2011年03月31日

近況など、、

大地震の発生からすでに20日が経とうとしています。被災者の方々は本当につらい絶望的な現実に、ひるむことなく、海外から絶賛されるほど前向きに現実と向き合おうとされていること、僕もニュースを見聞きしながら同じ日本人として感動し、また誇らしく思う今日この頃です。この間いったい自分は何をやってきたのかという自責の念も当然ありますが、これからも自分で出来る範囲ですけど、ずっと応援させていただきたいと思います。


続きを読む>>
posted by こが@管理人 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

GRD3とGXRのファームアップ

リコーのデジタルカメラは、購入してから数回ファームアップという形(HPからカメラを動かす基本ソフトの更新版をダウンロードしてカメラに転送して更新すること)で、購入した後も新しい機能が追加されたり、向上したり、もちろん不具合があれば対策されると言う、ユーザー思いの素晴らしいサポートが受けられます。

で、今日はGRD3とGXRのファームアップ用ファームウェアのダウンロードが始まる日。


リコーのニュースリリース


僕個人的に楽しみなのは、GXRでは「ハイコントラスト白黒」はじめ5つのシーンモードが追加されること。特にハイコントラスト白黒は楽しみです。それからAE/AFの自動追尾機能。ソフトの更新で出来るんだとちょっと驚き。

それからGRD3では、被写体追尾AF。これもソフトウェアの更新だけで出来るんだ〜と、少々びっくり。

今年はGRD3の発売から2年目に当たるので、過去の経験からして、最後の大サービス的なファームアップ後にニューモデルの発表があったような気がするので、ぼちぼちGRD4の発表なのかな。

ことGRDに関しては現行のGRD3が、非常に完成度が高く、このあとどこをどうリニューアルしてGRD4としてまとめてくるのか、僕には見当もつきません。基本性能を上げるとしたら、もうセンサーのサイズを大きくするしかないと思うんだけど、そうすると間違いなくボディは大型化するので、大きくなるとGRとは言えないし。。。。

いずれにしてもリコーは現行機で満足というユーザーも、新しいモデルを楽しみにするユーザーもワクワクさせてくれるところが良いですね。こりゃ楽しみ楽しみ。

posted by こが@管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

(お知らせ)「ララバイ」東京メトロポリタン・トロンボーン・クァルテット

3月25日リリースの予定なのですが、実はうちにはまだCDの現物が届いておりません。物流関係とか計画停電などの影響でしょうか。通常だと発売前に届くのですが。。。

楽しみにしてくださっているみなさんには申し訳ありませんが、恒例のメンバー4人のサイン入り「ララバイ」の販売をしばらく延期させていただきます。

現在都響の演奏活動も再開できていない状況で、メンバー4人が顔を合わせるというのもなかなか難しく、4月に入れば状況がわかると思います。再度こちらでご案内しますので、よろしくお願いします。

posted by こが@管理人 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

「p4j」がんばれ日本!!

目を覚ます度に祈るようにしてテレビの電源を入れる毎日です。

ところで、ツイッターでたまたま見つけたのですが、有名ブロガー有志によって「p4j」というブログがスタートしています。

以下p4jより転載

皆さんの判断材料になるような海外大手メディアの翻訳や、こころが明るくなる話題を届けていきたいと思っています。被災地の復興と、またみんなでワイワイ出来る毎日を取り戻すために。


http://blog.livedoor.jp/pfj_blog/



以上携帯からも閲覧可能だと思われます。良ければどうぞ。

posted by こが@管理人 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

震災後10日、そしてまたまたマウスピース放浪の旅へ

東日本大震災発生からはや10日。被災地の様子がやっと優先的にテレビから流れてくるようになって来ました。阪神大震災の時はマスコミの情報だけが頼りだったんだけど、今はTwitterはじめ、ネットから発信される多くの方の情報もあり、複数からの情報が得られるようになったのは大きいですね。知りたいことをある程度自分で探せますから。情報が1つだと政府は何か重大なことを隠しているんじゃないかとか疑心暗鬼になるところ、いろんな情報ソースから自分で選ぶ必要はありますが、より確度の高い話を見つけられる事は精神衛生上も大事だと思います。

福島の原子力発電所、まだまだ予断を許さない状況だけど、かすかながら光が見えてきたと言うところでしょうか。しかし現地の状況は想像を絶する危険な中で復旧に向けた作業が続いているものと思われます。改めて命を懸けて作業されている方々に感謝とエールを送りたいと思います。


_____________


という訳で、今回は久々にトロンボーンなネタ?を少々。

アクセス解析によると、たくさんご覧いただいている記事にマウスピース関連の記事があるのですが、今回はまたまたタイトルの通り、再びマウスピースの放浪の旅へ(^^;)

もうホントいい加減にしたいのですが、気になるのを見つけてしまったので仕方ない。メーカーとかモデル名は今回も敢えて伏せておきますが、ま、どうせまた戻ってくるでしょうけどね(笑)。

サイズ的にはBACH 6 1/2 クラスで、今度はスロートがやや大きい。ストークに比べ少々カップの形状が違うし外形も違い重量のバランス分布が違う。リムはかなり好みかも。吹奏感やサウンドのキャラクターも随分違うけど、やはり息の入り方がスムーズなのでチョイ手を出してしまいました。。。またいずれご報告しますよ。気に入ったらまたこっそりピンクゴールドのメッキをかけているかも知れないし。どう転ぶかお楽しみに。


それから、函館で地震に遭ってからあまりきちんとした練習量が確保できていなかったんだけど、やっといつものペースに戻りつつあります。それから、時間には少々余裕があるので、購入しながらも読みかけだったり未読だったりの、言ってみれば金管楽器奏法に関する専門書とか、マウスピースに関する本をじっくり読んでいろいろ反省してみようかと。

もともとこの手の本を読んで知識を得るのは好きな方で、理論武装はこれから先、年齢的にも重要度を増してくるものと思います。たぶん。奏法理論本は批判的な視点で読むことを心がけています。なにしろ鵜呑みが一番良くないし危険。自分にとって有益な情報かそうでないかを良く考えながら読むと言うことが大事。

今は演奏会の再開に備えてあれこれ準備と貯金の時。


_____________


プロスポーツの世界では、東日本大震災の募金活動など素早く動き出してますが、先日都響の楽員で集まった時にも、もちろん支援のことについては話しました。みんな何らかの事をしたいと考えています。三宅島の支援活動のように継続的に息の長い活動に出来ればなと思います。まず募金としてある一定額をとりまとめて送ることは決まりました。ホント微力ではあります。とにかく気持ちの上でも長く応援が出来ればいいなと思います。

posted by こが@管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

公演中止と震災と・・・

3月11日に起こってしまった東日本大震災(呼び方が数種類あるのは何故?)により、函館、八戸、盛岡公演に続いて3月19日プロムナード、3月23,29,30日の定期演奏会と都響スペシャルが中止になってしまった。

http://www.tmso.or.jp/j/topics/20110315/
http://www.tmso.or.jp/j/topics/20110316/

これはもう一団員の僕がどうこう言うことではなく、団の決定に従うのみなんだけど、都響の上層部の方ではかなり悩んだことだろう。みんなこういう時だからこそ、音楽で盛り上げようと言う気持ちももちろんあるわけで。

しかしながら、計画停電の事とか、お客様の会場への交通機関のこととか、福島の原発の事故の動向とか、また強い余震が続いている状況など、自粛すると言うよりは、安全に安心して音楽を聴いて頂きたいと言う気持ちももちろん一方では強いわけで、過剰に反応するのは良くないが、いろんなことを考えての事だと思う。もちろん僕の想像だけど。

環境が整えばまた都響の演奏を楽しんでもらいたいなと切に思う。

と言う感じで、僕の周辺では音楽会が激減していて、3月は久々にもうどうしようかと言うくらい予定が詰まっていたんだけど、仕事が続々とキャンセル。これも仕方ない。腰を据えて練習しろと言うことだね。それともいい加減部屋を片付けろと言うことか・・・・


_____


函館ではホールの楽屋で地震に遭い、結局演奏しないまま浸水による停電で非常灯1個のみのホテル客室に戻る。しばらくしてホテルと函館朝市の間をゴォーっと通っていく津波を見た。本当に恐ろしかった。ホテルの外が騒々しくなり窓を開けてみると、サイレンやら「津波が来るぞー!!」という叫び声とともに警備していた人達が一斉に車に飛び乗り、また走って市街地の方へ大急ぎで避難する様子が忘れられない。翌日その近辺の住宅で亡くなった方がいたそうで、現在のところ北海道での「死者1」というのはたぶんその時の津波での悲しい出来事。どうか安らかに。。。。

その後帰京後の計画停電と福島の原発事故はご存じの通り。

今夜も被災地では寒い中、水、食料、燃料、医薬品、毛布、通信、そしてプライバシーのどれもが不足している。さぞ不安な夜を過ごされていることだろう。前回の記事のなかで引用させて頂いた内田先生の言葉を胸に、僕は普段通りの生活を送ろう。それから少しずつではあるけど、買い物の度におつりプラスアルファを寄付。ガソリンはとりあえずなくなるまで入れないし、なるべく車に乗らない。余計な食料も買わない、、、、

そんなことを思いながら、一刻も早く福島の原発事故が落ち着いてくれることを祈るばかり。

ネット上にはいろんな情報が溢れているけど、僕は「チェルノブイリやスリーマイル島の事故とは事情が違うので、いずれ収束する」と言う論の方を信じたいと思う。現地では当事者でも把握できないほど危険な環境のなかで、何とかこの状況を好転させようと知恵を絞り、体を張って必死で頑張っている専門家がいると言うことを信じて、待ちます。小惑星探査機のハヤブサプロジェクトのように決して諦めないで総力を挙げてこの事態を収束させて欲しいと思います。

posted by こが@管理人 at 01:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

無事昨日帰京、そして・・・

都響事務局スタッフの的確で素早い対応(結構大変だったらしい)のおかげで、昨日無事に飛行機で帰って来ることが出来た。都内のモノレールや電車も特別乱れている感じはなくて、スムーズに自宅まで帰って来ることが出来た。今日となって思うのは総勢100人にも達するオーケストラ一行がスムーズに移動できたことは、今にして思うと本当に奇跡に近いことだった。

その後、昨晩の菅総理の会見〜東京電力の発表から計画的な停電ということが今日から始まるということで、個人的には前向きに協力したいなと言う気持ち。ただ、発表が唐突だったことと、自分の住む地域が5つのグループの内3つに属しているので、いったいいつ停電なのかわからないので、困ってしまった。

我が家はオール電化なので、正直停電はきついんだけど、あらかじめ時間がわかっているならなんとか対応できるだろうと思う。


それより交通機関の方が問題。ご存じかも知れないけど、本日は都響のホルンのオーディション。明日はバストロンボーンのオーディションを控え、困ったことになってしまった。本日のホルンのオーディションに関しては何も確認してません。自宅におります。明日のバストロンボーンのオーディション、本当にたくさんのエントリーをいただいており、何とかならないものかと思っていますが、現在どういう事になるか協議中です。関係者の皆さんは都響事務局からの情報をお待ちください。


___________


この東日本大地震に際してツイッターではつぶやかずに眺めているだけなんだけど、否定的、感情的なツイートよりはポジティブな感じのツイートが多いような気がする。他にもネット上を眺めてみた範囲では、どこかに不安や不平不満をぶつけるような論調もあるけど、前向きに頑張ろうという論調も多くて日本人も捨てたものではないなと。

勝手に引用&リンクさせて頂きますが、内田樹先生のブログ「内田樹の研究室」に「未曾有の災害のときに」と題するなるほどと感銘を受けた記事があったので紹介します。


> 「安全なところにいるもの」の基本的なふるまいかたについて
> 自戒をこめて確認しておきたい。



と言うことで大きく3つの項目に分かれていて、

(1)寛容、(2)臨機応変、(3)専門家への委託、


この3点。詳しくは是非こちらの記事をご覧ください。



ついつい電力会社や政治、鉄道会社などに不平不満を抱きがちだけど、今はみんなで力を合わせる時。「安全なところにいる」自分も前向きに物事を捉えるだけでも良いのだと思った。被災者の方々、救助や復興に当たっていらっしゃる方々、それから原子力発電所で作業されている方々。どうか体に気をつけて頑張ってください。


___________


ホテルに滞在中からテレビを見て凄惨な映像を見る度に心を痛めているのだけど、こんな感じで他の「安全なところにいる」人々が必要以上に気分が落ち込むのは良くないと思った。節電も兼ねて、家のテレビの電源はOFFにし、昼間は照明も切ってエネループ(充電池)でラジオを聴いている。ラジオは局によって編成は違うと思うけど、「大変だ大変だ!!」な感じが無くて、必要な情報を冷静に伝えてくれていると思う。少なくとも気分は普段の感じになる。PCの場合はradiko.jpへ。昨日から聴取地域の制限が外されて、東京と大阪のラジオ局が全国で聴けます。ちなみに僕は文化放送派。なぜってライオンズびいきだから(^^;)

http://radiko.jp/

posted by こが@管理人 at 12:06| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

取り急ぎ

引き続き函館に滞在しています。大変なことになってしまいました。

被災された方々、大変だと思いますが、とにかく頑張って欲しいと思います。


都響に関して

今日2班に分かれて飛行機で東京に帰ることになりました。函館、八戸、盛岡の公演が出来なかったことは残念です。一日も早い復興を願っています。

3月14日のホルン、15日のバストロンボーンのオーディションは予定通り行います。お気をつけておいでください。どうぞよろしくお願いします。



地震の前に函館市内を歩き回って撮影した写真などあるのですが、今はなかなか掲載する気にならないので、いずれ気が向いたら掲載しようと思います。

前代未聞、未曾有、言葉に出来ない危機。みんなで協力して乗り越えないと。

頑張りましょう!!
posted by こが@管理人 at 12:02| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

地震

都響の東北〜函館ツアーの真っ最中で、今は函館のホテルにいます。

今日は函館公演の予定でしたが、大地震の影響で中止になりました。函館で楽しみに待ってくださっていた方々には申し訳なく思います。残念です。

都響の旅行中のメンバーはひとまず、夕方時点では無事でおります。

函館市は港に近いところが津波で冠水しており、警察の車両が出て注意を呼びかけていました。市電も駅近くで折り返し運転しています。

僕たちトロンボーンセクションはトランペットの二人と食事をしてホテルに戻りましたが、なんと停電してました。先ほど復旧し、やっとテレビが観られるようになりましたが、本当に酷いことになりました。被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

僕たちはこの先どうなるのか分かりませんが、とにかく無事でおります。

個人的には僕の家族も無事でおります。いろいろとご連絡いただきありがとうございます。ケータイのメールもウェブも通話も不通が続いてます。なにかご連絡などありましたらケータイメールよりPCアドレスへ連絡いただければと思います。


ケータイ、iPhoneとも補助のバッテリーを持っていて助かりました。最近持ち歩かなくなったのですが、やはりこんな時のためにラジオを持ってきておけば良かったなあと反省。


取り急ぎのお知らせでした。しばらく更新できないかもしれませんが、よろしくお願いします。
posted by こが@管理人 at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

季節モノ

余裕がないと言いながら、昨日は良い天気に誘われて梅を見に行ってきました。

場所は埼玉県の越生梅林。恒例の梅まつりも大盛況でしたが、花より団子になる危険性大(笑)でした。

R0011858.JPG

R0011894.JPG
(こちらはトリミングしてます)

R0011922.JPG

(RICOH GXR A12 50mm)


さて、今週は9日大館、11日函館、12日八戸、13日盛岡と、都響の演奏旅行です。特に函館では写真を撮りながらの街歩きを楽しみにしているのですが、お天気はどんな感じになるのでしょうか。関東から向かうと真冬に逆戻りという感じですかね。話題の新型“はやぶさE5系”には乗れそうもありません、、、、
posted by こが@管理人 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

近況とか雑感とか・・・

このところ更新をサボり気味ですが概ね元気に過ごしております(^^;)

まあ毎年繰り返されることではあるんだけど、受験シーズンまっただ中&バストロンボーンのオーディションシーズン突入と言うことで、お陰様で演奏とレッスンと試験官とかで毎日イッパイイッパイと言う感じであります。

若い頃はずっと避けてきたんだけど、今はやはり職業的にも避けて通れないので、他人さまの人生に口を挟む事にならざるを得ないわけで、なかなか答えの見つからない事をあれこれ考えたりしてます。何より相手ときちんと向き合うことが大事なんだなと思います。


そんな中、もう一昨日になりますが、新大久保のスペースDoで開かれた「札幌トロンボーン四重奏団」のコンサートに行ってきました。

札幌交響楽団に最近芸大を卒業した若手が相次いで2名入団したことをきっかけに、わがTMTQと同様に同じオーケストラのセクション4人で結成されました。2月に札幌で結成記念コンサートを開いたばかりだそうです。前半はセクションで揃えて購入したというドイツの「B & S」製の楽器で揃えての演奏。後半は各自使ってきた楽器(コーン、バック、レッチェ)と言うことで演奏されました。前半はやはり同一メーカーのサウンドのブレンド具合がなかなか心地良かったです。後半はそれぞれの個性が際だってきてそれも楽しかったし。

コンサートは満席で、アットホームな本当に良い仲間たちのアンサンブルと言う感じがしましたよ。これから同じオケでのアンサンブルも盛り上がっていけばいいなぁと思います。


一般にトロンボーンカルテットと言ってもメンバー構成は実に様々で、このところ非常に盛り上がってきていますね。北海道ではプロとして継続的に活動している団体が無いそうで、これから札響の皆さんの益々のご活躍が期待されます。TMTQも負けないように頑張りますよ。4 Bone Linesももちろんですが。とりあえず「ララバイ」よろしくお願いします(^^;)

posted by こが@管理人 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TMTQ「ララバイ」続報!

TMTQ-Lullaby.jpgアマゾンのこちらですでに写真入りで紹介されております。演奏者の方が後追いをしている感じで恐縮ですが、曲目などをご紹介します。(文中のリンクはアフィリエイトになっています)


1. G.リチャーズ:トロンボーンのための組曲

2. H.トマジ:『生きるべきか死すべきか』ハムレットのモノローグ

3. A.ブルックナー:モテット『舌もて語らしめよ』

4. A.ブルックナー:モテット『王の旗は翻る』

5. A.ブルックナー:グラドゥアーレ『この場所をつくりたもうたのは神である』

6. J.B.ルイエ:ソナタ

7. D.ガウ:4本のトロンボーンのための組曲 作品57

8. I.ルイス:3つのジャズ風小品 第1集


昨日はバンドジャーナルさんの取材がありました。

お陰様で4枚目のCDになりますが、今回は特にホール(君津市民文化ホール)との相性が良くて、なかなか良い響きで録れたのではないかと思っています。吹く方としては、4作目になって、よりテクニカルになって来て大変ではありましたが、聴いてみるとその大変さよりも曲の持つ魅力の方が勝っているんじゃないかと自負してます。

上のアマゾンのリンクから予約も出来ますが、3月25日の発売日が近付いたら、恒例のメンバー全員のサイン入りCDの販売をします。よろしければそちらをお待ちくださいね。ただしサインを入れる作業のために日数をいただきますので、すぐ聴きたいと言う方はアマゾン(発売日に入手できる保証はありません)や他の方法でご予約ください。よろしくお願いします。


おまけ。。。
前の記事はケータイの写メですが、もひとつリコーのデジカメGXRのA12 28mm(上)とGRD III(下)で撮った昨日の上野駅コンコースを載せます。やはりパンダがいっぱい(^^) 上野はこれから盛り上がりそうです。
R0011856.JPG

R0014713.JPG
posted by こが@管理人 at 01:30| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

パンダが何匹?

110303_1827~01.jpg今日の上野駅コンコース。

パンダは何匹写っているでしょう(笑)。
posted by こが@管理人 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。