2011年12月31日

今年一年の個人的振り返りとか

今年は3月11日の大震災前と後ではまるで気分とか価値観まで違っていることを、自分の書いた駄文のこのあたりを読み返しながら感じているところ。

函館のホテルで夢中で書いた、都響の一行は無事であるという記事から消息を知って安心していただいたと、とある都響のお客様から伺ったんだけどホント嬉しかったです。

記事を読み返すと、震災後の気分の落ち込みを強烈に思い出した。1ヵ月ほとんど何も仕事が無く、自分は、また自分のやっている仕事は本当に世に必要とされているのかとずっと考える毎日。

でもマスコミやネット上から得られる情報で見聞きした限り、被災者の皆さんは本当に力強く、一歩ずつ前へ進もうとされているのを知り、逆にこちらが力づけられたり。

震災後しばらくは出番もなく悶々としながらも、徐々に演奏会が増えてきて、今では少なくとも首都圏はほぼ元に戻りましたね。

相変わらず福島第一原発事故の影響で放射能汚染のことが気がかりではあるんだけど、とにかく今の自分の周りは表面的には元に戻った。これは本当に奇跡的なことだと思います。

今年後半は郡山や会津若松など福島県へ演奏で伺うことが多くて、地元の方々の生活ぶりをみるにつけ、僕たちも頑張っていかないといけないなと言う思いを強く持ちました。なにより子供たちからもらった僕たちの演奏に対する感謝の言葉は、思い出すだけで胸が熱くなります。

音楽家は音楽家。やっぱり良い音楽を心を込めて奏で続けることが一番大事だという気持ちを強くした年の瀬です。



皆さま今年一年ありがとうございました。駄文長文不定期更新ながら、何となく続いております当欄も、2000年2月にTripodの日記として始まってからもうすぐ丸12年が経ちます。

日記、ブログ、掲示板、mixi、震災前後のTwitterや、このところのFacebookと、ネット上の個人の情報発信やコミュニケーションのツールは変わって来て、当欄のページビューもだいぶ減ってきた感じではありますが、僕にとっては、誰でもアクセス可能な、ここでの書き込みとそれに対していただく反応というのが一番しっくり来るし大事にしたいなと思います。


年が明けて少ししたら、少々サイトのリニューアル(デザインよりも更新と言う感じか?)したいと考えています。どうなるかわかりませんが、これからもどうぞよろしくお願いします。


それでは皆さま良いお年をお迎えください。また来年もどうぞよろしくお願いします。


古賀慎治

posted by こが@管理人 at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
都響のお仕事を始め、一年間お疲れ様でした!個人的事情により、後期からは演奏会に足を運べなくなってしまい、本当にすみませんでした(;_;)でも、体調もだいぶ安定してきたし、もう少ししたら、まずは土・日の演奏会(プロムナード・コンサート等)に再び通いたいなぁと思います♪

3月の大震災は、都響の皆さんが東北・北海道地方へ演奏旅行中に発生したので、皆さんが無事だと知ったときは、本当に安心しました。しかし、その後の私たちの生活にとても大きな影響をもたらしましたね。節電、原発問題、環境や食料…挙げたらキリがないですが、、、考えを改める機会にもなったかもしれません。東北地方では、まだまだたくさんの方が苦しんでいます。それでも、必死で頑張っています。状況は違えど、私も前を向いて生きなきゃと感じます。

それでは、良いお年を(^-^)/来年も古賀先生にとってご活躍の一年となりますように☆
Posted by Tina at 2011年12月31日 22:30
>Tinaさん
だんだんと元気になられたようで本当に良かったです。人生いろいろありますが、前を向いて生きていくのは、どんな境遇におかれても大事なことだと思いました。被災地の皆さんと自分の置かれた環境はあまりに違いますが、だからといって後ろ向きに生きるわけにはいかないと思います。出来る範囲でコツコツと頑張ればよいのかなと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いします。
Posted by こが@管理人 at 2012年01月01日 01:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243562369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック