2011年12月11日

紀尾井シンフォニエッタ定期 + 月食

紀尾井シンフォニエッタ東京の定期に出演させていただきました。今回も1曲のみなので、メンバーの皆さんには悪いなーと思いつつ、さっさと帰ってきました(笑)

指揮はジャン=ピエール・ヴァレーズさん、ピアノはエリック・ル・サージュさん。

プログラムは、
ラヴェル:クープランの墓
ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調
フォーレ:マスクとベルガマスク
ビゼー:交響曲ハ長調

で、僕はラヴェルのピアノコンチェルトのみ。ラヴェルのピアノコンチェルトは僕が生まれて初めて伴奏オケで吹いたピアノコンチェルトで、しかも今までいろんな曲を演奏してきたけど、やっぱり2楽章は感傷的な気分にさせてくれ、とても好きなのです。もちろん全曲を通じて好きなのですが、2楽章はやっぱりいいですね。

ピアノのエリック・ル・サージュさん、書くべき言葉が見つからないほど、繊細で色彩感に富んだ音色で素晴らしかったです。アンコールのドビュッシー(曲名分からず)もいつまでも聴いていたい衝動に駆られるような演奏でした。本番後には、思わずロビーに走ってCDを2枚購入しました。いや、ホント素晴らしい演奏に出会えて幸せなステージでした。

_______

夜は天気が良かったこともあり、皆既月食の天体ショーをカメラを構えながら観賞。寒かったけど、ホントよく見えました。
R0013025.JPG
RICOH GXR A12 50mm ISO 200 f/5.6 1秒

かなり無理して撮ってます(笑)。トリミングズームで、最初からVGAサイズです。あー望遠レンズも欲しいなぁ。GXR用には無いけど、、、
posted by こが@管理人 at 01:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エリック・ル・サージュさんといえば、レ・ヴァン・フランセのコンサートを思い出します。また行きたくなりました。
Posted by Hashi at 2011年12月12日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/239814710
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック