2011年10月23日

お知らせ


ご無沙汰してます。

自宅PCのCドライブの空きがいよいよ600MBほどになってしまい、なかなか思ったように動かなくなっています。もちろん他のドライブや外付けのHDDにデータを移したり、可能な限り削除したり手を打って来たのですが。HDDも一度自分で換装したし、さすがに万策尽きた感が、、、

Windows XP初期のPCはもう限界なのでしょうかね。HDDのCドライブさえ空いていれば、まだまだいけると思うんだけどなぁ。

この文章はiPhone から投稿してますが、しばし投稿が滞る事があると思いますがよろしくお願いします。もう少しあれこれやってみます。
posted by こが@管理人 at 12:34| Comment(6) | TrackBack(0) | PCネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バッファロー社の内臓HDDには「True Image LE」という容量の大きいHDDにも現在の環境をまるごと移動できるソフトがついてますので、それを使って換装してみてはいかがでしょうか?
初期のXPならたぶんUltra ATAでしょうけどノートなら250GB、デスクトップなら500GBまで品揃えがあります。
それとも500GB程度では到底足りないような状態なのでしょうか?
Posted by ひぐち at 2011年10月24日 13:44
ひぐちさま
コメントありがとうございます。前回120GBに換装した時に、本当はもっと大きな容量にするつもりだったのですが、詳しくはわからないのですが、OSの制限で120GB以上は認識出来ないと言う事で、泣く泣く120GBにしました。パーテーションを後から変えられると言うソフトを購入して実行しましたが、データを失う羽目になり、ハードディスク丸ごとバックアップで何とか復旧したと言ういきさつです。今は120GB以上認識出来るようになったのなら、もう一度換装したいです。ちなみにCドライブは30GB、Dドライブは70GB位で40GBは空いている状況です。少し調べてみます。ご教示ありがとうございました。
Posted by こが@管理人 at 2011年10月24日 14:22
こんばんは
HDDがいっぱいになってしまったのですか。
ひぐちさんのおっしゃる方法が良いと思いますが、少し補足を。

OSの制限ということですがXPのサービスパックは入れていないのでしょうか。
XPは、その当時は確かに137GB以上は認識できませんでしたが、SP1から137GB以上にも対応しました。

しかし、マザーボードにBIOSというソフトが入っているのですが、こちらも137GB以上に対応していないといけません。もしBIOSが未対応ですとメーカーから新しいBIOSが出ていない限り、137GB以上を使うことは難しいです。
パソコンのメーカーや機種名がわかればBIOSのことを調べられます。
OSとBIOSこの2点をクリアしなければなりません。

最近は以前のIDE接続タイプのHDDがあまり販売されなくなっていますので、あまり選べません。バッファローは値段は高いですが、ソフトや説明書も日本語だと思いますので使いやすいと思います。
他にはWestern Digital社のHDDが値段も安く物も良いです。おまけにバックアップソフトを無料でダウンロードできますが、ソフトは英語表記です。英語が問題なければおすすめです。

XP初期のバックアップやパーティションソフトはまだ未熟でしたが、最近は無料のものでも充分完成されています。

実は私もかなりパソコン好きで、ソフトの実験用にOSをいくつか用意したり、あれこれやるのですぐにHDDが一杯になって、その都度さらに大容量のものに換えるというスパイラルです。ほぼ毎年新たなHDDを買っていますが最近は容量も巨大になり、以前よりは買い替えの間隔が少し長くなりました。

Dドライブが空いているのであればやはりDドライブにマイドキュメントなどのデータを移動し、Cは余裕を持つといいですね。そうすればDが一杯になってもCには影響が無いので極端に遅くなったりしませんし、バックアップもしやすくなります。

特別なことをするのでなければXPで充分だと思いますが、パソコンの世界は日進「週」歩という感じなので、大して古くないものも古いものとされて、切り捨てられていくところが不便ですね。

我ながらいつも話が長くてすみません。
Posted by こういち at 2011年10月24日 23:19
こういちさま
コメントありがとうございます。PCはVAIO NOTEのVGN-FS91Sです。Windows XP SP3適用済みです。そういえばBIOSの制限に引っかかったような気がします。とにかくDドライブにデータを移したいのですが、特にApple iTunes関係のデータはDドライブにインストールしてもなぜか大容量のバックアップファイルがCドライブに出来てしまい、以前誤ってその中の大事なファイルを削除してしまい、iTunesのアップデートも削除もインストールも出来ないと言うピンチがありました。使い易いGoogle Picasaも同じ理由で泣く泣く削除しました。

先ほどドライブのクリーンアップと言う付属のツール実行したところ、古いファイルを圧縮したらしく、とりあえず5GB程の空きが出来ました。当面大丈夫そうですが、また時限爆弾を抱えてる感じです。今度買う時はCドライブは最大限割振ろうと思いました。
Posted by こが@管理人 at 2011年10月25日 11:17
こんばんは。こういちです。
vaioのVGN-FS91Sを見てみましたが、対応したBIOSは無いようですね・・
以前換装なさったときの制限はやはりそこだったと思います。

音楽のデータは劣化無しの圧縮でもCD1枚結構ありますからね。なにか手はないかと思うのですがいいアイデアが思い浮かばないので、なんとか空きの部分を作っていただくしか・・・

iTunesに関しては以下の情報を見てみてください。
ここで書くには長すぎるので、アドレスを張るだけですみませんが、参考までに。
http://pasokon-syumi.jugem.jp/?eid=8
http://hyperlab2.blogspot.com/2011/03/ipad.html
Posted by こういち at 2011年10月25日 23:20
こういちさま
調べていただいてありがとうございます。やっぱりBIOSですか。仕方ないのですね....orz

音楽データは外部ドライブに保存するのが上手く行っているので問題ないのですが、やはりバックアップファイルが今は圧迫の原因です。教えていただいたリンク先を参考にさせていただいてもう少し頑張ってみます。ありがとうございました。
Posted by こが@管理人 at 2011年10月27日 01:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック