2009年10月13日

日芸でのレッスンと告知とか

時に一日中朝から晩までレッスン教室に籠もり、生徒一人一人と向き合います。時間割は学生が組んでくれるのですが、いつもだいたい順調に延びます。お陰で休み時間はほぼ無し。

僕は「はい、ではこのエチュードの○番から△番まで」「もっと音程に気をつけて」「ここはリズムに気をつけて・・・」「良くできました、じゃあ次行きましょうか・・・」という紋切り型レッスンは嫌いなのでやりません。

何をやるのかと言えば雑談に近い(笑)。いや、無駄話ではなくその生徒が持っている問題点を探すためにいろいろと話をしてしまう傾向が強いのです。演奏を聴いて問題点を指摘して「次回までに直してきてね」で済む話かも知れないのですが、表面上の事だけみていると、もっと深いところにある解決の糸口みたいな事に気が付かないのです。

基本的に日芸の学生はみんなやる気があって良いと思うのですが、時としてやる気と結果が必ずしも一致しないこともあります。

それから、とある最近調子が思わしくない子がその原因がわかって、練習法が何とか見つかり、このところ徐々に調子を取り戻しつつあります。完全復調とは行かないけど、上向きの流れに乗れた感じ。底を打ったとも言いますかね。油断は絶対禁物ですけど。

原因に対してのアプローチもその子の性格など考えてかなりの試行錯誤。イヤ、毎回かなりの頭脳労働なのですが、自分の勉強にもなっているし、何より調子を崩していた子に笑顔が戻って来るというのが、自分にとって何よりのご褒美だと思っています。

もちろんそんなお医者さんの真似事みたいなレッスンばかりではないのですが、みんな頑張って結果を出して欲しいなと思いながら、先日もほぼ11時間位学校にいました。
_____

と言うわけで、中途半端な情報しか手元にないのに告知してしまうのですが、今月19日月曜日、西武池袋線、都営大江戸線練馬駅下車すぐの練馬文化センター大ホールで開かれる「日大藝術学部音楽学科第99回定期演奏会」で、3年生の亀井さんが“ダヴィッド作曲 小協奏曲”をオーケストラ伴奏で演奏します。お時間のある方はぜひ。夜の演奏会なのですが、開演時間、入場料など詳細判明したらまたアップしますのでよろしくお願いします。
posted by こが@管理人 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 学校・レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

トロともりもり
Excerpt: トロともりもりの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「トロともりもり」へ!
Weblog: トロともりもり
Tracked: 2009-10-13 06:04