2012年02月14日

■謹告■

いつも当欄をご覧いただいてありがとうございます。本日は皆さまに大切なお知らせがあります。


私、古賀慎治は来る2012年3月31日をもって東京都交響楽団を退団し、翌4月より東京芸術大学音楽学部の准教授に就任させていただくことになりました。


大学を卒業して新日本フィルハーモニー交響楽団に入団し12年8ヵ月、そして東京都交響楽団に移籍して約12年、あわせておよそ25年もの間トロンボーン奏者として多くの方々に支えられてここまで来ることが出来ました。たくさんの方々から教えをいただき、聴衆の皆さまからは応援をいただきながら今日まで本当に幸せなオケマン人生を送ることが出来ました。これまでお世話になったすべての皆さまに心から感謝申し上げたいと思います。


これからは一人のトロンボーン奏者として再びフリーランサーと言う立場に立ち、また音楽大学の教員として一人でも多くの立派な音楽家を世に送り出すべく頑張っていこうと思っております。


これまで当欄を通じて私のことを応援してくださった皆さまへ、突然のお知らせとなってしまったことをお詫びします。


以上簡単ではありますが、都響退団のお知らせとご挨拶とさせていただきます。今後ともどうぞよろしくお願いします。



======================



それから、当ブログの今後でありますが、一応のけじめとして当記事を持って終了とさせていただき、以後「古賀慎治のBLOG」として新しいブログにて再出発いたします。よろしければブックマークを変更していただければ幸いです。内容は大差ないと思われます(^^;)が、より個人的な内容にしたいと思います。


「古賀トロ部屋BLOG」長年ご覧いただきありがとうございました。新しいBLOGでもどうぞよろしくお願いします。



                          古賀慎治


移転先→「古賀慎治のBLOG」 http://nombirato.seesaa.net/


posted by こが@管理人 at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

Good luck !!

季節柄、親しい人や関係者のご子息、元自分のところでレッスンしていた生徒さんとか、色んな嬉しい便りが届いていて、まあ僕が何をした訳ではないんだけど、4月からの新しい生活に胸踊っている人も多いと思います。本当におめでとうございます。

また、まだ結果待ちの学校や、まだまだこれから入試と言うことで、必死に頑張っている人もいるでしょう。インフルエンザもまだまだ猛威を奮っています。どうかベストなコンディションで、悔いの残らないように、持てる実力を発揮して欲しいと願っております。あと少し。ガンバレ!


posted by こが@管理人 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

アンサンブルエプシロン日本コンサートツアー2012情報追加

フランスから来日予定の金管4重奏アンサンブルエプシロンのもう少し詳しい情報を載せます。PDFはケータイからだと見えないですしね。

以下聖バレンタインブラスアンサンブル様のサイトとチラシより一部抜粋編集して転載させて頂きます。


スケジュール:(2012年1月8日現在、随時更新します)
2012年3月10日(土) 第25回ブラスアンサンブルフェスティバル岩手前沢にゲスト出演(岩手県奥州市)
        17:00  エプシロン・上野の森ブラスジョイントコンサート
11日(日) ブラスアンサンブルフェスティバルに参加
12日(月) 18:30 コンサート(山形県酒田市旧松山町農村環境改善センター)
13日(火) 18:30 震災一周年公開講座にてコンサート(山形大学小白川キャンパス)
14日(水) 14:30 米沢市万世コミュニティセンターで震災から避難されている方々との交流コンサート(入場無料)
15日(木) 18:30 福島市桜の聖母短期大学マリアンホール講堂でチャリティコンサート(入場無料・一般公開)
16日(金) 19:00 コンサート(東京都・町田市民ホール)
17日(土) 19:00 コンサート(東京都江戸川区・タワーホール船堀)



■町田公演

日時:2012 年3 月16 日(金)
19:00 開演(18:30 開場)

会場:町田市民ホール
小田急線町田駅西口から徒歩7 分
横浜線町田駅中央口から徒歩10 分

演奏曲目:ドビュッシー小品集
バーンスタイン/ウエストサイド物語
モーツァルト/きらきら星
ピアソラ/タンゴ集
中村八大/上を向いて歩こうほか

入場料:一般2,000 円/大学生1,000 円/高校生以下500 円(全自由席)
※後援各金管楽器協会員は2 割引。ただし電子メールかファックスでの事前予約のみ。当日代金引換でチケットをお渡しします。
ご予約:ファックス045-330-5628
電子メールepsilonjp2012☆mbr.nifty.com (☆をアットマークに書き換えてください)

※ご予約の際は「町田演奏会」と明記し、ご希望枚数と種別・チケット受取方法・郵送の場合の送り先・確認のための電話またはメールアドレスをお知らせください。



■江戸川公演

日時:2012 年3 月17 日(土)
19:00 開演(18:30 開場)

会場:タワーホール船堀小ホール

演奏曲目:ドビュッシー小品集
バーンスタイン/ウエストサイド物語
モーツァルト/きらきら星
ピアソラ/タンゴ集
中村八大/上を向いて歩こうほか

入場料:一般2,000 円/大学生1,000 円/高校生以下500 円(全自由席)
※後援各金管楽器協会員はeメールかファックスでの予約で2 割引。当日代金引換でチケットをお渡しします。

ファックス:045-330-5628
電子メール:epsilonjp2012☆mbr.nifty.com (☆をアットマークに書き換えてください)

※ご予約の際は「江戸川演奏会」と明記し、ご希望枚数と種別・チケット受取方法・郵送の場合お送り先・当方よりの確認のための電話または電子メールアドレスをお知らせください。



メンバー:

トランペット
フランク=プルチニFranck Pulcini
南西ドイツ放送交響楽団ソロトランペット奏者。2012 年2 月に同交響楽団の一員として来日。

ホルン
ジャン・ピエール=セネデーズJean-Piere Cenedese
マルセイユ歌劇場ホルン奏者。トゥールーズCNR 教授。

トロンボーン
ブルノ=フラホウBruno Flahou
パリ・バスティーユ歌劇場管弦楽団ソロ奏者。フランス金管アンサンブルのメンバー。

テユーバ
ティエリー=ティボーThierry Thibault
サン=マロ音楽院中等科教授。南西ドイツ放送響ブラスアンサンブルのメンバー。作曲家。


フランスを中心にヨーロッパで活躍中で、トランペットの神業的演奏で知られるモーリス・アンドレ氏が絶賛したアンサンブル・エプシロンが2000年、2006年に次いで3度目の来日ツアーを行います。プロとアマチュアの垣根を越えて長年交流を続けている日本アマチュアブラスアンサンブル組織(NABEO)と聖バレンタイン・ブラスアンサンブルでは、彼らが東日本大震災に心を痛め、愛してやまない日本の人びとと交流したいという熱い思いを受け止め、日本に招待することとしました。むろん営利目的でない手弁当での招聘、手作りのツアーです。今回は被災地を抱える東北と関東で演奏旅行を行います。彼らのすばらしい演奏が私たちの心を慰め、復興に向けて立ち上がる勇気を与えてくれることと思います。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。


以上引用させて頂きましたm(_ _)m
posted by こが@管理人 at 02:04| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

ハイレゾ音源のララバイ

東京メトロポリタン・トロンボーン・クァルテットの4作目のCDアルバムとなった「ララバイ」ですが、実はe-onkyo musicというサイトで高音質バージョンがダウンロード販売されています。

俗にハイレゾ音源とかHDサウンドと言われているようですが、CDよりもかなりの高音質で聴くことが出来ます。単純にデータ量で比べると、「ララバイ」全曲、CDだと475.1MBですがe-onkyo music のHDサウンド音源だと1.46GBにもなります。約3倍の情報量ということになります。

ハイレゾ音源とは以上のようにCDをはるかに凌ぐ情報量が記録されており、CDに比べてそのサウンドの豊かさ、臨場感、空間の広がり、空気感、サウンドのつややかさ、ぬくもり、ニュアンス、表情と言った僕たちが最も大切にする部分で明らかに勝っています。逆に言うと例えCDであってもプレーヤーが大切にするところで記録できない音の成分があると言うことです。iPodやWalkmanなどで聴く圧縮音源では普段慣れてしまって意外と気づかないものですが、比べて聴くとその音の無色な感じにびっくりします。

ハイレゾ音源についてはこちらのページで詳しく解説されています。またe-onkyo musicのHD高音質のしくみ解説のページはこちら。

Lullaby.jpgそれから、肝心のわが「ララバイ」のHD高音質版の購入ページはこちらから。

試聴も出来るし1曲ごとの購入も可能です。

ただ注意しなければいけないことがありまして、再生するのに必要な条件というのがあります。

Windowsパソコンでの再生には24bit/96kHzのWAVファイルに対応したプレーヤーソフトが必要で、じつは大丈夫かと思われたWindows Media Playerでは再生できませんでした。幸いiTunesが対応していたので、iTunesがインストールされていれば再生できます。24bit/96kHz WAVの他にも何種類かのファイル形式があって、iTunesでは再生不可なのもあるし、初心者にはちょっとハードルが高い気もしますが、「ララバイ」に関してはiTunesがあれば大丈夫だと思います。ただし、、、、iPodやiPhoneでは再生できません。PCでのみ再生可能です。

で、クレジットカード決済で全曲ダウンロードしましたが、1曲ごとにダウンロードの操作をしなきゃいけないのと、全部で1ギガ以上あるデータをダウンロードするので、結構時間がかかりました。

「ララバイ」の制作過程で、マイスターミュージックの平井さんに未編集のハイレゾ音源を聴かせて頂いたときに、そのサウンドのあまりの良さにメンバーみんな驚がくしました。粗が目立つのかと思っていたら逆にサウンドの豊かさと臨場感が素晴らしかった。原音に忠実にと言うのはこういうことかと。

後々どうにか聴けないものかなと思っていたらe-onkyo musicでのダウンロード販売を知って、他にもセアンセンのトロンボーンコンチェルト集ケニー・バロンのジャズピアノなど購入しました。いずれも素晴らしいサウンドが堪能できます。ただ残念なのはパソコンでしか再生できないので、うちではもっぱらヘッドフォンで聴いてます。iPodには仕方なくmp3にして取り込んであります。

普段、圧縮音源を聴く機会が多いのですが、こりゃいかんなと思います。CDも万能ではありません。

特に専門家を目指す若いプレーヤーたちは少しでも良い音を聴くようにしないと、良い音を作り出すことは出来ないでしょう。圧縮音源に染まってしまうのは良くないと思いますね。屋外で軽く楽しむ位ならまあ問題ないとは思いますが、良い音を聞き分ける鋭い感覚を常に磨かないといけないと思いますよ。
posted by こが@管理人 at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCとかiPhoneとかネットとか

もう2月なのかという感じで、1月は4本の記事のみの投稿。ちょっとサボり過ぎですかね。今回は自宅PCとiPhoneとその他諸々ネットやブログの話の予定。


昨年10月23日のこの記事で少々お騒がせしてしまった自宅ノートPCのCドライブの空き容量不足問題。その節はいろいろと情報をいただきありがとうございました。

昨日ひょんなことからフリーソフトにハードディスクのパーティションの編集が出来るソフトがあるらしいと言うのをどこかで見たので、窓の杜で「EASEUS Partition Master」と言うのを見つけ、とりあえずバックアップを取ってから恐る恐る実行してみましたよ。

前回使ったパーティションをいじるソフトはもう名前も忘れたけど、有料のソフトで、かなり高機能、多機能なもの。さんざんトライした挙げ句失敗してドライブごとのバックアップから復元で何とか回復。酷い目にあいました。

今回使った「EASEUS Partition Master」は操作方法もシンプルでインターフェイスがグラフィカルでわかりやすく、わりと簡単に出来てしまい拍子抜け。動作やデータ関係はまだ全部確認出来ていないけど、今のところ快適に動いております。


パーティション変更前(およその数字)
C Drive:30GB 空き2.6GB  D Drive:75GB 空き33.5GB

パーティション変更後
C Drive:55.7GB 空き27.8GB  D Drive:49.9GB 空き8.34GB


およその数字ですがCドライブが10倍に広がりましたよ(^^)。有料のソフトだから上手く行くとは限らないのですね。いや、びっくりしました。これで当分Windows XPのままいけることが決定しました。

同じような悩みをお持ちの方は、トラブルがあると大変なことになってしまう、わりとリスクの高い操作なので、良く手順を調べてから自己責任でお願いします。。。



それからiPhone 4Sバナシです。これはちょっとすごいなぁというアプリがリリースされまして、ついにここまで来たかと言うほど使いやすくなりました。そのアプリというのは「7notes mini (J) for iPhone」です。いわゆる手書きメモの類なんですが、ようやく手書き→文字認識ということが快適に出来るようになりました。ZAURUSがLINUXバージョンになる前に「インクワープロ」というとても優れた手書きノートがあって、それに代わるものをずっと待っていたのです。この7Notes miniは手書きのまま記録することも出来るし、手書き文字からテキスト文字に変換することも出来ます。その手書きからの変換の精度がすごくいいし、また認識の時間も速い。しかも認識の時間も好みに調節できる。これならメモを取るのが苦にならない。しかもEvernoteに簡単にTEXTデータを転送できる。今の僕にとってはiPhoneで最も速く快適に文字入力が出来るツールとなっています。せっかくのATOK PADの出番もこれで激減。現在450円とちょっと良いお値段ですが、かなりお勧めです。無料のお試し版もあるのですが、肝心の文字認識機能が省かれているようなので、こちらは微妙ですね。



最後にネット関係の話を。

当ブログの右カラムにあるブックマークを少々整理、追加いたしました。ブログや掲示板からFacebookに移動される方も多いですね。時代の流れというものでしょうか。


都響の談話室」ですが、BBS上で告知させていただいたとおり、今月あたりで閉鎖させていただこうと思います。都響に入団してからHPを何となく始め、やがて新日フィルのファンの方が運営されていたBBSを真似てと言うか、お客さんとネット上で交流できるところがあったらいいなと思い、始めた掲示板でしたが、管理人が活性化を怠っていたと言うこともあり、このところずっと書き込みのない状態が続いておりました。その他いろいろと事情もあってこのあたりで一区切りとさせていただこうと思います。

開設以来、本当に心温まるコメントをいただけたり、またちょっとした事件?の勃発も自分にとってはかけがえのない貴重な財産でした。この場を借りて今までのご愛顧に感謝いたします。ありがとうございました。


それから最後に、当ブログの右カラム下の方に僕が参加しているCD「東京メトロポリタントロンボーンクァルテット」と「4 Bone Lines」のアマゾンへのリンクがありますが、ここにようやく最新の「ララバイ」を追加しました。

ここのリンクはアフィリエイトになっているので、クリックして購入していただくと、ほんのわずかですが手数料をいただけることになっています。ご購入される場合は是非こちらから。どうぞよろしくお願いします。

あと一つ「ララバイ」関係のとっておき?のネタがあるのですが、長くなったので次の記事にします。

ではでは。

posted by こが@管理人 at 02:13| Comment(2) | TrackBack(0) | PCネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。