交響楽団(VNSO)の練習場の駐輪(車)場。トロンボーンのThanhさんもケースを背中に背負ってスクーターで通っているそうです。

R0013825.JPG
こちらは練習場に張り出してあった乗り番表。左が前半。右が後半。管楽器はそれぞれ交代でメンバーが交互に座るようになっています。

R0013836.JPG
これは練習場風景。古い小さな音楽ホールをそのまま使っているような印象です。

プログラムの最初にベトナム国歌と君が代を演奏するのですが、この写真のベトナム国歌のタイトル
R0013837.JPG
「QUOC CA」なんです。ガイドさんがベトナム語と日本語に似た言葉があるとおっしゃっていましたが、これもそっくり。どこで繋がっているんだろう。

R0010636.JPG
夜はホテルでベトナム国立交響楽団の皆さんや駐ベトナム大使はじめVIPをお招きしてのパーティ。明日演奏会後は逆にVNSOからお招きいただいたパーティがあるそうなので、明日は更新できないかもしれません。ではでは。
posted by こが@管理人 at 02:02| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

ベトナムハノイに無事到着しました

東京文化発信プロジェクト/東京都交響楽団ハーモニーツアーの一環としてベトナムに来ました。気候は夕刻に着いたと言うこともあって思ったほど暑かったり湿度が高かったりということもなく、過ごしやすい感じです。2カ所目のホーチミンはかなり南に移動しますがどうでしょうか。

昨晩は成田に泊まり、団体便での移動でした。特にどうと言うこともなくスムーズにハノイの入国審査まで通過。

と、そこまでは良かったのですが、空港からハノイ中心部に至る道路で、夕方なのでかなり渋滞しますと現地ガイドさんに言われていたのですが、なんとガイドさんもびっくりの沿道での火災に遭遇。仕方なくバスが前方でUターンしています。都響の面々を乗せたバスも同じ場所でUターンしました。
R0013767.JPG

ベトナムのバイクは世界遺産と言われている?らしい(笑)のですが、そのバイクやら自転車やら歩行者が入れ混じって大混乱・・・・だと思うんだけど、これだけバイクが多くても人が道やバスの前後を横断しようと、バスはほとんど急ブレーキを踏むこともなく、また走っているバイク(ほとんどがスクーター)や自動車をみても傷がついた跡がない。中には赤ちゃんを胸に抱いて後ろにもう一人乗せてとか、とにかくたくましいですね。ただ空気は相当悪かったですよ。おなかの大きな妊婦さんとおぼしきライダーも見かけました。
R0013787.JPG

R0013785.JPG

で、よくよく観察すると、ものすごい台数のスクーターやバイクが走っていますが、あることに気がつきました。日本では車の間を縫ってかなりのスピードでかっ飛ばす感じで走っていく人も多いのですが、ハノイでは少なくとも一人だけぶっちぎってという感じの走りは見ませんでした。その辺が多くのバイクが事故をおこさずに(おこっているのかもしれないが)多くの人が移動できる知恵なのかもしれません。

そうこうしているうちに、迂回してなんとなくずるずると進んで渋滞を過ぎてホテルに着きました。

最後はホテル内のレストランでお約束のフォー(ベトナム風のうどん?)をいただきました。風邪気味ではありますが、本番までには何とか調子を上げたいと思います。
R0013805.JPG

とりあえずのご報告でした。明日は地元ハノイのオケとの合同練習です。
posted by こが@管理人 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

あれこれ

吹奏楽コンクール全国大会も無事終わり、先ほど日本テレビの「1億人の大質問!?笑ってコラえて!吹奏楽の旅スペシャル2010」も録画をチラッと見ましたが、吹奏楽の世界は凄いことになっているなと、みんなから感動をもらい、また少々の不安(自分が教える事への不安です)を感じました。いずれきちんと見てから記事にするかも知れません。

5日から都響のベトナムツアーで、いま慣れない荷造りの真っ最中。もうどうにかしてぇ・・・・という状況(笑)。途中札幌方面からとても嬉しい長電話など受けながらも、ちょっとエンジンがかからずにおります。さて、風邪気味でもあるし、なんとか睡眠時間をとって明日はゆっくり成田に向かいたいところですが。。

可能ならば現地からちょこちょこ更新できればなぁと思います。

と言うことで、連絡などはメールでいただければ毎日チェックする予定です。ケータイアドレスも生きておりますが、当欄右の「メールはこちら」リンクから送っていただくか、shinjitrb(あっとまーく)yahoo.co.jp までお願いします。

posted by こが@管理人 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする