2012年02月02日

ハイレゾ音源のララバイ

東京メトロポリタン・トロンボーン・クァルテットの4作目のCDアルバムとなった「ララバイ」ですが、実はe-onkyo musicというサイトで高音質バージョンがダウンロード販売されています。

俗にハイレゾ音源とかHDサウンドと言われているようですが、CDよりもかなりの高音質で聴くことが出来ます。単純にデータ量で比べると、「ララバイ」全曲、CDだと475.1MBですがe-onkyo music のHDサウンド音源だと1.46GBにもなります。約3倍の情報量ということになります。

ハイレゾ音源とは以上のようにCDをはるかに凌ぐ情報量が記録されており、CDに比べてそのサウンドの豊かさ、臨場感、空間の広がり、空気感、サウンドのつややかさ、ぬくもり、ニュアンス、表情と言った僕たちが最も大切にする部分で明らかに勝っています。逆に言うと例えCDであってもプレーヤーが大切にするところで記録できない音の成分があると言うことです。iPodやWalkmanなどで聴く圧縮音源では普段慣れてしまって意外と気づかないものですが、比べて聴くとその音の無色な感じにびっくりします。

ハイレゾ音源についてはこちらのページで詳しく解説されています。またe-onkyo musicのHD高音質のしくみ解説のページはこちら。

Lullaby.jpgそれから、肝心のわが「ララバイ」のHD高音質版の購入ページはこちらから。

試聴も出来るし1曲ごとの購入も可能です。

ただ注意しなければいけないことがありまして、再生するのに必要な条件というのがあります。

Windowsパソコンでの再生には24bit/96kHzのWAVファイルに対応したプレーヤーソフトが必要で、じつは大丈夫かと思われたWindows Media Playerでは再生できませんでした。幸いiTunesが対応していたので、iTunesがインストールされていれば再生できます。24bit/96kHz WAVの他にも何種類かのファイル形式があって、iTunesでは再生不可なのもあるし、初心者にはちょっとハードルが高い気もしますが、「ララバイ」に関してはiTunesがあれば大丈夫だと思います。ただし、、、、iPodやiPhoneでは再生できません。PCでのみ再生可能です。

で、クレジットカード決済で全曲ダウンロードしましたが、1曲ごとにダウンロードの操作をしなきゃいけないのと、全部で1ギガ以上あるデータをダウンロードするので、結構時間がかかりました。

「ララバイ」の制作過程で、マイスターミュージックの平井さんに未編集のハイレゾ音源を聴かせて頂いたときに、そのサウンドのあまりの良さにメンバーみんな驚がくしました。粗が目立つのかと思っていたら逆にサウンドの豊かさと臨場感が素晴らしかった。原音に忠実にと言うのはこういうことかと。

後々どうにか聴けないものかなと思っていたらe-onkyo musicでのダウンロード販売を知って、他にもセアンセンのトロンボーンコンチェルト集ケニー・バロンのジャズピアノなど購入しました。いずれも素晴らしいサウンドが堪能できます。ただ残念なのはパソコンでしか再生できないので、うちではもっぱらヘッドフォンで聴いてます。iPodには仕方なくmp3にして取り込んであります。

普段、圧縮音源を聴く機会が多いのですが、こりゃいかんなと思います。CDも万能ではありません。

特に専門家を目指す若いプレーヤーたちは少しでも良い音を聴くようにしないと、良い音を作り出すことは出来ないでしょう。圧縮音源に染まってしまうのは良くないと思いますね。屋外で軽く楽しむ位ならまあ問題ないとは思いますが、良い音を聞き分ける鋭い感覚を常に磨かないといけないと思いますよ。
posted by こが@管理人 at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック